店長職からの転職は成功しやすい?辞めたいと思う理由やおすすめの転職先を解説

店長として働いていても、店長だからこその悩みは尽きません。業界に関わらず、店長職として働く人が抱える共通の悩みもあり、辞めたいと思う理由も似ています。

しかし、店長職からの転職は成功しやすいのでしょうか?

店長職からの転職を成功させるためには、店長の経験から得られるスキルやおすすめの転職先を理解しておく必要があります。

今回の記事を参考にすれば、店長職からの転職について市場を理解でき、転職するかどうか正しく判断できるでしょう。

店長職からの転職は成功しやすい?

店長職からの転職は、他の職種からの転職に比べて成功しやすいです。店長職では、経験できないことを経験している人も多く、貴重な人材となります。

特に、人材管理を実践の場で経験している店長職は、管理側の人材として即戦力になるでしょう。若い年齢のポテンシャル採用を中心としている採用でなければ、教育コストもかからないため店長職の採用は有利になります。

店長職から転職しようと考えている人は、店長としての経験を活かしやすい職種へ転職するのかおすすめです。

店長を辞めたいと思う理由

店長職を辞めたいと思う代表的な理由は、下記の3つです。

  • 長時間労働が辛い
  • ノルマや社員の管理などの責任が重い
  • 嫌われ役になるのがストレスに感じる

店長職は、立場や業務内容が一般的な社員とは異なります。状況が異なれば悩みも異なるため、職種に関係なく似た悩みを抱えています。

店長職を辞めたい理由によって、転職活動時に注意すべきポイントも異なるため、事前に把握した上で転職活動を進めましょう。

長時間労働が辛い

店長職では、長時間労働が辛いため辞めたいと思う人がいます。店長職は、店舗を任されるため、シフトで空きが出れば店長が入らなければいけません。

時々なら仕方ありませんが、人材不足が常態化しており、店長が常に働いているケースも多いです。すると、身体的疲労だけでなく、精神的な疲労にも繋がってしまうでしょう。

責任感が強い店長ほど「自分が何とかしなければ」という思いが強く、長時間労働が辛いと感じやすいです。店長職として長時間労働が辛いと感じるなら、転職時には労働環境が整っている職種への転職をおすすめします。 

ノルマや社員の管理などの責任が重い

店長職では、ノルマや社員の管理などの責任が重いことで、辞めたいと感じる人もいます。店舗の店長が最も偉いわけではなく、本部の人間に売上目標を管理されていることも多いです。

クリスマスや年末年始などは、ノルマが増えることが多く、目標を達成できなければ売れ残りは買い取らなければいけないこともあります。ノルマだけでなく、社員からのクレームも発生しないように管理するのも店長の役割となるため、責任が思く精神的疲労に繋がりやすいのも原因の1つです。

責任が重いことをストレスに感じているなら、役職がない職種へ転職するのがおすすめです。事務職や経理職なら、ノルマを抱えずに仕事ができるでしょう。 

嫌われ役になるのがストレスに感じる

店長職では、嫌われ役になるのをストレスに感じ、辞めたいと思う場合もあります。店舗の中での最高責任者は店長となるため、社員のミスは店長が責任を被らなければいけません。

また、店舗の売り上げが下がっていたり本社へ苦情やクレームが入ったりした場合には、店長が叱責を受けることもあります。時には、理不尽に怒られてしまうこともあるでしょう。

店長は、中間管理職的な立ち位置になることも多いです。上と下からの板挟み状態となることに、ストレスを感じる場合もあります。

嫌われ役になることを理由に転職を考えているなら、店長職以外の職種へ転職すれば、似たような悩みを抱えずに働けるでしょう。 

店長の経験があるからこそ活かせるスキル

店長の経験があるからこそ活かせるスキルは、下記の3つです。

  • ビジネスマナー
  • マネジメント能力
  • 経営者的な考え方

店長を経験していれば、普通に働いていたらできない経験もできます。経験は強みとなり、転職後に様々な場面で活かせるでしょう。

店長としてどんな経験をしたのかを分析しておけば、転職活動でも面接官に好印象を与えやすくなるためおすすめです。

ビジネスマナー

店長の経験があれば、ビジネスマナーをアピールできます。ビジネスマナーは社会人として基礎中の基礎であり、どんな場面でも必要です。店長として働いた経験があれば、販売員よりも正しいビジネスマナーが身に付いているでしょう。

また、定期的な社内外での会議を通して、高度なビジネスマナーが自然と身に付きます。新入社員でなければ、ビジネスマナーを1から学ぶということは少なく、学びたくても学べない人も大勢いいます。

正しいビジネスマナーが身に付いていなければ、不採用となる可能性もゼロではありません。店長経験の有無は、ビジネスマナーがしっかりしていることを裏付ける根拠にもなり得るためおすすめです。

マネジメント能力

店長経験があれば、マネジメント能力も転職時に活かせるスキルとなります。マネジメント能力とは、管理能力のことであり、店長なら人材管理も行っています。事業をスムーズに進めるためには、人をまとめる能力が必要不可欠です。

例えば、店舗の売り上げを伸ばすためには、販売員に効率的に働いてもらう必要があります。効率的に働いてもらうためには、適材適所で人員を配置するだけでなく、販売員のモチベーションも保たなければいけません。

店長として安定した店舗運営ができているということは、人材マネジメントも適切に行えているということです。マネジメント能力は、経験によって徐々に身に付けることもできますが、時間がかかります。

スキルの習得までに時間がかかる点から、転職市場では即戦力として求められるスキルの1つです。

経営者的な考え方

店長として働いた経験があれば、経営的な考え方を活かせます。店舗の運営全てを店長だけが行っていなくても、全体的な方針の決定や売り上げ管理は店長がしていることも多いです。

店舗を経営していくことは、小さな会社の経営やプロジェクトの信仰を管理することと考え方が似ています。つまり、経営者的な考え方ができれば、管理職的な役割を担うこともできるということです。

例えば、近くの店舗との競争に勝とうと思った時に、店長として地域の特性を考えた上で施策を行うでしょう。経営者的な考え方ができなければ、 商品やサービスの改善を行う程度しかできず、根本的な解決には繋がりません。

管理職的な立場は転職市場でも貴重であり、即戦力として採用される可能性も高まります。

店長からの転職でおすすめの転職先

店長からの転職でおすすめの転職先は、下記の3つです。

  • 別業界の店長職
  • 人事職
  • 営業職

店長からの転職で上記に転職すれば、店長としての経験やスキルを活かしやすいためおすすめです。dodaの「平均年収ランキング(165職種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】」やindeedの「日本の人事・労務の平均年収・給与」よると、上記の平均年収は下記の表の通りです。

職種

平均年収

別業界の店長職

385万円

人事職

466万円

営業職

435万円

店長としての経験を活かせる職種の中でも、職種によってばらつきがあります。平均年収や仕事内容、求められるスキルなどを考えた上で転職を検討することが大切です。

別業界の店長職

転職後も店長としての経験を活かしたいなら、別業界の店長職がおすすめです。別業界の店長職へ転職すれば、業界は変わっても求められるスキルはほとんど同じです。

具体的には、マネジメント能力や数字の管理能力、経営者的視点での考え方が挙げられます。

別業界の店長職への転職を希望するなら、アパレル業界やコンビニなど比較的参入しやすい業界がおすすめです。フランチャイズを利用すれば、簡単に店舗のオーナーになることもできるため、今までの経験を活かせるでしょう。

ただ、現在の店長職を辞めたい理由が「店長には付き物の理由」なら、別業界でも店長職への転職はおすすめしません。業界を変えることで解決できる悩みの場合には、別業界の店長職でも転職を成功させられるでしょう。

人事職

店長としての経験を活かすなら、人事職への転職もおすすめです。店長は、売り上げ管理だけでなく、社員の管理も行います。社員の管理を行うためには、マネジメント能力が必要不可欠であり、人事職にも活かせるでしょう。

例えば、社員が退職相談を申し出た場合に、無理に引き留めるのではなく意見を尊重しつつ、最適解を導き出すことが可能です。

人事職は、採用だけすれば良いのではなく、採用後のアフターフォローや費用対効果なども考えなければいけません。店長として働いた経験があれば、様々な視点から社員を管理する能力も身に付いているため、人事職として経験を活かしやすくなります。

営業職

転職後も店長としての経験を活かしたいなら、営業職もおすすめです。店長は、言われたことだけやれば良いわけではありません。常に先を考えて、顧客が何を求めているのかを理解した上で適切な対策をする必要があります。

営業職では、顧客が本当に抱える悩みを引き出し、最適な商品やサービスを販売する仕事です。販売するだけなら、口が上手くクロージング能力があれば問題ありません。

しかし、本当の目的は、商品やサービスの購入を通じて顧客に満足してもらうことです。店長を経験していれば、本当に求めているものは何なのかを分析し営業ができるため、顧客に合った商品やサービスを届けられます。 

店長としての経験は転職に活かしやすい

店長として働いた経験は、貴重な経験となります。同業界で働いた人は多くても、店長職を経験したことがある人は少ないです。

店長職を経験した人にしか得られないスキルもあり、どんな業界へ転職しても幅広くスキルを活かせるでしょう。店長を経験して得られたスキルは、転職しても即戦力として活躍できる可能性が高いです。

店長職からの転職を検討しているなら、スキルを活かしやすい職種へ転職しましょう。即戦力として働くことができれば、年収アップにも繋がる可能性が高いためおすすめです。

転職エージェント末永
転職エージェント末永

弊社、すべらないキャリアエージェントでは、転職者の相談に乗るCA(キャリアアドバイザー)と企業の採用の相談に乗るRA(リクルーティングアドバイザー)を兼任しています。


そのため、両方の特徴を把握した上での求人の紹介ができるという強みがあり、実際に書類選考通過率は大手の6倍、内定率は4倍と圧倒的なサポート力が特徴です。