【旅行会社から異業界に転職】成功させるポイントとは?

あなたが旅行会社を辞めて転職したい理由はどれ?

近年、旅行会社から転職をしたいという方は非常に多いように感じます。
実際に旅行会社では3年以内に早期退職者が50%以上となる年もあるそうです。

しかし転職したいと思っても、実際に転職が成功するのかどうか不安ですよね。

こちらでは、旅行会社から異業界に転職を考えている方の理由について三点ご紹介していきます。

①営業が激務だから辞めたい

一つ目の理由は「営業が激務で辞めたい」というもの。

旅行会社は利用者が多いため、競合他社が業界にひしめき合っています。そのため営業の熾烈な争いがかなり厳しいのです。

営業周りが終わった後、翌日以降の作戦会議などがあります。それらの諸事はサービス残業が当たり前です。

また営業をかけるのは平日に限らず、土日の出勤などがあることも。そのような旅行会社の過酷な営業に疲弊して「辞めたい」、「転職をしたい」と感じる方が多いです。

②昇給がほとんどない

二つ目の理由は「昇給がほとんどない」というものです。

10年以上の勤務をしたとしても、その昇給度は微々たるものだということがざらにあります。

そのため旅行会社の仕事自体にやりがいがあったとしても、将来的な不安が理由で旅行会社を辞めたいと感じる方は少なくありません。

③ツアーコンダクターになかなかなれない

三つ目の理由は、「ツアーコンダクターになかなかなれない」というものです。

「旅行会社」にいった多くの人は、ツアーを企画して、それを提案したいという想いやそれができると思って入社されたのではないでしょうか?

ですが、実際に入ってみると、そう思い通りには行かず、ツアーコンダクターの職種になかなかつけない。

このような、状況で、このままだと自分の思っていた仕事ができない、やりがいが感じられないと辞めたいと感じる方も少なくありません。

上記の理由で旅行会社から転職を検討している方へ

次に、旅行会社から転職したいと検討している方に向けて、ここでは具体的な理由を元に実際にどのような転職が良いのか、またはそれに向けてどのような行動をすべきかなのかを早速ですがお伝えします。

先ほどお伝えしましたが、旅行会社から転職したい方の理由としては主に3つです。

  1. 営業が激務だから辞めたい(仕事面)
  2. 昇給がほとんどない(給与面)
  3. ツアーコンダクターになれない(やりがい)

それぞれの理由ごとに、どうすべきなのかお伝えします。

①営業が激務だから辞めたい(仕事面)

旅行会社の営業としても、主に二つあります。

  1. 窓口対応等(個人営業)
  2. 旅行の際に利用する航空会社への営業(法人営業)

激務としては、休日も仕事があり、休みが不定期であったりと過酷な環境に「辞めたい」と感じる方がいます。

どのようなところにまず、いけるのでしょうか?

一つとして、人材業界やインバウンド業界があります。

理由としては、「旅行のパッケージ」は3万~と単価が高いという点においてビジネスモデルとしての親和性が高いからです。

ですが、もし前職での経験が1~2年の場合、「転職しない。」という選択肢も視野に入れたほうがいいでしょう。

なぜなら、短期間での経験で辞めてしまうと、企業側から、まだ経験が身についていないという認識や「すぐ辞めてしまうのでは?」という目線でみられてしまいます。
これでは、あなたのキャリアに傷がついてしまいます。

もし、その状況を知った上でも、「転職」を意識してしまう場合は、すぐに踏み込むのではなく一度、転職エージェントにキャリア相談することをオススメします。

転職エージェントは、転職のプロとしてあなたのキャリアプランに沿った転職を支援してくれます。

また、そもそも転職をするべきかどうか?と言ったところからアドバイザーに相談ができます。

アドバイザーへのご相談は無料ですので、少しでも転職を考えている方は下記より相談をして頂ければと思います。

②昇給がほとんどない(給与面)

昇給等の給与に不満を抱える人もいるでしょう。
給与を上げれる選択肢としては、二つです。

  1. 営業職として異業界に転職する
  2. 大手以外の旅行会社にいる場合、大手にいく

ただ、異業界等の未経験でいく場合、最初は給与が低くなることが大半です。

また、どこにいけば給与があがるのか、ご自身では分からないと思います。
これでは、どこに行けばいいのか?どうすればいいのか?分からないですよね。

さらにいえば、「給与」を理由に転職する場合、多くの確立で転職後に失敗します。

なぜなら、「給与が上がるかどうか」という指標でしか見えていないからです。

給与以外の仕事環境であったり、激務等を考慮しても、「給与」が一番重要なのか?

それらのリスク想定を踏まえて、一度考える直す必要があるでしょう。

考え直す手段として、給与の相場観やリスク想定を踏まえたキャリアに詳しいプロに相談するのも一つの手です。

③ツアーコンダクターになれない(やりがい)

ツアーコンダクターに全然なれず、転職を考える方もいるでしょう。

ツアーコンダクターと類似した仕事としては、2つです。

  1. ホテル業界
  2. ツアーコンダクターの派遣

ホテル業界ですと、確かに「観光地」に触れられたりと、ツアーコンダクターの搭乗員と類似して、このような選択肢もあるでしょう。

ただ、懸念としては賃金が低く、休日も不定期と旅行会社と同じ環境になりやすいです。

ですので、あくまで「やりがい」という面での選択肢としてはありでしょう。

また、ツアーコンダクターの派遣ですが、現状派遣業務になりますと外国人の採用がメインとなっています。

なので、もし志望される場合は語学力があるかどうかが、勝負となっておりハードルが高いのが現実です。

ですので、ツアーコンダクターになれないという現状なら、ツアーコンダクターになるという考えだけでなく他の選択肢も視野にいれる必要があります。

  1. 「なぜ、ツアーコンダクターがいいのか?」
  2. 「なぜ、やりがいを重視しているのか?」
  3. 「やりがいなら、どのようなやりがいなのか?」

そのためには、

上記を、今一度ご自身で考える必要があります。

ただ、考えるにしても、このようなことを考えたことがない場合、どうやったらいいのか?分からない方も多いでしょう。

それらの、キャリアを見つめる支援として、転職エージェントがあります。

転職エージェントは、転職支援のプロとしてあなたのキャリアに沿って方向性を一緒に考えてくれます。

ただ、転職エージェントは経験や専門スキルがピンキリなのが事実です。

ですので、転職エージェントは2~3社ほど相談してみて、ご自身にとって最適なエージェントをご活用されるのがいいでしょう。

転職エージェント末永
転職エージェント末永

弊社、すべらないキャリアエージェントでは、転職者の相談に乗るCA(キャリアアドバイザー)と企業の採用の相談に乗るRA(リクルーティングアドバイザー)を兼任しています。


そのため、両方の特徴を把握した上での求人の紹介ができるという強みがあり、実際に書類選考通過率は大手の6倍、内定率は4倍と圧倒的なサポート力が特徴です。

旅行会社から他職種に転職することは可能か?

次に、一般的に旅行会社から異業界に転職することが可能かについて解説をしていきます。ここで論点となるのは以下の点です。

  1. 年齢が何歳ぐらいか
  2. 異業界で生かせるスキルがあるか

以下の二点について詳しく見ていきましょう。

1.年齢が何歳ぐらいか?

転職を可能にする要素の一つは年齢です。

やはり中途採用となると、転職先は若い求職者を優先して採用する傾向にあります。

これはどの転職のケースでもそうです。若い社員であれば中途採用だとしても、教育的投資の価値が高まるからです。

そのため転職の可能性の基本として、年齢が関わってくるということを知っておいてください。

未経験業界・職種であれば20代までが相場になります。

30代以降は自身のスキルを活かせる転職先を選ぶようにされるか、転職せず役職を目指す方が市場価値が上がりますので、安易に転職しないよう方が良いと感じます。

2.異業界で生かせるスキルがあるか

次に転職を可能にする要素は、転職先で生かせるスキルがあるかどうかです。

結論、実績です。

「営業利益」や「目標達成」など具体的な実績が必要になります。

成果を出した経験やプロセスがあれば他の業界でもアピールポイントになるので、具体的な実績がないのであれば転職はせず、踏みとどまることをオススメします。

旅行会社から転職の際に気をつけるべきこと

旅行会社からの転職が失敗に繋がる行動

旅行会社から異業界に転職をする際にありがちな失敗パターンは、「とにかく異業界に行けばマシになる」という誤解をしてしまうということです。

旅行会社の中では「この業界は、異業界と比べて過酷だ」という思いが蔓延しています。

その思いは間違っていません。

しかしその思いだけを持って転職をすると自分に適切な転職先を選べない可能性があります。

そのため転職をしたとしても「思っていた仕事と違った。」と転職先に幻滅をして、再び転職をするという方も少なくありません。

旅行会社からの転職を成功に繋げるためにするべきこと

上記の失敗に繋がる行動をしないことが成功に繋げるための行動です。

旅行会社から異業界に転職をする際には必ず「何が嫌で転職をするのか」「転職先で何がしたいのか」の二点についてしっかりと押さえておいてください。

そして転職時には、この二点を重視して転職先の企業選びをしましょう。

その上で、自分の市場価値を知りましょう。

失敗する多くの方は、自分に自身があり、自信の市場価値や相場や価値を知らずに転職活動をする方です。

思った以上に自分よりスキルが経験がある方って多いですが、そう考えることってなかなかいないんですよね。

では、実際に上記の2点を考えて下さいと言われても、正直どうやったらいいか分からないですよね。

もし、早急な転職をお考えではなかったら

ただ、早急に転職は考えていない方もいらっしゃいます。

先ほど、「転職エージェントは経験や専門スキルがピンキリなため、2~3社相談するのがいいとお伝えしました。」

転職を早急に考えていないのに、転職エージェントにそれも複数相談する時間を掛けたくない。

このような方もいらっしゃると思います。

ですが、現段階で少しでも検討したということは、今後転職について考える必要がでてくる可能性があります。

そのためには、転職やキャリア形成について情報収集する必要があります。

では、どこで情報収集したらいいのでしょうか?

もちろん、ご自身で検索等で探すことも可能ですが、それですとあなたの事前に知っている情報だけでしか深掘ることはできない可能性があります。

弊社では、幅広い転職の情報知識やキャリアの在り方について触れて頂きたく、line@で転職のコラムを日々更新しています。

ですので、朝の通勤時間等に気軽に見て頂ければ、「転職」という意思決定が来た際に、あたふたすることはないでしょう。

→LINE@の追加はこちらから!

旅行会社からの職種・転職先は?

旅行会社から転職する際の主な職種や転職先を紹介します。

ご支援の実績をお伝えすると「不動産業界」「広告業界」「人材会社」や「インターネット業界」「インバウンド業界」の営業職が多い印象です。

営業で培った交渉能力・コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力は、活かすことができますし、「数字」という部分で実績を出さなければならないので、転職が可能です。

また旅行業界から転職を希望する方は、リクルートへの転職が人気です。

弊社がリクルートへの支援に強みがある(代表が元リクルート出身で弊社での支援実績がかなりある)ことも理由の1つですが、理由としては…

  • 経験が少なくとも人物で見てくれる
  • その後のキャリアアップに繋がる

ほとんどの企業は、スキルや経験を重視するのですが、リクルート社では「人物」を高く評価してもらえるため、飲食から転職する際に「営業経験ないけど高いレベルの会社で経験を積みたい」という方にはおすすめです。

蛇足になりますが、リクルートの中途採用は、「CV職(3年半の契約社員)」と呼ばれるのですが、高い営業力を身につけることができ、卒業後(契約満期の社員をそう呼びます)は企業や大手広告代理店・外資企業・人材業界などへ転職をされ市場価値を上げ、年収を底上げされています。

契約社員ではありますが、自身のステータス・ブランドになることからキャリアアップに繋がります。

そういった意味で良い環境にはなりますが、非常に選考は厳しいのでしっかりと対策をしないければなりません。

これは、リクルートだけでなく全ての会社に対して言えることです。

中途採用は、即戦力採用であり、採用枠が決まっています。ライバルは自分より経験が豊富な場合も多いため、自分を採用担当にアピールし、売り込まなけばなりません。

残念ながら誰でもできる仕事は、どんな方でも採用されてしまいます。市場価値を高めるためには一定努力が必要であり、それだけ採用基準が上がります。

そういった意味でご自身で転職活動をされるのも良いですが、実績や経験が豊富な転職エージェントの力を借りながら市場価値を上げるのも良い方法だと思います。

また、激務とされる旅行会社からの転職を希望される方には「転職活動にまわす時間がなかなか取れない」という方が多いと感じます。

ただでさえ忙しい中、転職活動に手をつけることで本業に影響が出たり、満足に自己分析をできずに書類審査でお見送りになることも珍しくはありません。

そんな時間がない方にも、転職エージェントはオススメだと言えますね。

旅行会社からの転職を検討されている方へ

旅行会社からだけではなく、全ての転職を検討されている方は大きく2種類に分けられます。

「キャリアアップ」のための転職か、「現職を離れる」ための転職です。

キャリアアップといった前向きな転職を考えている人は、比較的簡単に志望動機を書けると思います。ですが、とにかく今の仕事が嫌だ、と不満を持って転職を考えている方は中々志望動機を考えにくいのではないでしょうか?

また、そういった後ろ向きな転職を考えている方は、現職に様々な不満があると思うのですが、実際に転職をしたとしてその不満は解決されるのでしょうか?

後ろ向きな理由で転職を考えている方にとって、障害となるのが「志望動機」と「企業とのミスマッチ」です。

現職に不満を持って転職をするのに、転職先で同じ問題が起きるようでは本末転倒ですよね。

転職エージェントなら、転職者の方に丁寧なヒアリングを行い、そもそも転職をするべきか?ということからご案内させて頂きます。
その上でもし転職を希望するのであれば、あなたの希望に合う企業をご紹介し、志望動機や面接対策などをお手伝いします。

また、転職エージェントを利用するメリットは他にもあります。

転職エージェントは求人サイトからあなたに合う企業を探したり、エントリー書類の準備や企業との日程調整といった手間のかかる作業を代行してくれます。
なので、激務になりがちな旅行会社勤務の方でも働きながら転職活動を行うことができます。

自分がそもそも転職するべきか悩んでいる方、転職するとしてどのような業界が自分には向いているか知りたい方は、ぜひ無料で相談ください。

弊社エージェントのポイント

❐企業とのつながりが密で豊富な情報を保有
❐企業別の徹底した選考対策が可能
❐書類通過率は大手の6倍、内定率は4倍

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

\ポイント/

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

 

doda

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

\ポイント/

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

【転職関連記事】

営業職から転職はできる?転職理由やキャリアチェンジを成功させるコツを紹介!

2018-10-25

転職エージェントとは?転職サイトとの比較やサービス内容を徹底解説!

2019-02-06

【グランドスタッフから転職】 CAより書類通過が高い理由

2018-11-05

30代子持ち女性の転職・復職は可能?若い女性に負けないアピール方法!

2018-09-11

【事務職から転職】 キャリアを活かした失敗しない転職方法とは?

2019-03-07
The following two tabs change content below.

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」