【企画営業への転職】将来的に携わるためのキャリアパスとは!?

最近はIT関連職種が増えているからか、営業職の求人が減っていると思われがちです。
ですがそれは誤りで、今もなお転職市場で一番求人の多い職種は営業職です。

営業職と言っても、新規営業、深耕営業、企画営業、営業企画など複数の営業職が存在します。同じ営業でも求人の内容をしっかり読み込まなければミスマッチやわざわざ面接に行って無駄だったということもあり得ます。求職者の多くは現職に在籍しながら転職活動をしているので、なるべく無駄な時間はなくす必要があります。

そこで今回は営業職のなかで企画営業職についてご紹介したいと思います。

企画営業職は、営業職の中でも仕事内容の難易度が高い部類になりますので、相応の経験やスキル、能力がなければ簡単に内定を勝ち取ることはできない求人職種です。

【企画営業職への転職はお任せください】企画営業に転職したい方はコチラ

企画営業とは?

一言で言うと企画営業とは商材だけでなく、それを絡めた企画も売り込む営業」です。

この企画というのは、商材をどう利用すれば利益が上がるか、事業拡大に向けてどう展開して行くか、といった自社の商材を利用する際の企画です。

企業に企画を売り込む、という意味ではコンサルをイメージするとわかりやすいかと思います。

企画営業と営業企画の違いって?

企画営業職と混同されやすい職種が営業企画です。
どちらも、「企画」と「営業」の2単語を使っているため同じ職種だと思ってしまいますよね。

ですが、「企画営業」と「営業企画」は別の職種です。

「企画営業」は営業活動をメインに行い、企業に企画を提案することが仕事内容です。
一方で、「営業企画」は企画をメインに行い、営業部隊が行う営業の方針や目標作成、他にも販促など、営業職を後方から支援、管理するのが仕事です。

実際に営業をする側か、それを支援、管理する側か。
名前は似ていますが仕事の内容は全く違いますね。

営業企画は営業を管理するので、企画営業職よりも重宝されやすいです。

キャリアパスとしては、企画営業を経験して実績を残した営業マンが、営業企画職へとキャリアアップをするパターンが多く見受けられます。
理由としては、営業による現場体験をもとにして、より良い営業活動の環境を整備すること、より企画営業職の全体的な方向性などを決めることができるからです。

大きく違うこの職種ですが、若手の求職者にはこの違いを理解していない人が多く、それによって転職のミスマッチを引き起こしてしまいがちです。
そういった間違いをしないためには、手前味噌ではありますが、転職エージェントの利用をオススメします。

なぜなら、転職エージェントは転職情報や企業、職種の情報をプロとして豊富に持っており、転職者が本当に就きたい職の求人を紹介できるからです。

もし企画営業経験があれば、営業企画にも応募する条件を満たしていますから、自分がどちらの営業職でキャリアプランを作るべきかを決めることもできるでしょう。

→【無料相談】自分にあう営業職を知りたい方はコチラ!

営業からの転職で成功率をアップする方法を大公開!

2018-10-25

海外営業への転職で大幅な年収アップを狙う方法を大公開!

2018-11-19

転職を7割以上成功させる自己分析とは!?やり方をプロが伝授

2019-03-12

企画営業職への転職に必要な経験やスキルは?

企画営業職への転職では、特別必要な経験というものはありません。
しかし、何かしらの形で営業職を経験していることは、ほぼ間違いなく必要になると考えてください。
企画営業は単なる営業、物売りではありません。

取引先に物を売る前に、売りたい商品やサービスの提供を受けることで営業先企業にどんなメリットやデメリットがあるのか、といった総合的な企画をすることが必ず必要になります。

そのため、企画書の作成は必須になります。
また、企画書も説得力のあるわかりやすい資料でなければ取引には至りません。

わかりやすくいうと、企画営業は商品やサービスを通して「企画」を売り込まなければいけないのです。

そのため、経験は特に不要とは言いましたが、前職などで企画営業の経験があれば、今回の転職では有利となります。

次にスキル的に必要となるのが、企画力です。
企画力はそう簡単に身につけることは難しいため、仕事以外でも企画する役割を積極的にやるなど、私生活も利用して企画力を身につける努力が必要です。

【自己分析】あなたの強みを活かした転職、無料でお手伝いします!

企画営業の需要性は?

企画営業の需要性についてお話をします。

結論から言うと、企画営業の需要性はかなり高いです。
最近は営業職の仕事が全体的に、物を売るものという職から、商品やサービスに企画も合わせて提供する事で、多くの取引額を作っていく職へと変わってきています。
そのため、営業職にも企画などのコンサルティングに近い動きや役割が必要になってきているのです。

では、将来的にまだまだ伸びるIT業界においても企画営業は需要性が高いのか?と考えると、実はそうではありません。

なぜなら、IT業界で会社の業績に直結する職種はエンジニアやプログラマーといった開発職であり、営業職ではないからです。
そのためIT業界に関しては、営業職の需要性は将来的にもあまりないと言えます。

一方で具体的に、企画営業職がもっとも活躍できる業界は「不動産業界」と「金融業界」です。

この2つは、営業職が中心となる業界で、将来的にも営業が必要になります。
さらに、これらの業界は提供する商材には運用方法などの企画が必須なので、必然的に企画営業の需要は高くなります。

転職市場の求人情報を見ても、これらの業界は企画営業職の求人が多いので、そういった意味でも需要は高いと言えます。

企画営業職のキャリアパスは?

企画営業職のキャリアパスとしては、先ほどの通り営業企画職が一般的です。
また、営業企画職からは事業企画や人事へのキャリアアップが有力です。

事業企画と人事職は、仕事において営業職と共通点が多いので、企画営業職のキャリアパスとして最終的には人事へと転職をする方は多くいます。

企画営業を経験すると、企画も経験し営業も経験ができるため、転職において他の職種との親和性は高いと言えます。
実際に現場で働くからこそ知れることも多いので、企画営業としての経験はキャリアパスにおいて無駄にならずに活きるでしょう。

→年間1000人以上の転職相談を受けている弊社への相談はコチラ!

未経験から企画営業への転職はきつい?

需要性も高く、キャリアに活きる企画営業職ですが、やはり経験がなければ転職は難しいのでしょうか。

答えはその通りです。
ハッキリ言って未経験から企画営業への転職はきついです。

先ほども述べたように、企画営業は単なる物売りではないので、どうしても企業は経験のある求職者を必要としています。

また、企画営業への転職では営業職でどれだけのキャリアを積んできたかを重視されます。

具体的には、営業を経験している20代後半から30代前半の求職者は、企画営業として企業の欲しがる人材となります。
一方で、20代前半の営業未経験の方ですと、営業職の採用は多いにありますが企画営業としての採用は難しいのが実情です。

企画営業職に受かる志望動機のポイント

転職者の多くはこれまでのキャリアから、自分の経験が転職先でどう活きるかをアピールしがちです。
もちろんキャリアやスキルのアピールは必須ですが、難易度の高い企画営業職への転職では、さらにアピールが必要です。

結論として、企画営業職に受かる志望動機には「必然性」が重要となります。

たくさんの企業がある中で、なぜその企業への転職を望んでいるのか、という必然性が求められるのです。

その企業の商品やサービスに興味があるということにも必然性は生まれますが、もっとも必然性が生まれる志望動機は、その企業の企業理念に共感したということです。

当たり前ですが企業理念はその企業にしかない、企業の特徴をもっとも表した言葉です。

ぜひ、企業理念を中心にして志望動機を3つほど伝えてください。
そうすれば志望動機でマイナス評価を受けることはほとんどないと言えます。

弊社キャリアアドバイザーが、あなたの志望動機を無料で添削いたします!

まとめ

企画営業職は、単なる物売りの営業職よりもレベルが高いですが、営業企画ほどレベルが高いという訳ではありません。
松竹梅で言うところの竹であるという印象が転職市場からは感じられます。

20代のうちに企画営業を経験しておくことで、営業企画への道が開けたりと30代、40代のキャリアパスにつながります。
なので、営業職を目指す人はできるだけ20代のうちに企画営業として転職をすることが望まれます。

また今の転職市場は相当な売り手市場ですので、20代で全く営業経験のない方でも、志望動機や面接の対策をしっかり行えば、企画営業職で内定を勝ち取るチャンスはあります。

とはいえ、1人の力で志望動機の添削や面接対策を行うことは簡単ではありません。
対策を行うにしても、現職が忙しくてなかなか転職活動に手をつけられない方も多いのではないでしょうか?

そんなときに利用して欲しいのが、転職エージェントです。

なぜなら、転職エージェントは面倒なエントリー書類の準備を代行してくれ、1人では対策できない志望動機、面接の対策を無料で行ってくれるからです

よって、現職に専念しつつ転職の採用確度を高めることが可能になります。

この様に現職で忙しい方には転職エージェントの利用がオススメなのですが、注意点があります。

それは、エージェントの経歴やスキルの違いです。

エージェントによっては、偏った求人を紹介されたり、必要以上に転職をプッシュされるという事もあるので、見極めが必要になります。

また、会社によりサポートの違いや求人の数も変わるので、エージェントを登録する際には大手とそれ以外で合計3社ほど登録をすることをオススメします。

弊社Callingoodではあなたの現状を理解し、そもそも転職をするべきかどうかといったところから、希望の職種などの相談を専門のアドバイザーが無料で行い、あなたにあったエージェントをご紹介いたします。

以下は弊社がご紹介する、営業に特化した専門性の高いエージェントです。
自分に合うと感じる方がいれば、ぜひ直接問い合わせしていただければと思います。

転職エージェント
松尾 草介 東京都コンサルタント歴 15年以上
【転職エージェントのためのエージェント】人材紹介業の転職相談はお任せ下さい
転職エージェント
岩名地 舞コンサルタント歴 5年以上
【20代、第二新卒の方はぜひご相談ください!】
転職エージェント
寺平 佳裕 福岡県コンサルタント歴 5年以上
【九州・東京特化】 リクルート各社の案件や優良ベンチャーのご紹介を得意としております。
転職エージェント
藤田 克也 兵庫県コンサルタント歴 15年以上
【関西の中小・ベンチャー】【人材業界】に強みがあります:求人ありきではなく、キャリア相談からサポートします。
転職エージェント
坂本 典隆 大阪府コンサルタント歴 10年以上
【全国エリア対応中(関西・関東etc】一人一人の価値観や想いを大切にした転職支援をいたします

転職をするべきかどうか、といったところや自分にあう業界などを知りたい方は以下からお問い合わせいただければ、弊社のキャリアアドバイザーがあなたに合うキャリアプランのご提案を致します。

The following two tabs change content below.

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」