【約9割が知らない】ベンチャー転職の注意点や成功方法は?

今回のテーマはベンチャーへの転職についてです。

内容が濃いものとなっているので少し読むのが大変かも知れませんが、年間1500人以上転職サポートをしている観点から、ベンチャー企業への転職を検討されている方に向けてリアルな情報をお伝えしようと思います。

→【ベンチャー企業への転職】転職決定率は大手の3倍!弊社への無料相談はこちらから

ベンチャー企業への転職に不安がある方

結論、ベンチャー企業への転職はある程度のリスクはありますが
注意点をしっかり意識できていれば、問題はありません。

ベンチャー企業への転職に懸念のある人には

  1. 倒産のリスクが高そう
  2. 労働時間が長くて、仕事がハードそう
  3. 大手企業との文化の違いが大きくて大変そう
  4. 実力主義の評価制度についていけるか不安
  5. 給料が低くなりそう
  6. 「社長の言う事は絶対」のワンマン経営なのでは?

などの不安や疑問があるのではないかと思います。

これらの問題は、これから解説する注意点を意識する事が出来れば、解決することが出来ます!

ベンチャー企業への転職の注意点

ベンチャー企業への転職の懸念を払拭する為には以下の注意事項があります。

1.勝手なイメージからのミスマッチ

特にこのリスクがあるのが、大手企業からベンチャー企業に転職する人です。

「ベンチャーに転職したいです!」という人がイメージしている企業はだいたい、メガベンチャーです。

サイバーエージェント」「リクルート」などのような企業をイメージする方が多いです。

ですが残念ながら、メガベンチャーはベンチャー企業というよりは大企業のような環境、体制の会社と言えます。

そのため、ベンチャー企業だと思って転職されると後にギャップに苦しまれる方が多いので注意が必要です。

漠然としたイメージを持ってメガベンチャーへと転職してしまうと、自分が思い描いていたベンチャー企業の理想と転職先の企業の現実とのギャップに苦しめられることになります。

2.ベンチャー企業は10年での生存率が5%!

これはベンチャー企業へ転職を考える方の多くが懸念される問題だと思います。

結論、倒産リスクは十分あります。
新しいベンチャー企業は次々と誕生していますが、倒産を含めた企業生存率としては、1年で40%、10年後はわずか5%程度といわれています。

ただ、 ベンチャー企業で勤めあげた経験というのは、転職市場での評価が高いので、他の転職先を探すことも難しくないと思います。

大事なのはそのような倒産リスクを覚悟で、事業の可能性に賭けて同じ船に乗ることができるかです。

この懸念を払拭できるようであれば、転職しても問題がないでしょう。

3.希望の仕事ができないことも!?

「会社の方向性や社風が自分には合わなかった」

といった理由でベンチャー企業への転職を後悔する事例が多々あります。

ベンチャー企業では経営者のマインド等がかなり強く反映されており、社風にも大きく影響します。

大企業と違って社員と経営者との距離も近いので、経営者の考えと自分の考えが合わないと働く上では致命的です。

よく認識しておくべきなのは、ベンチャー企業に入ったからといって、必ずしも自分の理想の環境で思い通りの仕事ができるとは限らないということです。

そのため、ベンチャー企業へ転職することを変に期待してしまうとミスマッチに繋がります。

ご自身で情報収集をされても良いかと思いますが、弊社のような直接人事や役員、経営者と繋がりがあるようなエージェントに相談しながら正確な情報をインプットしながら転職活動を進めるとミスマッチを減らすことができます。

→人事や役員・経営者と直接つながりのあるエージェントに転職支援をしてもらう

4.転職後の年収の変化

気になる年収ですが、残念ながらベンチャーへの転職で年収がアップする保証はありません。

ベンチャー企業への転職では、一般社員としてのスタートがほとんどであることに加え、報酬相応の結果を残すことができないと減給や解雇になりやすい環境です。

ベンチャー企業の年収は、大企業以上に結果に比例していきます。

小さい会社からスタートし、上場に成功してIPOによる多額の利益を手にする社員もいますが、あくまでごく一部の企業に限られています。

企業を動かす立場かどうかによっても収入が大きく変わりますが、専門的な能力がある場合は年収が上がることもあります。

企業の成長度合いに応じて年収は上がるため、逆にチャンスと捉えて転職する成長意欲の高い方が多いのも事実ですが、年収や待遇面のみで転職を考えている場合は、ベンチャー企業への転職はオススメしません。

ベンチャー企業で働くメリットは?

ここまで、ベンチャー企業の厳しい面を紹介してきましたが、もちろんメリットも存在します。

以下でその詳細を見ていきましょう。

1.成長機会が多い

大手企業であれば、管理職になれるのは30代を過ぎてからの方が圧倒的に多いです。

業界職種によっては昇進が遅い場合もありますが、ベンチャー企業の場合には、入社2年目から数十名の部下を率いて仕事をすることも珍しくありません。

そのため、ベンチャー企業のほうがマネジメント経験を早く経験できる機会が多い傾向にあります。
ベンチャー企業に転職した後、若くして役員や子会社の社長になられた方も多くいます。

厳しい環境ではありますが、圧倒的に成長をしたいのであれば、おすすめできる環境です。

→【圧倒的に成長したい方へ】逆算したキャリアパスを知りたい方はこちら

2.経営者と距離が近い中で仕事ができる

先ほどこの点はリスクとして紹介しましたが、環境次第では大きなメリットとなると言えます。

大手企業から転職される方の多くに当てはまるかと思いますが、社長と仕事の話をしたことがなかったり、中には顔を見たことすらない人も居るのではないでしょうか。

ベンチャー企業の場合は、同じフロア、あるいはすぐそばで社長と働けることもあります。
経営者のそばで働くことによって、自分がやってみたい仕事の提案など、直談判できる環境があるため、自発的な志向性がある人にとっては、メリットの1つといえます。

そのため起業や事業家を視野に入れているのであれば、ベンチャー企業という環境は非常に良い環境といえます。

→【将来起業を考えている方へ】どのような経験が必要か知りたい方は相談ください

3.意思決定が圧倒的に早い

実施したい施策や制度の提案をしたり、システム導入を実施したりする場合、許可が下りるまでに必要以上に長い時間が掛かった経験はありませんか?

変革を歓迎する傾向が強いベンチャー企業では、意思決定のスピードが圧倒的に早いことが特徴なので、自分がやりたいと思った施策をかなりのスピード感で実現できます。

また、自ら手を挙げれば仕組みや制度も作ることができます。

より働きやすい環境を作ることもできます。

4. 同じ志向を持った人と働ける

会社の社風や方向性には経営者の思考が色濃く反映されていることがほとんどですが、その社風や思考を魅力的と考える人たちが集まっているとも言えます。

そのため、社内メンバーの志向性は似たようなものとなるので同じ志を持った人と1つの目標に向かって仕事がしたいと考えている人にとっては良い環境だと言えます。

経営者のマインドによって、同じベンチャー企業とはいえど、社風は大きく変わってきます。
多くのベンチャー企業があるなかで、自分の考えに合った会社を選べる自信の無い方は、転職のプロである転職エージェントにご相談下さい。

→あなたにピッタリのベンチャー企業を紹介してもらいたい方はコチラ!

ベンチャー企業に適性がある人は?求められる人材!

大手企業で働くのとは勝手が違うので向き、不向きがあります。

ベンチャー企業への適性や求められる人材について以下で詳しくみていきましょう。

1. 積極性がある人

適正に関していえば色々ありますが、保守的な人は残念ながらベンチャー企業とはマッチしません。

ベンチャー企業では教育体制が整っていない中でも、都度指示待ちをするのではなく、積極的に自分がすべきことに取り組みどんどん成長できる人材が必要となってきます。

2. 変化を恐れず、新しいことに適応できる人

ベンチャー企業は会社としても未完成の成長フェーズであるので、新しい環境に慣れることや、革新的な変化についていける人は活躍していける可能性が高いです。

逆に新しいことや変化を受け入れるのが苦手な方はベンチャー企業への転職は控えた方が良いかと思います。

3. 職種を越えて複数の業務をこなせる人

ベンチャー企業は組織規模が小さい分自身の職種を超えて仕事を任されることもあり、一人二役、三役をこなす必要があることも多く、かなり体力的にもきつい面があります。

大手企業で働く場合と比べて裁量権がある分、責任も重くなり、ハードワークになる傾向があるため、そういった状況にも耐えられるかは大きなポイントになるかと思います。

4. やりきる力がある人

ベンチャー企業ではサービスを立ち上げたり、大きく成長させるということが求められます。つまり、正解がない中で事業を展開していかなければなりません。

そのような中で様々な課題に直面しても逃げずにやりきる力があるかどうかは非常に重要な点となってきます。

5. 意欲が人一倍強い人

ベンチャー企業ではこれまで書いてきたような理由から、採用時には意欲があるかどうかという点を重要視します。

ベンチャー企業で働くということは上記のようにそれなりの困難やリスクが伴うので、「本当にこの人は本気で働いてくれるのか」という点を採用企業は見ています。

もちろん、経験のある優秀な人材を探している面はありますがそれ以上にガムシャラになって働けるかどうかが大事です。

企業によっての採用ニーズで変わってくるため一概には言えませんが、参考にしてみてください。

ここまで、ベンチャー企業への転職に適性がある方の特徴を説明してきましたが、ご自身で客観的に判断するのは難しいと思います。

弊社ではベンチャー企業への転職支援に豊富な経験のある転職エージェントが
ベンチャー企業への適性診断を行うことが出来ます。
適性が気になる方は、相談だけでも良いので、是非お待ちしております。

→【無料】ベンチャー企業への適性を判断したい方はこちら

ベンチャー企業への転職を成功させるコツ

ベンチャー企業への転職に適性のある方の特徴を説明しました。
次は、実際に成功させる為のコツを紹介します。

1. 自身のキャリアプランが明確にする

これは非常に重要です。
キャリアプランによって働く目的が明確になっている方はベンチャー企業で圧倒的な成果を出している方が多いです。

会社に頼るような行動精神では、ベンチャー企業では上手くいきません。

実際にベンチャー企業へ転職して成果を上げた人には、その後退職して、自分で起業をしたり、また別のベンチャー企業へ転職していく人も多くいます。

いずれにしてもベンチャー企業で本当に成功するのは、将来的な視点で自身のキャリアプランを描けている人だといえます。

3. 働いているところを具体的にイメージする

選考の時に、働いているところをイメージ出来ている会社には受かり易いです。

ベンチャー企業ではメンバーが一体となって同じ目標を達成するためにまだ世にない事業を展開していくことになるので、事業に対して具体的なビジョンが描けているかが大切になってきます。

もしこの部分が曖昧だと、「転職後のミスマッチが原因で早期退職してしまうのでは?」と判断され、落とされてしまう可能性が高いです。

4. ベンチャー企業を自分の目で見極める

リスクの部分でお伝えしたように、ベンチャー企業の生存率は高くないため自身の目で見極めて転職することが重要です。

ここでは生存率が高い企業を判断するための基準をいくつかお教えします。

  1. 採用に力を入れている企業かどうか
  2. 他社と明確に差別化されたビジネスモデルがある
  3. 経営者自身に魅力がかなりある

まず、採用に力を入れている企業は伸びていく可能性が高いです。

特に新卒採用よりも中途採用に力を入れている企業であればある程度利益があり、事業を伸ばせる方向に進んでいると捉えることができます。

なぜなら中途採用の方が人材採用に費用がかかるからです。

さらに、他の大手企業が真似できない何かを持っているベンチャー企業は伸びていきます。

会社の強みが何なのかを考えてみて、それが明確にはわからないようなベンチャー企業への転職はあまりオススメできません。

オススメのベンチャー企業

ベンチャー企業への転職で意識するべき事はお伝え出来たかと思います。

以上を踏まえて、ベンチャーへ転職する際にオススメの転職先を紹介します!

リクルートグループ

リクルートグループの中途採用は、「CV職(3年半の契約社員)」と呼ばれるのですが、高い営業力を身につけることができ、市場価値を上げ、年収を底上げされています。

また、他の企業とは違い、人物面を評価してもらえる為、前職の経歴などでうまくアピールが出来ないと感じている方にもオススメです。

正社員と同じ仕事の内容や幅でチャレンジできますし、営業未経験からでも年収400万円前後からのスタートが可能です。

その分、選考の難易度も非常に高いので、リクルートグループに強いエージェントを利用する事をオススメします。

リクルートグループに強いエージェント

転職エージェント
岩名地 舞コンサルタント歴 5年以上
【20代、第二新卒の方はぜひご相談ください!】
転職エージェント
寺平 佳裕 福岡県コンサルタント歴 5年以上
【九州・東京特化】 リクルート各社の案件や優良ベンチャーのご紹介を得意としております。
転職エージェント
坂本 典隆 大阪府コンサルタント歴 5年以上
【全国エリア対応中(関西・関東etc】一人一人の価値観や想いを大切にした転職支援をいたします
転職エージェント
松尾 草介 東京都コンサルタント歴 5年以上
【転職エージェントのためのエージェント】人材紹介業の転職相談はお任せ下さい
転職エージェント
藤田 克也 兵庫県コンサルタント歴 5年以上
【関西の転職に強みがあります】求人ありきではなく、働き方ややりがいを一緒に考えます。

リクルートグループの転職に興味のある方は、以下のコンテンツもオススメです。

楽天

会員ビジネスを軸とした「楽天経済圏」というビジネスモデルで、成長を続けてきた楽天。
従業員規模が1万人を超えた現在でも新しいビジネスを生み出そうとするベンチャースピリットは健在です。

コチラも非常に人気のある企業である為、採用難易度は高いです。
楽天に強いエージェントを利用する事をオススメします。

楽天に強い転職エージェント

転職エージェント
黒瀬 雄一郎 東京都コンサルタント歴 5年以上
【デジタルマーケティング・広告業界の転職に完全特化】この業界で選ばれる理由があります!
転職エージェント
三谷 岳 東京都コンサルタント歴 1年以上3年未満
【デジタルマーケティング・広告マーケティング専門特化】キャリアアップの相談はお任せ下さい!!

楽天への転職に興味のある方は、以下のコンテンツもオススメです。

その他にオススメのベンチャー企業

リクルートグループ、楽天以外にもオススメのベンチャー企業は多数あります。

弊社では上記の企業への転職支援の経験が豊富にありますので
転職をお考えの方は、是非弊社にお問い合わせください!

→転職決定率は大手の3倍!ベンチャーへの転職支援を希望の方はコチラ!

ベンチャー企業へ転職を考えている方へ

ベンチャー企業に転職する為には

「なぜベンチャーに転職したいのか?」
「魅力に感じている部分がどこなのか?」
「自分は本当にベンチャー企業に向いているのか?」

これらを一度、自らで棚卸しする作業が必ず必要です。
しかし、これらを客観的に行うことは非常に難しいですよね?

そういった場合は転職エージェントを利用する事をオススメします。

転職エージェントは多くの転職者の支援してきた転職のプロです。
キャリアの棚卸にはこういった転職のプロの目線から、客観的に行うのが非常に効果的になります。

また、ベンチャー企業は、大手企業に比べると組織的にはまだまだ未熟です。
新しい人材を採用する際にも、多くの人材を採用して育てるというやり方は出来ません。
優秀な人材をピンポイントで採用する為に、信頼できる転職エージェントに求人を託します。

その為、ご自身だけで闇雲に転職活動をしても、求人自体に巡り会えない可能性すらあります。
これでは、忙しいなか時間を割いて転職活動を進めても意味がありません。

弊社は多くの優良ベンチャー企業とのコネクションを持っており
独自の求人を多数保持しています。

また、直接社長や採用担当の人事に対して連絡を取っているため、ミスマッチを減らせるように自己分析を徹底的に行います。

最後になりますが、そもそも転職すべきか・リスクは何か・その選択を取った時のキャリアパスなども確認しながら進めますのでご安心頂ければと思います。

関連記事

 
The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

LINEでの相談はこちら↓

LINEで相談