【組み込みエンジニアの転職】将来性・キャリアパスを徹底解説!

世間一般的にはあまり馴染みのない職種で、組み込みエンジニアという職種があります。

名前の通りエンジニアであることは間違いないのですが、『組み込み』という言葉が入っているため、求職者からすると『?』となるかもしれません。

この記事を読んでいる方はすでに組み込みエンジニアの方だと思いますが、言葉の定義をしておきます。

組み込みエンジニアとは、家電製品であるテレビや冷蔵庫、または自動車などの大型機械と言ったハードウェアに対して、ソフトウェアの設計や開発、運用を行うことを仕事にする職種です。

ソフトウェアの需要は高く、その分、組み込みエンジニアの市場価値が高まっています。

需要や市場価値が高まっている背景には、慢性的な人材不足が大きな理由になりますので、現在、組み込みエンジニアとして仕事をしている求職者は、転職市場では勝ち組です。転職回数が異常に多いなどの余程、経歴が荒れていない限り、転職活動をすると選考通過率は高く、複数社から内定を勝ち取ることができます。

今回は、組み込みエンジニアを取り上げ、この職種の将来性やキャリアバスなど、組み込みエンジニアとして働き続ける成功ための情報をご紹介します。

組み込みエンジニアの経験・スキル

未経験から組み込みエンジニアへの経験・スキル

必要な経験・スキルとして、プログラミング言語のスキルが必要になってきます。

その中でも、C言語が組み込みエンジニアの中で汎用性のある言語になります。

未経験として、組み込みエンジニアにある場合、最初は「テスター」というシステムの動作チェックを行うもので、まだC言語などコーディングができるような状態でない人はここから入るのがいいでしょう。

適性

適性としては、裏で物事を支えられるひとであるかどうかです。

営業職のように、ある種自分で商品を売る部分ではないため、「本当に、自分の仕事が役に立っているのか」「貢献できているのか」こう感じてしまうかもしれません。

そうであっても、裏で支える仕事に対し、自分で誇りをもつことができるかどうか。

*組み込みエンジニアから
転職の検討されている方へ*

弊社では、転職サポートの実績を活かし、様々な業界・職種に関する情報や自己分析の方法などを転職支援のプロとしてLINE@にて公開し、配信しております。

[情報収集をしたい方へ]
今すぐ転職に関する情報を読む↓友だち追加

組み込みエンジニアの将来性

人の暮らしや企業の運営において必要不可欠になっていること、そして、冒頭でもお伝えした通り、慢性的な人材不足という状況により将来性は非常に高いと言えます。

実際に転職市場の動向を見ると、メーカー系やIT関連の企業を中心に組み込みエンジニアの募集が多いのですが、求職者が最も利用する転職エージェントですら候補者を十分確保することができない状況です。

空前の売り手市場ではあります。

募集要項の年収面を見ても、他の職種に比べると平均的なスキルでもそれ以上の年収が想定されていたり、好待遇を受けることになります。

転職でのボトルネック

このように追い風が吹きまくっていると言っても良い組み込みエンジニアですが、転職でのボトルネック、つまり、課題や懸念点はあるのかないのか、あるとすればどのあたりになるのかご紹介します。

転職において、ボトルネックになる要素は技術面ではなくヒューマンスキル部分になります。

組み込みエンジニアとして働く人の特性は、日々、PCなどの機械を相手にすることが多く、人とのコミュニケーション機会は他の業界に比べ少ないです。

スキルや経験は十分あっても、転職先の文化や同僚との人間関係構築に時間がかかることが多いです。

組み込みエンジニア人材は、理系出身者が多く、人とのコミュニケーションが苦手であるため、エンジニアの職種を選択したという人も多いように感じます。読者の方がどうかは分かりませんので、あくまでも事例として受け取って下さいね。

また、転職市場で人材不足状態になっている理由は、組み込みエンジニア人材が、転職しようとしないからです。

もちろん、慢性的に労働市場に人材が不足しているということもありますが、仮に組み込みエンジニア人材が転職に積極的であれば、これほどの不足状態にはなっていません。

組み込みエンジニア人材の性格上、終身雇用が主体となっていて、転職しようとする気持ちがあまりありません。

【無料】キャリアアップしたい組み込みエンジニアの方はこちら

言語の違いによる影響

組み込みエンジニアという職種は、IT関連職種でもあり、ソフトウェアを開発しハードウェアに連携させるためには、特殊な言語を用います。

この言語を組み合わせることで、ソフトウェアを稼働させ、ハードウェアの多機能を生み出します。組み込みエンジニアの言語領域は広く、これまで使ったことがない言語も当然にありますし、苦手な言語もあるはずです。

転職では、このあたりをクリアにしていかなければなりません。

未経験言語であっても未経験者という扱いにはならず、言語を覚えてしまえば経験やスキルを生かすことができますので、そこまで大きな影響になることはないです。

年収面においても未経験とはなりませんから、大きなダウンになりません。

強いて言うならば、新しい言語習得が必要になりますから、転職後、一定期間を試用期間として、その間、10%ぐらいの基本給減算はあるでしょう。

開発現場が求めること

組み込みエンジニアの主戦場である開発現場が求めることもご紹介します。

経験が豊富であればそれだけ自分に自信を持つかと思いますが、開発現場では、その経験以上に求めることは新しい創造力柔軟性です。決まり切った技術や考え方では、新しい技術が生まれにくいのです。

ItoT技術は競合他社が多く、日本だけではなく世界各国の企業が競合になります。

スピード感、創造力や柔軟性により競合他社よりも新しいソフトウェア開発を開発現場は求めています。

組み込みエンジニアとしての価値を高めるには?

組み込みエンジニアとして自分の価値を高めるためには、言語含めて領域を広げることです。対応できる範囲が広ければ、それだけ周りから信頼を得て仕事が回ってきます。

また、できることならヒット商品に関わった実績が欲しいです。転職活動中に面接官が知っているようなヒット商品に関わったとなれば、それだけでも目を引く経歴になりますから。

対応できる範囲と実績が組み込みエンジニアとしての価値を高めるため、この視点を忘れず日々の業務に従事すべきです。

転職方法は?

転職する際に利用されるサービスが多くあり、正直何を使えば良いのか分からないかと思いますが、転職方法は大きく分けると以下5つあります。

転職方法

  1. ハローワーク
  2. 求人媒体
  3. 知人紹介
  4. 自主応募
  5. 転職エージェント

それぞれメリット・デメリットがありますが、多く利用されているのはネット検索。
例えば、 DODAやリクナビNext、ビズリーチといった「求人媒体」の利用かと思います。

もし、ご自身のご志向や価値観に合う企業や優先したい条件が決めかねている場合は、我々のようなエージェントがお力になれると思います。
その企業にとって経営的に重要なポジション幹部層の求人知られざる優良企業などは、非公開として転職エージェントに依頼しているケースがあり、もしご興味があれば、転職エージェントも同時に利用しながら転職活動も良いかと思います。

転職エージェントを利用したことがない方も多いかと思いますので、簡単にご説明させて頂きますと

転職エージェントとは?

  1. 企業との仲介を行うため<給与交渉・社風・カルチャー・ポジションなど>の交渉を行う
  2. 質の高い有益な情報を得ることができる
  3. 客観的なアドバイスが貰える
  4. 書類や職務経歴書の添削を行える
  5. 面接対策の実施
  6. 知られざる優良企業の求人を保有している
  7. 地方企業とのコネクションが強いエージェントであれば、生活水準でのアドバイスも

といったサポートを受けることができます。

最初は不安だと思いますが、サポートの違いや求人数も変わってきますので、まずは数社登録をしてみて実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

また、エンジニアの場合は、仕事内容で転職先が変わってきます。ご自身のスキルとのマッチングが重要となりますので、弊社のような特化型エージェントであれば、情報の質としては高いものをお届けできるかと思います。

弊社では、地方エージェントやその他の業界に強いエージェントとの繋がりも深いため、弊社でご支援できない場合は、ご紹介させて頂きながらサポートしていきたいと考えております。

*組み込みエンジニアから
転職の検討されている方へ*

弊社では、転職サポートの実績を活かし、様々な業界・職種に関する情報や自己分析の方法などを転職支援のプロとしてLINE@にて公開し、配信しております。

[情報収集をしたい方へ]
今すぐ転職に関する情報を読む↓

友だち追加

組み込みエンジニアから転職を考えている方へ

組み込みエンジニア人材の特性上、1社に長く在籍する傾向がありますが、それではキャリアパスにはなりません。

短期間で転職しようと煽っているのではなく、一定のスキルや知識を積んだら、転職することでそれをきっかけに自分の立場や年収が上がります。

基本的に転職を機に立場や年収が上がることはありませんが、組み込みエンジニア人材の場合は、十分に可能性がありますから、転職をキャリアパスの手段として考えてみましょう。

今後の将来性も十分ありますから、安心して働ける職種です。だからこそなのか分かりませんが、安易に転職をしてしまう方が多いように感じます。

あなたのやりたいこと、身に付けたいことに沿ってキャリアアップを提供できるように転職サポートをさせて頂きます。

ご相談は、下記よりお願い致します。

【月間5万人に選ばれる理由】弊社の転職サポートの強み〜候補者に向く支援〜

2019-03-16

Webマーケティング業界の将来性は?転職エージェントが解説

2019-02-01

SEから転職する際におすすめの業界・職種を大公開!

2019-01-10
The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

LINEでの相談はこちら↓

LINEで相談