キャリア選択で大切なことは?タイミングと注意点を紹介!

どの会社に入るか、どの業界のどの職種に就くかで、将来のキャリアが大きく変わります。転職時に最善のキャリア選択ができるかどうかは、将来理想のキャリアを築く上で非常に重要だと言えます。

今回は転職のプロが転職を考える人のために、キャリア選択において大切なこと、タイミングや注意点を紹介します。

キャリア選択とは?

キャリア選択とは、就活や転職の際に、今後どのようなキャリアを歩んでいくかを決めることです。

終身雇用として1つの会社で長く勤める働きかたから、転職が当たり前になった今、新卒で理想の会社に入れなかったとしても、そこから自分でキャリア選択をし活躍できる場所を見つけることが可能になりました。

仕事だけでなく生き方も多様化しているため、結婚や出産、移住などのライフプランを基準としてキャリア選択をする人も増えています。

一方で、キャリア選択をする前に自分の価値観や考えから大事にしたいキャリアの軸を決めていないと、転職をしても自分の目指すものや大事にしたいことがわからず、また転職をし、待遇や経験スキルが下がってしまうリスクもあります。

また、「ここでは評価されない」と会社を飛び出したものの、別の会社に行っても評価が上がらなかった、というように、自分の能力や得意なことを自己認識できていないと正しいキャリア選択ができない可能性が高いです。

このように、働く場所を変えれば必ず理想のキャリアや信頼が築けるわけではありません。

【初回相談無料】マジキャリであなたにあった納得のいくキャリア選択をしませんか?

キャリア選択で大切なこと

人生の半分以上を占める仕事を選ぶことは人生を決める決断と言っても過言ではありません。ここでは、人生に大きな影響を与えるキャリア選択において大切なこと4つをご紹介します。

  • なりたい姿を明確にする
  • 具体的すぎる目標でキャリア選択をしない
  • 企業のリサーチをする
  • 自分で自分の可能性に蓋をしない

なりたい姿を明確にする

キャリア選択は、まず自分のなりたい姿を明確にすることから始めます。理想の姿や目標が曖昧なまま安易に転職先を決めてしまうと、やっぱり自分には合わなかったとまた転職を考えてしまい、取得したいスキルや経験、評価を得ることができず、自分の理想からどんどん遠ざかってしまいます。

譲れない価値観や絶対に達成したい目標などを改めて考え、将来の理想像を言語化しておくことが大切です。

ここで注意しておきたいのが、なりたい姿を考える時に「何がしたいか」で考えないことです。何がしたいかで考えてしまうと、働きかたや、大切にしたい価値観という視点が抜けてしまい、会社でのミスマッチを起こす原因になってしまいます。

また、なりたい姿を考えるとき、自分の好き嫌いではなく、自分が得意なことは何かについて考えてみてください。好き嫌いよりも自分にできるかどうかで考えることで、活躍できる可能性が高くなり、理想の自分を実現しやすくなるからです。

自分の得意なことを知るために会社の上司や同僚、友人など第三者の評価を参考にすることはオススメです。

仕事では、本人がやりたいことよりも本人ができることのほうが評価されます。今評価されていること、よく褒められることをキャリアの軸の1つの要素にすることで、より確実なキャリア選択ができると言えます。

また、将来の理想像に近づくためには、選ぶ仕事について理解している必要があります。キャリア選択の際に転職を希望している業界や職種の内容について調べ、そこに転職することで理想に近づくことができるというロジックが通っているようにしましょう。

キャリア選択をする際に目標に柔軟性をもつ

キャリア選択をする際には、なりたい姿という目標が途中で変わる可能性があることを前提に進めましょう。時代や市場の移り変わりが激しい中で、自分のなりたい姿に向けて立てたキャリアプランが変更されてしまう可能性があります。

「これじゃなきゃダメ」というこだわりが強すぎると、思う通りにならない仕事に不満を感じてしまい、どんなキャリア選択をしても満足できなくなってしまいます。

心理学者のジョン・D・クランボルツの「計画的偶発性理論」によると、成功したキャリアの8割が偶然の出来事によって作られると言われています。この理論で抑えておくべきポイントは、「どんなキャリアを選んでも、本人の努力次第で次のキャリアにつながる 」「自分から行動することで予期せぬチャンスが舞い降りる」ということです。

キャリアはたまたま配属された部署や偶然の出会いで大きく変わることもあります。ある程度「これはこれであり」と思える柔軟性を持つことで、どんなキャリアを選択しても全力で挑むことができるでしょう。

企業のリサーチをする

目標達成に向けて最適な仕事を見つけるためには、情報量が必要になります。目標が定まっていたとしても、間違った情報や自分の思い込みでキャリア選択をしてしまうと失敗する可能性が高いでしょう。そこで、自分の行きたい業界や職種の企業をリサーチすることが重要になります。

転職活動をしていると、知名度や収入などの表面的な部分に目を止めてしまいがちです。

しかし、日本には転職サイトなどに公開されている求人以外にもたくさんの企業が存在します。自分にベストマッチする企業を見つけるためには、信頼できる友人の情報や転職エージェントなどのプロの意見を聞きながら、じっくりと探すことをオススメします。

最近はSNSで気軽に発信できる時代なので、その企業で働く人の考えや価値観を調べることもできます。

ホームページに採用資料が載っていたり、YouTubeに社員インタビューの動画が載っていたりすることもあります。

より多くの情報を集めることで会社と自分との間にミスマッチがなくなり、より良いキャリア選択ができるようになります。

また、一口に職種といっても同じ職種でもたくさんの種類があります。例えば、営業職といっても、「法人向けか個人向け」「対象とする顧客」「無形商材か有形商材」など、扱う商品から営業相手まで会社によって異なります。そのため、自分に必要なスキルがその仕事を通して本当に得られるかを理解することが大切です。

キャリア選択では自分で自分の可能性に蓋をしない

結局のところ、キャリア選択をして自分がどれだけ活躍できるかは転職をしてみないとわかりません。もちろん自分の好き嫌いを考えることは大切です。

しかし希望していなかった営業職をやってみたら、能力が開花して1年後に売り上げ1位になる、ということもあるように、辿り着いた先で花を咲かせることもあり得ます。

キャリア選択において大切なのは、自分の可能性に蓋をせず、目の前の仕事に前向きに取り組んでみることです。

また、自分の可能性を最大化させるために、周囲の客観的な意見を取り入れることもオススメです。自分よりも他人のほうがよく見えていることもあるため、最初から「これは自分に向いていない」と切り捨てず、周りからの意見を参考にすべきです。

キャリア選択に正解はなく、100人いたら100通りの選択肢があります。どんなキャリア選択であっても、正解を選ぶことよりも「選んだキャリアに全力投球し、無理矢理にでも正解にする」ことのほうが重要であることを頭に入れておきましょう。

マジキャリはプロのキャリアコーチとマンツーマンであなたのありたい姿を明確にします!

キャリア選択のタイミングとは?

転職を考える時というのは、「今の仕事では満足できない」「仕事を楽しめない」と思い始めた時でしょう。

ほとんどの場合、あなたの理想像に対して現状とのギャップにモヤモヤしている時です。「どうして今の仕事に満足しないのか?」「仕事が楽しくないのか?」を深堀して考え、自分がどんなことにモヤモヤしているのかを突き止めます。

そのあとで、今抱えている悩みに対して同僚や上司に相談をしたり、人事に異動願いを出したり、現職で解決できないかどうかを模索します。

様々な方法を考えた上で、今の会社ではそのギャップを埋めることが出来ないと判断した際が、キャリア選択のタイミングです。ギャップを埋めるために転職先を探すという基準ができるため、転職の軸が明確になり、転職先も見つけやすくなると言えます。

キャリア選択での注意点

キャリア選択でよくあるのが、「お金が欲しい」「残業したくない」などの抽象的でネガティブな理由から転職を考える場合です。

抽象的な不満をそのまま転職理由にしてしまうと採用担当に対して「この人は前職で嫌なことをただ払拭したいだけなのかな」と面接時にネガティブな印象を与えてしまいます。「お金を得て子供のために貯金をしたい」「残業を減らして趣味の時間を増やしたい」などの具体的な目的に落とし込むことが大切です。

また、「自分にはもっと輝ける場所がある」と突発的な感情で転職をすることはとても危険です。自分を過大評価せず、客観的視点から見ることが大切です。今の与えられている仕事量、上司からの評価があなたの正当な評価です。まずは同僚や上司から自分の直すべきところや課題を教えてもらい、現職でスキルアップできる方法を模索しましょう。

更に、もっとも注意すべきなのは、今の会社で経験や結果が出ていないときに転職を考える場合です。

転職の際は、あなたの現職での実績や評価を見られます。企業にとって売上は大切であり、会社に利益を生み出してくれる人材を採用したいと考えています。そのため、現状で実績が出ていない人を採用するメリットはありません。

今の会社で結果が出ていないのであれば、キャリア選択をする前に、今の会社で実績を出せるまで頑張ってみることをオススメします。

転職すべきか迷ったら、有料キャリア相談サービスマジキャリがフラットにご相談に乗ります。

キャリア選択で迷ったら

転職するべきかわからなかったり、自分のキャリア選択で迷ったら下記のサービスを使うことをオススメします。

  • 有料転職相談
  • 転職エージェント

有料キャリア相談 

有料キャリア相談サービスに相談してみましょう。有料キャリア相談サービスは転職エージェントと異なり、転職を前提としない自分のキャリアの相談を受けることができます。自己分析からキャリア設計、キャリアの実行の手伝いと幅広いサポートを転職のプロから受けることができるためオススメです。

多くの有料キャリア相談サービスは初回面談を無料で受けることができるので、是非、自分のキャリア選択の相談をしてみてください。

有料キャリア相談サービスはマジキャリがおすすめです。

マジキャリは転職エージェントも運営しているアクシスが運営しているためキャリアに関する知見が豊富にあります。

マジキャリについて詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてみてください。

キャリアコーチング

マジキャリの評判・口コミをどこよりも詳しく解説

2020-10-23

転職エージェント

キャリアの選択で迷ったら転職エージェントに相談するのも1つの手です。転職エージェントは転職を前提としたサービスになりますが、自己分析や企業の紹介、円滑に転職を進めるサポートを無料でおこなってくれます。

自分のキャリアを考えた上で、転職をすると決めた人にオススメです。

キャリア選択ならマジキャリ

ここまでキャリア選択について解説してきました。

キャリア選択は人生においても重要な決断の一つなので目先の問題で決断するのではなく長期的な目線で決断するべきです。

マジキャリは自己分析を通して長期的にあなたのありたい姿を実現するためのキャリアプランを設計します。

またマジキャリは転職エージェントも運営しているアクシスが運営しているためキャリアに関する知見を豊富に有しています。

  • やりたいことがわからない
  • 自分に自信がない
  • 転職しようか迷っている
  • やりたいことはあるがどう実現したらいいかわからない

という人はぜひマジキャリにご相談ください。

現在、初回のコーチングを無料で実施しています。

 

マジキャリ

あなたのありたい姿を実現するためにプロのキャリアコーチが徹底サポート

\ポイント/

  1. 人生の軸が定まり自信を持って生きられる
  2. 自己分析を通してあなたの本当の強みがわかる
  3. 転職を前提としないためフラットに相談できる

マジキャリ利用者の声

世の中で流行っているものに目移りすることが多かったが、本当に自分がなりたいイメージを具体化することで迷いがなくなりました!今までなんとなくしていた仕事も目的意識を持てるようになりました。
(24歳 男性)
世の中で流行っているものに目移りすることが多かったが、本当に自分がなりたいイメージを具体化することで迷いがなくなりました!今までなんとなくしていた仕事も目的意識を持てるようになりました。
                 (24歳 男性)
キャリアコーチング

マジキャリの評判・口コミをどこよりも詳しく解説

2020-10-23

マジキャリのサービスの流れ

①初回無料コーチングに申込む
以下のリンクから簡単にお申込みができます。

初回無料コーチングの後にサービスを続けて利用するかを決めることができるので、安心です。

初回無料コーチングはオンラインツールで実施
お申込後、担当から日程調整の連絡がきます。お仕事がお忙しい人向けに夜の面談も可能となっております。また、オンライン面談なので場所を選ばず実施できる点もおすすめです。

初回無料コーチングでは、プロのキャリアコーチと60分ほど面談をします。ご相談内容を元にお試し自己分析とプロのアドバイスを受けることができます。

③サポートを継続するか判断
面談中に続けていきたい!と感じられた人はその場で申し込むことも可能です。もちろん、「自分には合わなかったかも」と感じられた場合はサービス継続をしないこともできますのでご安心ください。

「転職するかどうか悩んでいる」「将来に漠然と不安を抱えている」というご相談でも、親身になって相談に乗ってくれ、あなたの悩みを整理してくれるので、初回無料コーチングは使ってみて損はありません。

The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

Twitterで転職ノウハウや市場価値の上げ方を発信中!
Twitterアカウントはこちら