転職を成功させる自己分析のやり方|シートやツールを使った方法や注意点を解説


転職が成功するか、失敗するかの命運を分けるのは自己分析です。
つまり、自己分析さえしっかりできれば、転職は概ね成功したと言っても過言ではありません。

自己分析ができていると自分の強みや特徴を理解することができます。
そうすることで、自己分析をしっかりやっていない他の転職者と差別化をすることができ、面接官に好印象を与えることができます。

今回は転職エージェントとしての経験豊富な私が、自己分析の重要性ややり方について解説します。この記事を読めば、転職における自己分析を適切に行い、転職成功率をぐっと高めることができます。

この記事でわかること
  • 自己分析がなぜ必要か?
  • 自己分析のやり方
こんな人におすすめ
  • 自己分析がうまくいかない人
  • やりたいことがわからない人

自己分析ができていないと転職は難しい

自己分析が正しくできていないと、業界に関わらず転職が難しくなってしまいます。自己分析の目的は、自分の強みや特徴を知ることだけではありません。

相手が求めている部分を伝えることができない上に、明確な言語化ができないため全体的な内容が伝わりづらくなってしまいます。

適切な自己分析ができるだけで転職成功率が高まるため、希望の条件に合った転職先を選びやすくなります。自己分析は転職活動の全てに繋がるため、正しい方法を理解しておくことが大切です。

転職でおすすめの自己分析の種類

自身で自己分析をするやり方をご紹介したいと思います。紹介する方法は、以下の3つです。

  1. 自分の「強み」「弱み」を考える
  2. モチベーショングラフを作る
  3. 「WILL」「CAN」「MUST」で考える

上記の3つを参考にし、最初に取り組みやすいものから始めてみてください。

「強み」「弱み」を考える

強みと弱みを考えていくときは、以下の手順で考えていってみってください。

  1. 性格面での弱みと強みを書き出す
  2. 仕事面での弱みと強みを書き出す
  3. 回りの友人や知人から自分がどう思われているか書き出す
  4. ①〜③についてその理由を書き出し、深掘りしていく

まず自分の強みと弱みを考えるときに、何が強みで弱みなのかをノートに書き出してみましょう。

そのとき一緒に、なぜ強みなのか、なぜ弱みなのかも具体的な関連エピソードを添えて書き出すようにしてください。

ここでポイントになるのが、「言語化」するということです。それぞれ2〜3つほど洗いだし、多く共通する部分や自分の人生の軸になっている部分を探しましょう

強みと弱みを詳しく洗い出せたら、経験や実績(営業実績や部活動の経験など)を紐づけていき、文章にしてみましょう。

文章にする事で自分の価値観や行動を振り返ることができますので、面接においても納得感のある説明ができるはずです。

自分の強みや弱みを考える際に役立ちそうなキーワードを以下に並べるので、ぜひ参考にしてみてください。

  • コミュニケ―ション能力
  • 課題発見力
  • 論理的思考力
  • 協調性
  • 企画力
  • 計画性
  • 責任感
  • 継続力
  • 主体性
  • 柔軟性
  • 素直さ
  • 提案力

弱みや強みが偏ってしまう人は、他人から言われたことのある性格などを書いてみるのもポイントです。

「過去」「現在」「未来」を考える「モチベーショングラフ」

モチベーショングラフとは感情曲線とも言われていて、感情・幸福度を縦軸、時間を横軸に自分の人生を振り返ってグラフにすることです。

大きく感情が動いた時に、どのような出来事があったか、その出来事に対しどのような行動をしたのかを振り返ることで、今の自分を形成している自分の価値観に気づくヒントになります。

以下の画像のようなイメージで作るとわかりやく、おすすめです。

幼少期~今の自分まで遡ることができるため、自分の人生が動いたタイミングやきっかけを探ることができる効率的なツールといえます。

WILL」「CAN」「MUST」:フレームワーク

「WILL」「CAN」「MUST」のフレームワークは、現在の自分の思考整理に役立つ自己分析方法で、以下画像のように3つの輪を活用します。

「WILL」「CAN」「MUST」はそれぞれ以下のように考えてください。

WILL=「現在の自分がやりたいこと」

「こういう人になりたい」「こんな人生を送りたい」「こんなことを新しくチャレンジしたい」など、今の自分がこれからやりたいことや抱いている将来のビジョン。

CAN=「現在の自分ができること」

今の自分が持っているスキルや経験、すぐに発揮できる能力を指しています。過去の経験から、今使えるスキル。

MUST=「現在の自分がやらなければならないこと」

今の自分がやらなければならないこと。特に会社から求められている仕事や、目の前に与えられた物事に対し発生する要素。

要素によっては輪が重なる部分があると思います。

例えば、WILLCANと被るところは、「自分がやりたいこと×自分ができること」を意味するので、現状すぐに行動に移すことができる要素であることが分かります。

これらの三つの輪を考えることで、今の自分に何が必要か、何をやるべきかを見出すのに役に立ちます。

転職自己分析で役立つツール

自己分析ツールやシートを使用すると、効率的に自己分析ができるだけでなく、正確かつ詳細まで自己分析が可能です。転職の自己分析で役立つツールとしては、下記3つが挙げられます。

  • 自己分析の転職アプリ
  • 自己分析シート
  • 有料のキャリアカウンセリング

ツールごとにメリットデメリットも異なるため、次の章で細かく確認しておきましょう。

自己分析の転職アプリ

自己分析の転職アプリは、複数利用することで効果を発揮できます。

転職アプリは気軽に使用できる反面、制度が低いことがあるので複数利用するのが大切ということです。

また、転職アプリの1番のメリットと言えば企業からスカウトメールがきたり、イベントの案内が送られてきて自分の可能性を広げられる点です。

転職アプリにある自己分析や適正診断ツールを使用すると、診断結果とマッチしていそうな企業から連絡がくることがあり、診断結果で自分とマッチ度が高い企業に転職しやすくなる可能性があります。

自己分析シート

自己分析シートとは、自分自身の過去の経験を書き出すことで、特徴や強みを理解してどんなアピールポイントがあるかを確認するためのものです。

自己分析シートは、自身で作成すれば費用は一切かからず、自分専用のシートを作成することも可能です。しかし、1からシートを作成する場合には、手間がかかってしまったり正しく自己分析ができているのかが分からなかったりするかもしれません。

「手間がかかっても良いから、費用をかけずに自己分析シートで分析してみたい」と考えている人におすすめです。

自己分析シートの作り方に関して詳しく知りたい人は、下記記事も参考にしてみてください。

転職での自己分析のやり方を紹介!シートを使った方法も詳しく解説 | すべらない転職

有料のキャリアコーチング

キャリアコーチングは、自己分析を徹底的におこなう手伝いをしてくれます。

幼少期から社会人になるまでを洗い出す事で、自分でも気づいていなかった新たな一面を見つけられたり、自分の意志を再確認できます。

自己分析は1人でも可能ではありますが、かなり深掘りをした自己分析を1人でおこなうのは正直かなり難しいです。

理由としては自分では当たり前と思い込んでいることが多くありそれが実は自分の強みであったということに気づけないからです。

キャリアコーチはプロです。これまでに何人ものキャリアの相談に乗ってきた実績からあなたの強みや弱みを発見しあなたのありたい姿を実現するためのサポートをしてくれます。

キャリアコーチング

キャリアコーチングとは?おすすめのサービスを徹底解説

2021-02-16

【手順】転職における正しい自己分析のやり方

転職における正しい自己分析の手順は、下記の通りです。

  • ①「転職後に何をしたいのか」を明確にする
  • ②スキルの棚卸しや自己分析を行う
  • ③アピールポイントを言語化する

自己分析の手順を理解しておくことで、面接官にも強みや特徴を伝えやすくなります。

①「転職後に何をしたいのか」を明確にする

まずは「転職後に何をしたいのか」を明確にすることが大切です。転職後に何をしたいのかが明確になっていないと、転職自体に成功しても転職後に後悔する恐れがあります。

転職後に何をしたいのかがわからない場合には、転職理由から考えてみましょう。転職を考えるということは、何か不満があることが多いです。転職後に同じような不満を感じないためには、どんな仕事が向いているのかを考えることで、転職後に何をしたいのかを判断しやすくなります。

②スキルの棚卸しや自己分析を行う

スキルの棚卸しや自己分析をすることで、何をアピールすべきなのかを明確にできます。スキルの棚卸しをする際には、表面的なスキルだけでなく仕事内容や成功・失敗体験を具体的に考えることが大切です。

また、自分自身が強みだと思っていても、転職先企業から求められていなければ転職成功率は上がりません。自分自身の強みかつ応募先企業によって求められているスキルや性格をアピールすることが大切です。

スキルや資格以外でも、興味や関心がある事柄がアピールに繋がることもあります。過去の経験をもとにアピールできそうなことを詳細まで分析してみることが大切です。

③アピールポイントを言語化する

転職後に何をしたいのかやスキルを棚卸しできたら、アピールポイントを言語化しましょう。自己分析が適切にできていても、アピールポイントを整理して言語化できていなければ面接官には伝わりません。

アピールポイントを細かく言語化することで具体性が増し、面接官に伝わりやすくなります。アピールポイントを言語化する際には、エピソードを織り交ぜるとイメージしやすくなるためおすすめです。

転職自己分析をする上で注意するポイント

転職における自己分析では、注意点を理解していなければ正しく適切な自己分析ができません。転職自己分析をする上で注意するポイントは、下記の2つです。

  • 苦労した経験も洗い出す
  • 業務上で発揮した強みを明確にする

上記の項目について、それぞれ詳しく解説していきましょう。

苦労した経験も洗い出す

自己アピールを有利に進めようとして、良いと感じられる経験のみに集中して自己分析をしてしまう人も少なくありません。

しかし、失敗してしまった経験や苦労した経験を洗い出すことで、また違った自分の強みや弱みを認識することもあります。

大切なのは、苦い経験から何を学び改善できたのか、ということです。

業務上で発揮した強みを明確にしておく

転職活動では、学生の就職活動とは違い業務での強みをアピールしていかなくていけません。

転職活動ということは社会人経験があるということなので、実務経験において「具体的に仕事で培った能力や自分が強みを発揮した経験を志望している会社でどのように仕事で活かせるのか」という観点でまとめておく必要があります。

抽象的な内容にしない

自己分析の内容は、抽象的な内容にしないように注意が必要です。抽象的な内容で自己分析をしてアピールすると、面接官にも伝わりづらくなってしまいます。

反対に、具体的なエピソードや数値を用いて説明できれば、面接官もイメージしやすく好印象を与えられます。
より具体的に説明することのメリットは、分かりやすくなることだけではありません。「根拠にもとづいて行動できる人」というイメージも与えられるため、転職先企業によっては転職成功率を格段に上げられます。

自己分析の効果を高める方法

自己分析の効果を高める方法としては、下記3つの方法がおすすめです。

  • 信頼できる友人・家族に相談する
  • 転職エージェントに相談する
  • 有料キャリアコーチングサービスを使う

信頼できる友人・家族に相談する

信頼できる友人や家族は、あなたへの理解度はかなり高く親身になって相談にのってくれるでしょう。

ただし友人や家族はキャリアのプロではないので、客観的視点はあるものの専門的なアドバイスはできないことが多いです。

経験則に基づいた内容が多くなるので、友人や家族の経験が自分の経験と当てはまることは少ないです。

友人や家族に相談する場合は、あくまでも参考としてアドバイスを取り入れ、活かせるところは活かす程度に留めておきましょう。

転職エージェントに相談する

転職エージェントはキャリアに対してのプロなので、面談を通して専門的なアドバイスをくれます。転職するにあたり求人の紹介があるのもメリットと言えます。

反対に、転職についてまだ具体的にどうするのか決め切れていないと、転職エージェントは転職を前提としてサービスを提供しているため、利用するのはおすすめできません。

紹介できる求人がないと相談に乗ってくれないケースもありますので、注意が必要です。

また、大手の転職エージェントほど意外な落とし穴で、深掘りした自己分析をおこなってくれないことがあります。

転職エージェントでは、自己分析よりも企業に合わせた面接対策と求人紹介がメインと捉えましょう。

有料キャリアコーチングサービスを使う

有料キャリアコーチングサービスは、転職を前提としていないサービスなので、転職すべきかどうか、自分のありたい姿の実現に対して今後どのようなキャリア設計をしていくといいかをフラットに提案してくれます。

またやりたいことがない人に対しては自己分析を通してあなたの価値観を洗い出しやりたいことを見つけるサポートをしてくれます。

転職活動をおこなう前にそもそも転職すべきかどうかであったり、転職軸を明確にするためにキャリアコーチングサービスを使うことをおすすめします。

有料の転職相談はどこがいい?転職エージェントとの違いを徹底解説!

2020-08-17

有料のキャリアカウンセリングをプロが厳選!無料との違いを徹底解説

2020-10-03

転職相談サービスはマジキャリがオススメ

ここまで転職を成功させるには徹底した自己分析が必要であるということを解説してきました。

ここまで読んでくださった人の中で「自己分析は一人でできそう」と思っている人、いませんか?
その考え方、かなり危険です!

なぜなら、自分自身と客観的に向き合うことはかなり難しい作業だからです。
実は、過去の記憶は「都合が良いように書き換えられている」ことが多く、私人間の記憶は曖昧で、本人も気がつかないうちに偽の記憶を作り出すことはよくある話なんです。
つまり、「思い込み」のまま自己分析を進めてしまうと間違った自己分析になってしまい、面接で使い物にならず無意味な作業となってしまいます。

間違った自己分
  • 思い込みのまま自己分進めてしまう
  • 客観的な自己分ができておらず、面接で使い物にならない

「間違った自己分析をすると、転職で全く使い物にならない」ということはよく覚えておいてください。

転職という人生のターニングポイントでは「納得できる意思決定ができるか」もしくは「選択した道を正解にできるかどうか」が重要になってきます。

そのためにも過去の記憶の掘り起こし(いつ、何があって、その時どういう感情になって、どのような行動を取ったのか)は第三者の協力が大切です。

ただ、せっかく頼るならキャリアに精通している人の方が良いですよね。

「転職を成功させたい!」

「自己分析を間違えたくない!」

「自分の強みを知りたい!」

という人におすすめなサービスがマジキャリです。

キャリアコーチは自己分析だけでなく、キャリアプランのプロなので、過去を振り返って自分の強み弱みを明確にした上で向いている仕事を一緒に考えてくれます。

転職に関連する自己分析だけでなく、転職全体に関してのサポートを受けたいと考えているなら「マジキャリ」がおすすめです。

マジキャリでは、プロのキャリアコーチと自己分析を行えるため、自分では発見できなかった強みや特徴を見つけることができます。

今なら、初回60分のコーチングを無料にて、実施しているので一度相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

マジキャリ

あなたのありたい姿を実現するためにプロのキャリアコーチが徹底サポート

\ポイント/

  1. 人生の軸が定まり自信を持って生きられる
  2. 自己分析を通してあなたの本当の強みがわかる
  3. 転職を前提としないためフラットに相談できる

マジキャリ利用者の声

世の中で流行っているものに目移りすることが多かったが、本当に自分がなりたいイメージを具体化することで迷いがなくなりました!今までなんとなくしていた仕事も目的意識を持てるようになりました。 (24歳 男性)
フラットな意見をもらえることがよかったです!他の転職相談サービスですと、転職を前提に提案されることが多く、本当に自分に必要なアドバイスか不安でした。
具体的なキャリア設計までしてくれるので、転職経験が少ない人に是非使ってもらいたいです! (29歳 男性)
キャリアコーチング

マジキャリの評判・口コミをどこよりも詳しく解説

2020-10-23

マジキャリのサービスの流れ

①初回無料コーチングに申込む
以下のリンクから簡単にお申込みができます。
初回無料コーチングの後にサービスを続けて利用するかを決めることができるので、安心です。

②初回無料コーチングはオンラインツールで実施
お申込後、担当から日程調整の連絡がきます。お仕事がお忙しい人向けに夜の面談も可能となっております。また、オンライン面談なので場所を選ばず実施できる点もおすすめです。

初回無料コーチングでは、プロのキャリアコーチと60分ほど面談をします。ご相談内容を元にお試し自己分析とプロのアドバイスを受けることができます。

③サポートを継続するか判断
面談中に続けていきたい!と感じられた人はその場で申し込むことも可能です。もちろん、「自分には合わなかったかも」と感じられた場合はサービス継続をしないこともできますのでご安心ください。

「転職するかどうか悩んでいる」「将来に漠然と不安を抱えている」というご相談でも、親身になって相談に乗ってくれ、あなたの悩みを整理してくれるので、初回無料コーチングは使ってみて損はありません。


The following two tabs change content below.

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」