リクルートへの転職は厳しい?転職エージェントを利用した方が転職成功率が上がる理由

上場企業で人気が高いリクルートですが、リクルートへの転職は簡単ではありません。他の企業への転職に成功した経験がある人や実績がある人でも、リクルートの採用基準に合わなければ不採用となる可能性が高いです。

反対に、実績やスキルが足りなくても、適切な対策を行うことができればリクルートへ転職できる可能性を高められるでしょう。

今回は、リクルートへの転職が難しい理由や転職を成功させるためのポイントについて解説します。リクルートが求める人物像や採用基準を理解して、適切な対策をした上で選考に臨みましょう。

リクルートへの転職は厳しい?

リクルートへの転職難易度は、通常の転職よりも難易度が高いと言われています。リクルートの中途採用では、書類選考ではなく面接が重要視され、他の企業の面接とは異なる点で判断されることも多いです。

そのため、他の企業への転職はうまくいく人や実績があったとしても不採用となる恐れもあります。

以上の理由から、リクルートへの転職は厳しいと言われているため、過去の転職者の成功例をもとにポイントを押さえて転職活動を行いましょう。

リクルートはなぜ転職の人気が高いのか?

リクルートへの転職人気が高い理由は下記の2つです。

  • 成長しやすい環境で仕事ができるから
  • 起業をするために様々なことを経験できたり仲間を見つけやすいから

リクルートへ転職すれば、他社では経験できない仕事内容だけでなく、人間関係や環境で仕事ができます。そのため、給料や待遇面だけでなく、リクルートの環境に身を置いて成長したいという人におすすめです。

成長しやすい環境で仕事ができるから

リクルートへの転職が人気となっている代表的な理由が「成長できる環境だから」です。リクルートの社員はモチベーションが高く、将来は起業を考えている人も大勢います。

リクルートで経験を積むことができれば、経験やスキルが身に付けられます。また、キャリアアップにも繋がるため、起業だけでなく他の企業へ転職しやすくなるのも人気が高い理由の1つだと言えるでしょう。

起業するために様々なことを経験でき仲間を見つけやすいから

リクルートへの転職が人気となっている理由は、起業するために様々なことを経験でき仲間を見つけやすいからです。リクルートでは起業する人が多く、将来は起業するつもりで入社する人もいます。

リクルートで働けば、一般企業では経験できない仕事を経験できる可能性が高いため、起業に役立たせたいという理由で入社する人が多いと考えられるでしょう。

また、元から1人で起業することを前提にリクルートへ入社していても、リクルートで働く中で起業仲間を見つけて一緒に起業する人も多いです。

以上のように、リクルートへ入社すれば様々な経験や発見ができることが、リクルートへの転職が人気となっている理由と言えるでしょう。

転職エージェントを利用した方がリクルートへ転職しやすい理由

転職エージェントを利用した方が、リクルートへの転職成功率が上がります。転職エージェントを利用した方が転職成功率が上がりやすい理由としては、下記の3つが挙げられます。

  • 採用難易度が高く転職しづらいから
  • 自己分析がしやすくなるから
  • 過去の転職ノウハウを知ることができるから

初めて転職活動を行う人やどうしてもリクルートへの転職を成功させたい人は、転職エージェントを利用して成功率を少しでも高めましょう。

採用難易度が高く転職しづらいから

転職エージェントを利用した方がリクルートへの転職成功率が上がる理由は、採用難易度が高く転職しづらいからです。採用難易度が高いのは面接での判断基準以外にも、転職希望者が多かったり他の企業とは対策方法が異なったりするからです。

しかし、転職エージェントをうまく活用すれば、転職活動時の相談に乗ってもらうことができアドバイスも受けられるため、客観的な部分から自分を見つめ直すことができるでしょう。

自己分析がしやすくなるから

転職エージェントを利用した方がリクルートへの転職成功率が上がる理由は、自己分析がしやすくなるからです。自分で自己分析をしようと思っても、自分では気づかない長所や短所がわからなかったり、自己分析のやり方が間違っている可能性もあります。

転職エージェントを利用して自己分析のサポートを受ければ、適切な方法で自己分析を行うことができるため、今まで気がつかなかった部分に気がつくことができるでしょう。

過去の転職ノウハウを知ることができるから

転職エージェントを利用した方がリクルートへの転職成功率が上がる理由は、過去の転職ノウハウを知ることができるからです。転職エージェントには、様々な転職希望者がおり、成功例も失敗例も存在します。

過去には、リクルートへの転職に成功した人と失敗した人もいる可能性が高いため、どのように対策すればリクルートへ転職しやすいかを判断できるでしょう。

リクルートへの転職を成功させる3つのポイント

リクルートへの転職を成功させるポイントは下記の3つです。

  • リクルートが求める人物像を理解する
  • リクルートの採用基準を理解する
  • リクルートへ入社したい理由を明確にする

他の企業への転職では好印象を与えられた対策をしても、リクルートへの転職では思ったような効果が得られない場合もあります。そのため、リクルート特有の対策を行うことで、転職を成功させやすくなるでしょう。

リクルートが求める人物像を理解する

リクルートへの転職を成功させるポイントの1つが、リクルートが求める人物像を理解することです。リクルートが求める人物像の具体例は下記の通りです。

  • 明るくてやる気がある人
  • 自責思考型であり他責思考にしない人
  • 論理的かつ合理的な考えができる人
  • キャリアプランが明確な人
  • 素直で柔軟性が高い人

リクルートでは、面接を重要視しており、中でも人物像に判断基準として重きを置いています。上記に当てはまるような人物でなければ転職に成功する可能性は低いため、選考前に理解しておきましょう。

リクルートの中途採用平均年齢を理解する

リクルートへの転職を成功させるためにも、リクルートの中途採用における平均年齢を理解しておきましょう。リクルートの中途採用で転職している平均年齢は「24〜32歳」です。

リクルートは、人物像だけでなく将来性も見極めて採用するため、平均的に若い人を採用する傾向にあります。平均年齢以上での転職を考えているなら、職務に関係する専門的な知識や経験、実績をアピールすることが重要です。

そのため、比較的若い人でなければリクルートへの転職は難しいと言えるでしょう。

リクルートへ入社したい理由を明確にする

リクルートへの転職を成功させるためには、リクルートへ転職したい理由を明確にすることも重要です。リクルートへ転職したい理由が明確でなければ、やる気や意欲も選考で伝わりづらくなってしまうため、転職成功率が下がってしまいます。

リクルートの求める人物像でも、やる気や考え方に重きを置いていることがわかるため「どうしてもリクルートへ入社したい」ということを、根拠をもとにアピールしましょう。

リクルートへ転職する際は考え方に注意

リクルートへ転職する際には、考え方に注意しましょう。リクルートは他のベンチャー企業や中小企業とは規模感が異なるため、仕事の進め方だけではなく仕事をする上での考え方も異なります。

例えば、一般的な企業だと予算が余っていても全部使い切るということはしません。しかし、リクルートは大企業であり予算が潤沢なため、余っていると「他に有効な使用用途はないか」と考えることもあります。

上記はほんの一例ですが、他にも考え方で異なる部分は多々あるため、前職での常識を持ち込まずにリクルートでのやり方を早めに覚えられるように努力が必要です。

リクルートの面接でよく聞かれる質問

リクルートの転職でよく聞かれる質問は下記の3つです。

  • 入社後に何年働いて将来は何をしたいのか
  • なぜ現在の会社を辞めようと考えているのか
  • どのような基準で転職先を決めたか

入社後に何年働いて将来は何をしたいのか

リクルートの面接では、入社後に何年働いて将来は何をしたいのかを質問で聞かれることが多いです。どのくらいリクルートで働こうと考えているのかや将来は何をしたいのかによってリクルートが求める人物かどうかを判断しています。

リクルートでは、終身雇用よりも独立することを推奨しているため、独立したいと答えたからと言って不採用となるわけではありません。

しかし、論理的に伝えられなかったりなんとなくリクルートにずっと在籍していたいなどの理由だと不採用となってしまう恐れがあります。そのため、リクルートが求める人物像に沿った形で回答できるように対策しておきましょう。

なぜ現在の会社を辞めようと考えているのか

リクルートの面接では、なぜ現在の会社を辞めようと考えているのかも質問で聞かれる可能性が高いです。転職理由の内容によって、すぐに退職しないかどうかや入社後に活躍できる人材かどうかを見極めています。

また、前職に対して不満を漏らすことは問題ありませんが、完全に他責思考での不満だったり対策するために実際の行動が伴っていないと自責性が判断できません。

リクルートは、自分で考えて動ける人間を求めている傾向が強いため、転職理由を答える際にも他責思考とならないように注意しましょう。

どのような基準で転職先を決めたか

リクルートの面接では、どのような基準で転職先を決めたのかも質問で聞かれることがあります。リクルートへの転職を成功させるポイントでも解説した通り、リクルートでなければいけない理由を明確にしていないと、面接官に熱意が伝わりづらいです。

実績や能力よりも人間性や人物像を重要視しているリクルートの選考では、やる気や熱意を根拠を用いて説明できるほど転職成功率が高くなります。

その場でいきなり聞かれて答えると、曖昧な基準で判断したと思われる可能性が高いため、事前にリクルートを選ぶに至った基準を用意しておきましょう。

リクルートへの転職では転職エージェントを活用しよう

リクルートへの転職では、どのように対策するかで転職に成功できるかどうかが大きく異なります。特に、他の企業への転職に成功したことがある人でも、リクルートへの転職が失敗する場合も多いです。

少しでも転職成功率を上げるためには、転職エージェントを活用して、過去のノウハウや事例を確認しておきましょう。情報収集を徹底的に行った上で適切な対策を行えば、転職に成功する可能性を高められるでしょう。

The following two tabs change content below.

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」