ホテルマンからの転職で市場価値を上げる唯一の方法を教えます!

今回のテーマは、「ホテルマン」からの転職です。

この記事では「仲居、フロント、コンシェルジュ、ベルボーイ」などの職種の方をターゲットとしています。

近年、ホテルマンからの転職を希望される方が増えています。読者の方の中にも「現職を辞めて転職しようか」とお悩みの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

土日休みが良い、勤務時間を短くしたい、中抜けが結構しんどい、残業代が少ない、正直辛いかと思います。

ホテルマンのこういった悩みを解決したいのであれば、結論キャリアアップを目指すしかありません

何故ならキャリアアップをすることは選べる立場になるということです。

土日休み、年収を上げることも可能です。

しかし、一足飛びにキャリアアップすることは難しいため、まずは選択肢を増やすことができる転職をすることが重要になってきます。

そこで今回は、キャリアアップができる「ホテルマン」の転職法要をお伝えしたいと思います。

ホテルマンからの今後の選択肢

「ホテルマンを続けるべきかどうか悩んでいる」方の今後の選択肢としては大きく分けると2つあります。

1,覚悟を持って転職に踏み切る

結論、あなたが20代かつホテルマンとしてのキャリアから脱却したいと思うのであればご転職を視野に入れても良いと思います。

というのも年齢が上がるにつれ下記3つの問題があるからです。

  1. 企業の採用目線が上がってしまう。
  2. 転職志望者の市場価値が下がる。
  3. 転職の選択肢が減る。

以下でそれぞれの理由を紹介していきます。

①企業の採用目線が上がってしまう

転職を希望する場合、年齢が上がるにつれ企業の採用目線が上がっていきます。

中途採用は基本的に即戦力採用を目的にしており、未経験者を採用することは「新卒」を採用するのと同じことになります

即戦力採用の中途採用において、企業側が求職者に求めるものは下記4点です。

  1. 人間性
  2. スキル
  3. 経験
  4. 年齢

上記項目の経験やスキルが特に乏しい傾向にあるホテルマンの方は、即戦力として高く評価されない傾向にあります

もちろん、人物面は非常に良い方が多いのですが、転職希望者の年齢が上がるにつれ、企業側から求められるレベルが高くなってしまいます。

人物が良いのに転職が苦労するのは悔しくと思います。そういった意味で我々のような転職エージェントを活用することで、書類では伝わらない貴方の魅力を代行して電話や「推薦文」(エージェントが魅力を記載した文章)にてお伝えすることができます。
そのため、書類通過率は通常エントリーよりも高く、面接対策まで行うため貴方にとって強い味方になれると思います

②転職希望者の市場価値が下がる

ホテルマンの方にはあまり馴染みのない言葉かもしれませんが、転職市場には「市場価値」という考え方があります。

市場価値とは「転職市場における人材の需要と供給、個人のスキルや経験などを踏まえた上での転職希望者個人の価値を表す指標」のことです。

その市場価値という観点で見た際に「ホテルマンという職種」は市場においてあまり評価されない傾向があります。

市場価値が高い人材というのは、業界・職種において他社から引合いになる人材を指します。そういった意味で、ホテル業界からホテル業界への転職は、良いかと思いますが、異業界へ転職する場合は、スキルや経験に乏しいと言わざるを得ません。

③転職の選択肢が減る

新卒ホテルマンとして就職した多くの方が、年齢が上がるにつれて、ホテルマン以外の職業への適性がどんどん下がっていき、転職する際の選択肢が減っていきます。

ゆえに転職を決意するのであれば、選択肢の多い20代が良いといえます。

ー覚悟を持って転職に踏み切るにはー

覚悟を持って転職に踏み切るために下記3点を意識されることをオススメします。

  1. ご自身の現状を「客観視」できるようにすること
  2. ご自身の転職における「優先順位」をつけること
  3. 「トレードオフ」を意識すること

少し厳しいことをお伝えすると、企業や事業を存続させるためには『売上』がなければいけません。
そういった意味で、即戦力採用を企業側としては考えます。
ホテルマンの方は「現職からの逃げ」や単純な「給与up」を視野に入れて転職活動をされるため、ご自身の市場価値や転職のトレードオフができないことで、結果的に納得のいく転職ができず、安易に企業を決め短期離職を繰り返してしまうことがありますので、注意が必要です。

→後悔したくない方:ホテルマンからのキャリアをプロに相談したい方はこちら

2,ホテルマンとしてのキャリアを磨く

一方、年齢が30代以上の場合は、異業界への転職はせずにホテルマンとしてのキャリアを磨くことをオススメします。

正直な話、企業を選ばなければご転職は可能ではありますが、選択肢は非常に少ないといえます。

その主な理由として下記2つが挙げられます。

  1. 30代以降の採用の場合「管理職」としての役割を期待するため。
  2. 未経験の30代を採用した場合組織文化に乱れが生じる可能性があるため。

①30代以降の採用の場合「管理職」としての役割を期待するため

前述でもお伝えしましたが、採用基準が上がるだけでなく、企業側も30代からは「管理職」を採用したいと考える傾向にあります。

そのため、自社にないノウハウ知見などを若手に伝え、一人前に育てることを期待しておりますので、30代で未経験者を雇用することはなかなか難しくなります。

②未経験の30代を採用した場合組織文化に乱れが生じる可能性があるため

もし仮に未経験の30代を採用した場合一概にいえませんが、組織文化に乱れが生じる可能性があります。

といいますのも、企業によっては30代前半で管理監督者ポジションに就いている人材もいますから、部下が自分より年齢が上というマネジメントしにくい状況にもなりえます。

それを回避する意味でも企業は、余程、離職率が高く採用に苦戦しているなどの特別な事情がない限り、30代以降は経験者しか採用しません。

ー30代のベストな選択肢はホテルマンとしてのキャリアの継続ー

最終手段として、知人紹介で転職をされるという方法もあります。知人のお墨付きがあれば転職しやすいわけです。

しかし、やはり安易に未経験分野に転職されるのではなく、ホテルマンとしてのキャリアを活かせる選択肢を考える方がベターです。

以下では、今後ホテルマンを続けた場合のキャリアと民間企業に転職した場合のキャリアをそれぞれ紹介します。

*ホテルマンから転職を成功させたいあなたへ*

◆公式アカウントのLINE@にて企業情報や転職ノウハウを配信しております。

[情報収集をしたい方へ]
お気軽にご利用頂ければと思います

友だち追加

ホテルマンを続ける場合の選択

支配人クラスを目指す

30代以降の方は転職をせずにホテル業界役職を与えてもらえる人材になることを当面の目標として仕事をする方が良いかと思います。キャリアアップを続けていき、最終的には自分の所属しているホテルの支配人クラス海外支店の立ち上げなどが現実的なキャリアになります

未経験から民間企業へ転職する場合の選択

まずはホテルマンとしてこれまで勤めてきた方々に身についているスキルを洗い出してみましょう。

強み

弊社に過去ご相談いただいた方々とやり取りさせていただいたところ、ホテルマンの強みとして下記5つがあると感じました。

  1. ホスピタリティが高い
  2. トラブル対応など臨機応変に対応するスキルが高い
  3. リスク想定をして先手を打つことができる
  4. コミュニケーション能力が高い
  5. 人の笑顔、感謝されることが好き

そのため、この5つを活かすことができる職種や業界をおすすめしています。

弱み

一方弱みとしては、

  1. ホスピタリティが強すぎる点
  2. 専門スキルがない
  3. 利益を上げる意識が乏しい
  4. 自分のサービスに対しての給与が払われているがボランティアになりがち

自主で転職活動をされる場合はこういった点を認識して進められると良いでしょう。

ホテルマンの経験を活かせる職種・業界

ホテルマンの方は基本的に未経験の業界に行くことになるわけですが、決して高望みをしてはいけません。というのも、何度もお伝えしている通り、転職トレードオフだからです。

あまり選択肢としては多くありませんが、結論、ほとんどの方が営業職になります

多くのサイトでは、事務職なども挙げられていますが、事務職は現在、派遣社員や契約社員の割合が多く、未経験の方が正社員で採用される割合が少ないのです。また、派遣事務の方が給与が高いこともあります。経験豊富な事務職であれば採用幅が広いのですが、未経験となると非常に難しいのが現実です。

そういった意味から営業職は、未経験からでも挑戦ができることが特徴です。
しかし、読者の中には「営業」に対して偏ったイメージを持たれているケースがあり、なかなか営業職に踏み切ることができていない方もいるかと思いますので、営業職経験後のキャリアについても触れておきたいと思います。

具体的な内容については下記でご紹介しております。

営業後のキャリアパスは?

https://callingood.com/magazine/3155/

営業職の経験は、市場価値を底上げしてくれます。
企業を選べる立場になるということです。

営業職は「売上を作る職種」です。であれば、営業経験後は上流工程である、「マーケティング職」「企画職」「人事職」などの高度な職種に転職することができます。

つまり「営業職」を経験した後はキャリアの選択肢を広げることが可能と言えます。

ホテル業界から不動産業界への転職はアリ?

よくある相談ですが、「年収を上げる」「営業経験」を身につけるという転職であればアリです。

とはいえ、不動産業界にも種類があり「賃貸・投資・都市開発・土地運用・戸建」などがあり、扱う商材によっては激務になる可能性が高いといえます。

◆エージェントから一言◆
女性であれば不動産を扱う中では、「リクルート住まいカンパニーのカウンター職」が人気です。
理由としては、福利厚生や育児をしながら働くことができるため、上品な接客が求められるカウンター職への転職を検討される方が多い印象です。HPはこちら

親和性が高い業界は?

ホテルマンに備わっている強みを活かせる業界としては「人材業界」が挙げられます。

詳しくは下記記事で紹介しています。

【人材業界へ転職】年収700万以上目指せる!?仕事内容や求める人材は?

2019-02-20

基本的に営業経験がないと人材業界は、書類選考がなかなか通らないのですが、弊社のような人事採用と強いコネクションがある場合は、そのまま採用担当に連絡を入れてプッシュすることで通過を狙います。

そのほかの選択肢としては、業界問わず、営業職を狙っていくこと。

または、人物を高く評価してもらえるリクルートグループへの転職を検討しても良いかもしれませんね。

リクルートライフスタイル<HPはこちら
リクルートグループ <HPはこちら

手前味噌ではございますが、弊社はリクルートグループ への転職支援に強みがございます。気になる方はお気軽にご相談頂ければと思います。
→ホテルマンからリクルートグループへの転職を目指したい方はこちら

ホテルマンから転職を検討している方へ

少々厳しい現実をお伝えしましたが、ホテルマンから他業種への転職は難しく、ホテルマンを続けるといった選択肢も視野に入れる必要があるかと思います。

残念ながら30代の場合は、選択肢の幅が狭くなり、大幅な年収ダウンにも繋がってしまうため、慎重に考えて頂きたいと思います。

今、悩んでいる20代のホテルマンの方は自分の将来にとってどのような舵取りが適切かしっかりと検討するようにしてください。

以下では、これから転職する場合の2つの方法を紹介しますので、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

求人媒体などを見てご自身のみで転職活動をする

①メリット

  • 多くの求人選択肢の中から自身の好きなものを選ぶことができる。
  • 自身のスケジュール・都合・テンポに合わせて転職活動を進めることができる。

②デメリット

  • 客観的な意見を得ることができない。
  • 給与交渉や面接の日程決めなどを全て自分でやらなければいけない。

転職エージェントを活用して転職活動をする

①メリット

  • 面談を通して転職者自身に最適な職種を紹介してくれる。

転職者の方の中には、どのような職種が自分自身に向いているのかわからないという方も多いと思います。

転職エージェントは、転職に際して必要なマインドの形成や転職者自身の性格・経歴・スキル・志向性などを考慮して、どのような業界・職種に適性があるか客観的に判断をしています。

  • 非公開求人を紹介してくれる。

求人情報には2種類あり、1つは一般に広く公開されている求人情報です。もう一つは非公開求人情報で、企業とのコネクションが強い転職エージェントが保有している求人情報です。転職者の方にとっては転職先の選択肢を広げることができるわけです。

  • 人事担当に推薦をしてくれる。

人事とのつながりを持っている転職エージェントが、書類選考から面接に至るまでの過程で人事に対して候補者の推薦をしてくれる場合もあり、転職者自身でエントリーした場合に比べると転職の成功率が高くなります

  • 日程調整や給与交渉のサポートをしてくれる。

現職での仕事を続けつつ、転職活動(企業へのエントリーや面接の日程調整など)をしていくのはなかなか困難かと思います。しかし転職エージェントを活用すれば、各企業との面接の日程の調整を行ったり、給与などの待遇交渉を転職エージェントが代わりに行います。

  • 第3者目線からの客観的な意見をくれる。

転職活動では自分自身を客観的な視点で捉えるメタ認知が重要視されます。転職エージェントを活用すれば自身のキャリアプランや市場価値について客観的な意見をもらえるだけでなく、

②デメリット

  • 良いエージェントでなければ自分とは合わない企業を紹介される
  • 複数の転職エージェントから同じ企業への求人応募ができない
  • 実力がない転職エージェントだと転職がかえって難航する
  • キャリアアドバイザーによって経験やスキルに差がある

弊社が考える良い転職とは?

  1. 納得感がある転職
  2. 将来なりたい自分や価値観に近づくことができる転職

と考えています。

上記を重要視している理由としては、あくまでも転職は手段だからです。

現職に留まった方が良いケースもたくさんあるのですが、多くの方は転職することが目的になってしまってしまい、同じ間違いを繰り返してしまいます。

弊社としては転職で後悔して欲しくありませんし、仕事を通じて自分の価値観や幸せを追求して欲しいと考えております。

だからこそ自分を『客観視』する必要があり、良い転職を実現するための『転職の軸』を明確にしなければならないと考えておりますので、1つの手段として転職エージェントをうまく活用頂ければと思います。

最後になりますが、弊社ではリッツカールトンや帝国ホテルといったホテル業界への転職や人材業界、リクルートグループ への転職など市場価値を上げる転職支援を強みとしております。

市場価値を上げたいと考えている方はお気軽にご相談ください。

【関連記事】

【月間5万人に選ばれる理由】弊社の転職サポートの強み〜候補者に向く支援〜

2019-03-16

【人材業界へ転職】年収700万以上目指せる!?仕事内容や求める人材は?

2019-02-20

【企画営業への転職】将来的に携わるためのキャリアパスとは!?

2018-11-19

営業からの転職で成功率をアップする方法を大公開!

2018-10-25
The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

LINEでの相談はこちら↓

LINEで相談