初めての転職活動を成功させたい!転職活動の進め方やコツをご紹介します

初めての転職活動と聞くと、「何を準備したらいいのかわからない」「初めての転職活動だけどどうしたらいいのかな」と不安に思っている方がいるかと思います。

転職活動のコツや注意点を押さえておくことで、採用される可能性は高くなるでしょう。

本記事では、初めての転職を成功させるコツや進め方、実際に初めての転職を成功させた方の体験談を紹介します。

事前に対策しておくことで、転職後のミスマッチを防ぎながら自信を持って転職活動に挑めるでしょう。

初めての転職活動の進め方

転職活動を始める前に、準備をしておくことが大切です。

準備しないまま転職活動を進めてしまうと、どこかのタイミングでつまずいたり、スムーズに転職活動を進めるのが難しくなってしまう可能性があります。

初めての転職活動を進める際には、以下の4つのポイントを意識してみましょう。

  • 自己分析を行う
  • 自分に合った企業に応募する
  • 応募する企業について調べておく
  • 企業に合った応募書類を準備する

自己分析を行う

初めての転職活動を行う場合、まずは自己分析をしっかり行いましょう。

自己分析を行うことで、今まで気付かなかった自分の長所や短所、強みやアピールポイントなどを知ることができます。

自己分析が不足してしまうと、転職活動のあらゆる場面で以下のような悪影響を与えます。

  • スキルや経験が応募する企業に合わない
  • 具体的な自己PRを話せない
  • 的確な志望動機を作成できない

また、自己分析を行っていく最中で、ネガティブなものが出てくると思います。

しかし、ネガティブな内容をそのまま話してしまうと印象はよくないので、なるべくポジティブに語れるようにしておきましょう。

自分に合った企業に応募する

自己分析を終えたら、志望する企業に応募してみましょう。

ここでのポイントは、先ほどご紹介した自己分析を踏まえながら、自分に合った企業に応募することです。

自分に合った企業に応募しなければ、書類選考からつまずいてしまいます。

企業はどのような人を求めているのか?それに対してどのように活躍できるか?などをイメージしながら求人を探してみましょう。

効率的な求人の探し方は、以下の2つを活用することで希望に合う企業が見つけやすくなります。

  • 転職サイトを利用する
  • 転職エージェントを利用する

転職サイトを利用する

転職サイトとは、数ある求人の中から自分で企業に応募します。

利用料は基本的に無料で、気軽に数多くの求人を探せます。

転職エージェントを利用する

転職エージェントには、ネットに公開されていない「非公開求人」があり、プロのスタッフが希望に合った企業を紹介してくれます。

また、転職エージェントを利用することで、手厚いサポートが受けられます。

転職サイト経由で求人に申し込んだ場合、基本的にサポートは受けられないでしょう。

転職エージェントは自己分析から応募書類の作成や添削、面接対策といった転職活動中のほとんどの過程のサポートをしてくれます。

そのため、初めての転職活動に不安を感じている方は転職エージェントの利用をおすすめします。

応募する企業について調べておく

応募したい企業が見つかったら、目指す企業や業界ついてしっかり調べておきましょう。

  • 企業の将来性
  • 年収相場
  • 平均年齢
  • 平均勤務年数

これらを調査しておくことで、入社後のミスマッチを防げる、志望動機が明確になる、面接での質疑応答に対応するのが可能といったメリットが挙げられます。

転職活動中に気になる点があったら、しっかりと調べることが大切です。

企業に合った応募書類を準備する

応募書類には「履歴書」「職務経歴書」があり、これらを提出します。

志望する企業に合わせて書類作成できるように準備する必要があります。

応募書類は転職成功に大きくつながる部分でもあるので、しっかりとポイントを踏まえて提出しましょう。

以下は履歴書と職務経歴書の違いです。

履歴書職務経歴書
目的内定後に保管する書類選考で使う
内容保管する内容を書く書類選考に合格できる内容を書く
文量決まりに従う2枚で書く
書き方パソコン・手書きOKパソコンで書く

それぞれ詳しく説明します。

履歴書

履歴書は本人確認の書類、内定後に保管するためのものなので、選考に直接影響を与えるわけではありません。

しかし、顔写真や誤字脱字などは応募者の印象に大きく影響するので、手を抜いてしまうのはよくありません。

履歴書のフォーマットはネットでダウンロードが可能なので、自分に合った書きやすいもので作成しましょう。

職務経歴書

職務経歴書の自己PRでは、企業の求める人材やニーズに合った内容を記入しましょう。

企業の求人情報やホームページを確認したうえで、以下の要素を自己PRに付け加えてみましょう。

  • 応募企業のどのようなところに惹かれたのか
  • ポジションになぜ惹かれたのか
  • 自分の強みを応募企業でどのように活かせるか

しかし、応募書類を自分で作成する場合、「そもそも書き方がわからない」「この書き方で合っているのかな?」と不安に思う方もいるかと思います。

転職エージェントを利用することで、転職に強いプロのスタッフから直接応募書類の添削を受けられます。

初めての転職活動で不安な方や、時間のない方にとって強い味方となってくれるでしょう。

初めての転職を成功させるコツ

初めての転職を成功させるコツを押さえておくことで、成功する可能性が高くなります。

以下の3つを実行してみましょう。

  • 転職活動は退職前に行う
  • 自分が「本当に入社したい」と思う企業に応募する
  • 面接対策をしっかり行う
  • 転職活動はなるべく1人で進めないようにする

それぞれ詳しく説明します。

転職活動は退職前に行う

初めての転職を成功させるコツとして、転職活動は退職前に行いましょう。

転職活動をする際に「会社を退職して転職活動に専念したい」と思う方がいるかと思います。

しかし、退職後の転職活動は収入がない状態での転職活動や、離職期間が長いと不安になって焦ってしまう可能性があります。

その結果として、自己分析をもとに決めた軸がぶれてしまい、とにかく内定をもらえた企業に決めたり、転職活動が長期戦になってしまう場合も考えられるでしょう。

ですが、どうしても退職してから転職活動を行いたいという方は、会社の有休消化や特別休暇といった、会社の休暇制度を利用しながら進めるのをおすすめします。

自分が「本当に入社したい」と思う企業に応募する

初めての転職を成功させるコツとして、自分が「本当に入社したい」と思う企業に応募しましょう。

転職活動では、事前に準備するべきことが多くあります。

応募書類の作成や企業研究、面接対策などを準備しておかないと多忙なスケジュールに追われてしまい、本当に入社したい企業に注力できなくなってしまいます。

また、退職前に行う転職活動は、仕事との両立で時間は限られてしまうでしょう。

初めての転職活動を成功させるには、時間を上手く使うことが大切です。

面接対策をしっかり行う

初めての転職を成功させるコツとして、面接対策をしっかり行いましょう。

自己紹介や転職理由をしっかり伝えられるか、話している内容に一貫性はあるかなど、自分を客観的に見つめることが大切です。

とくに20代で転職する場合には「入社して間もないのになぜ転職しようと思ったのか」「なぜ自社にしたのか」「今後はどんなキャリアを積みたいと思っているのか」といった質問をされることが多いです。

具体的に答えられるように事前に準備しておきましょう。

転職活動はなるべく1人で進めないようにする

初めて転職活動する方は、なるべく1人で進めないようにしましょう。

明確な答えがないまま転職活動を始めてしまうと失敗してしまう場合があります。

転職に詳しい人に話を聞くことで、以下のような疑問点が明確になります。

  • 本当に転職はするべきなのか
  • どのような業界に転職すればいいか
  • どれくらいの年収を狙えるか
  • 面接では何をアピールしたらいいのか

「転職について相談する人がいない」という方は、転職エージェントのサービスを使ってみることをおすすめします。

初めての転職を成功させた方の体験談

ここでは実際に初めての転職を成功させた方の体験談をご紹介します。

実際の体験談は参考になるかと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

【20代・女性】

エステティシャン→写真館の接客スタッフ

高校卒業後に就職したのは脱毛サロンでした。転職を考え始めた理由は、プライベートとのバランスです。正直、自分の時間はとりづらかったんです。忙しいと帰宅が22時を過ぎることも多かったですし、2ヶ月に1回くらいは出張もありました。上司に相談すると、その状況をすぐに変えるのは難しいという話だったので、残念ですが別の道を考えることにしました。

いざ応募するとなると迷うことがたくさんありました。書類を作るときは「自分の思いを上手く言葉できない!」「違う意味で伝わったらどうしよう?」と迷いました。面接に呼んでもらえても、「高校時代の就活ルールとどう違うんだろう?」と不安に。動画サイトで「面接でのノックの仕方」「御礼の仕方」とかを検索して調べて、一生懸命イメージトレーニングしました。それでも当日は頭が真っ白になっちゃったりしましたけど(笑)コツコツ準備をしていたからか、最初に応募した2社からはとんとん拍子で内定を頂くことができたんです。

ただ、決めてしまって良いのかまた迷いはじめて。次の仕事もすぐに辞めるわけにはいかないし、後悔はしたくない。残った1社の候補も現場を見てみたいし、と心が揺れました。

迷ったときに思い出したのは自己分析でした。仕事探しの第一歩は自己分析だと言いますよね。もともと自分磨きにつながる心理学の本が好きで、読んだ本には「自己分析とは過去を見つめるもの」「過去のことを書き出すと自分が求めていることが分かる」と書いてあったんです。そうだ!と思い出して、ノートに書き出しながら考えました。

そうして気づいたんです。自分の軸は「話すこと」じゃない、「目の前のお客様を深く知って、喜びのために一緒に何かを作っていくことなんだ」って。そうすると、先に内定を頂いた会社は、仕事内容や働き方が少しズレているかもしれないと感じました。

今は、写真館のアシスタントをしています。担当したお子さまが笑顔になってくれて、「次もまたおねえさんに担当してもらいたい!」なんて言ってもらえると、自信につながりますね。

参考:「わたしの転職体験記」

上記の方は、自己分析をしっかり行ったことで本当の自分に合った仕事を見つけました。

自己分析は転職活動において、とても重要になります。

転職エージェントを利用するのも1つの方法なので、体験談も踏まえてぜひ参考にしてみてください。

初めての転職活動は転職エージェントを利用しよう

初めての転職活動で、転職エージェントを活用するメリットとして以下の6つが挙げられます。

  • 求人情報には記載されていない社内情報の掲示
  • 自己分析を行ってくれる
  • 自己分析・相談結果からのおすすめ求人の紹介
  • 非公開求人の紹介
  • 応募書類の添削
  • 面接対策

転職エージェントは転職に強いプロのスタッフがいます。

自分に合った転職エージェントを活用することで、あなたの転職活動に寄り添い、的確なサポートをしてくれるでしょう。

The following two tabs change content below.

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」