転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

サニーサイドアップキャリアへの転職、エージェントは利用すべきでしょうか?

  • 1回答
  • 0役にたった

現在、サニーサイドアップキャリアへの転職を考えています。自主で応募するか、エージェントは利用すべき迷っています…

現在、サニーサイドアップキャリアへの転職を考えています。自主で応募するか、エージェントは利用すべき迷っています…

エリア:東京都
業 界:総合広告・SP・PR代理店・制作会社 / WEB・広告系
職 種:その他営業関連職 / 営業・販売

もっと見る


2019/06/17Q:4896

cgd_user_601さん
(質問者:28歳)

転職エージェントの回答

2019-07-02 16:42:18

ご質問ありがとうございます。

知見がございますので、早速回答させて頂きますね。

転職エージェントの私がお伝えするのも変な話ですが、転職の成功確率を高めるためにぜひ、転職エージェントを利用をぜひご検討頂ければと思います。

ポジショントークではなく、理由としては、求人サイトや会社HPから直接応募するのも良いかと思いますが、面接対策だけではなく、エントリー書類の準備から適性やケーススタディの対策、企業と面接調整のやりとりまで自分ですべてしなくてはなりません。

現職を続けながらの転職活動の場合は、転職活動に割ける時間が少なくなるため対策や準備が満足にできないまま面接に臨んでしまい、お見送りになことも珍しくありません。

また、面接対策だけではなく、履歴書・職務経歴書の添削や企業との面接日程の調整などもエージェントが代わりに対応するため、負担が減るという点で、転職エージェントをオススメする理由の1つです。

そして一番のメリットはお見送り理由がわかる事です。

通常は「ご期待に添えない形となり…」となりますが、転職エージェントは企業の採用支援を手伝う役割があるため、何が不採用だったのか原因を知ることができます。

面接でどこがダメだったのか、原因が分かれば次に繋げることができます。その改善を行うことで面接の採用角度を上げることができ、内定率を上げることができます。

そういった意味で転職エージェントを利用することで内定率を最大化することができ、対策をすることができます。


とはいえ、デメリットとしては、キャリアアドバイザーによって経験やスキルに差があることです。
エージェントによっては、偏った求人の提案をされたり、必要以上にプッシュされたり、大量の求人しか紹介されないケースもあります。

そのため、大手エージェントや特化型のエージェントを
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

また、大手エージェントでは求人数を増やすために転職相談の担当者と企業担当を分業しております。
そのため、サービスの質や企業の裏側まで熟知することは難しいという特徴があります。

弊社の場合は、担当を分業しておりませんので、企業のリアルな部分や魅力をしっかりとアピールできるといったサービスの質でメリットがございます。
反面、求人数ではお力になれないケースも一定あるかと思いますが、1つの選択肢としてお気軽にご相談頂ければと思います。

ご参考になれば幸いです。

相談カテゴリ