転職をするべき?今の会社に残るべき?判断基準はどこにある?

今の職場に不安があったり、もっと良い職場があるのでは?と、漠然と転職をすべきか悩んでいる人は多いですよね。

とはいえ、転職にリスクはつきものです。思い切って転職をしたのに「前の会社のほうがよかった…」となっては残念ですよね。

この記事では、転職すべきかの判断基準を解説していきます。

転職をするべきかわからない人や、現職に何かモヤモヤがある人には、弊社で無料相談サービスをおこなっておりますのでよければご相談ください。

【無料】転職するべき?あなたのモヤモヤ、解決しませんか?

転職での中途採用は新卒採用と大きく違う

転職活動は、新卒の就活と大きく違います。

一般的に新卒の採用はポテンシャル採用と言われています。ポテンシャル採用とは、求職者の性格や志向性などの内面から「この人ならウチの会社でも活躍してくれそうだ」と将来的な活躍を期待した採用です。

一方で、転職での中途採用はポテンシャルではなく即戦力として活躍できる「スキル」を重視されます。企業は、求職者が「前職でどんなスキル・経験を得たのか?」そして「そのスキル・経験を活かしてどれだけ貢献できるのか」といった視点で採用をおこないます。

そのため、新卒採用に比べて転職での中途採用は難しくなりがちです。

しかし転職では中途採用だからこその、採用されるコツがあります。

転職はデメリットも存在する

転職を考えている人の中には、転職をすれば自分の思い通りの環境で好きに働くことができると思っている人がいます。

しかし、転職にはメリットだけでなくデメリットも存在します。

確かに転職をするメリットとして、福利厚生や年収といった自分の希望に一定マッチした環境を得られることがあります。

一方でデメリットとしては、転職をしても現状の課題が解決されるかわからないことや、転職回数によっては自らのキャリアに傷をつけてしまうなどがあります。

このように、転職は自分の悩みを全て解決するような魔法の手段ではなく、一定のリスクもあるので、メリットとデメリットを見極めた上で慎重に転職をする必要があります。

転職で全てが解決するわけではない

転職を考える人の理由は様々ですが、例えば以下が挙げられます。

  1. やりたい仕事ができず、つまらない
  2. 残業続きで肉体的にも精神的にも辛い
  3. もっと多くの経験をして市場価値をあげたい
  4. 上司との相性が悪く、人間関係に疲れてしまった

確かに転職をすれば以下のような改善があるかもしれません。

  1. 自分のやりたい仕事ができる
  2. 福利厚生が良く、残業のない働き方ができる
  3. 新しい分野に取り組む事による成長
  4. 人間関係の改善

しかし一方で、転職すれば全てが改善する訳ではありません。

例えば、転職しても嫌な上司はいるかもしれません。転職をしてもやりたい仕事ができるとは限りません。

大切なのは、リスクをしっかり考えることです。

まずは現職で改善をすること、転職はそのあと

残業や業務内容、仕事環境については事前のリサーチで知る事ができても、
「自分が仕事を楽しめるか」といったような主観的要素については、実際に働いてみないと比較できません。

もし転職理由に主観的な要素が多い場合は、それなりのリスクを負う覚悟が必要になります。なぜなら、転職先でその課題が解決されるとは限らないからです。

特に以下のような理由は主観的な要素なので、転職をしても満足のいく結果が出ないかもしれません。

  1. 自分にとってやりがいのある仕事をしたい
  2. 気の合う人達と仕事がしたい
  3. 成果を出してもっと評価されたい(評価されて収入を増やしたい)

このような主観的な理由で転職を考えている人は、自分の課題が本当に転職で解決されるのかを考える必要があります。

まずは、今の悩みを客観的に判断し、どんなことをすればいいのかを明確にする必要があります。

【無料】具体的な悩みやそれに対するアクションを明確にする!

現職でまずは行動する

リスクのある転職を防ぐために、まずは現職でその課題が解決できないか行動する必要があります。
人間関係や給与での不満があるのなら、以下のような策も1つの手です。

  1. 部署の異動ができないか
  2. 条件を交渉をしてみる

このように、あらゆる可能性を考えた上で現状の職場で改善が厳しいのであれば、転職をしましょう。

「気の合う人」というのは、職場の近くに居なくても他の部署に居るかもしれません。

「評価されたい」というのも、自分が考えている成果と会社が期待する成果が違っていたり、評価されると思っていたポイントが間違っている場合もあります。上司や人事部に相談して、自分が考えている評価の基準が間違っていないか、確認してみるのもアリです。

転職は人生を大きく変えるチャンスですが、安易な転職はキャリアをマイナスに変えてしまうこともあります。
転職にまつわるリスクを知った上で、転職するか今の会社に残るべきかを判断しましょう。

とは言っても、どんなに優秀な方でも転職の判断は難しいものです。

そんな方への1つの選択肢としては、キャリアコーチングに相談する方法もあります。

今の会社で実際にどんな行動をすればいいかわからない人は、キャリアコーチングに相談してみよう。

キャリアコーチングについては以下の記事で解説していますので、ご覧ください。

有料の転職相談はどこがいい?転職エージェントとの違いを徹底解説!

2020-08-17

転職するべきか、今の仕事に残るべきか、プロに相談してみませんか?

転職するべきか、今の仕事に残るべきかを考えるときは、キャリアのプロであるキャリアコーチングを利用することをオススメします。

理由として、キャリアコーチングでは、転職を前提としない相談が可能なことがあります。

キャリアコーチングと似ているサービスで転職エージェントがあります。

転職エージェントでは、求人紹介があり、転職を前提とした相談がメインになります。

転職エージェントは、求職者を企業に紹介し、採用決定させることで企業から紹介料として利益を得ているビジネスモデルです。

そのため、企業の求人条件に合わない人は、相談に乗ってくれないケースがあったり、求職者が望まない求人紹介をされることもあるので、100%寄り添ってくれることが少ないです。

一方で、キャリアコーチングでは、求職者からお金を頂いて、サービスを提供するので、求職者に100%寄り添ってくれます。

1~2ヵ月にわたって、専属のコーチがあなたのために全力で支援をしてくれます。

転職を前提とせずに、今の仕事を続けるべきか、転職するべきか、を検討した人はキャリアコーチングがオススメです。

弊社では、「マジキャリ」といったキャリアコーチングサービスをやっています。

初回無料相談もやっていますので、気軽に相談してみてください。

キャリアコーチング

マジキャリの評判・口コミをどこよりも詳しく解説

2020-10-23

 

マジキャリ

年間約3000名転職希望者を支援しているノウハウを用いて質の高いサポートを提供

\ポイント/

  1. 中長期的なキャリア形成ができる
  2. 市場価値の上げ方がわかる
  3. 時間と場所を選ばず面談できる

関連記事

 
The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

Twitterで転職ノウハウや市場価値の上げ方を発信中!
Twitterアカウントはこちら