転職で受験するSPIの目的とその効果的な対策を徹底解説!

新卒採用では誰しも一度は受けたことがある適性検査ですが、昨今では転職の際も適性検査を受けることが増えています。

新卒採用における適性検査との違いはもちろん知っておきたいところですが、そもそも何を行う検査なのでしょうか。

今回は、新卒採用における適性検査との違いの他、種類や特徴とその対策、採用担当者が何を見ているのかなど、適性検査の前に確認しておきたいポイントをまとめました。ぜひご一読下さい。

適性検査を行う目的ってぶっちゃけ何?

足切り

企業によっては、エントリーしてきた転職者の中からより良い人材を絞り込むために、適性検査を実施することがあります。

候補者が多ければ多いほど、エントリーシートを見ることに時間をかけられない為、負担を減らす必要があるためです。

大手企業では多くの候補者から応募がきますので一定仕方ないことですが、後述しますが適性検査の中でも、能力検査の結果を基に足切りを実施する企業が多いです。

採用担当者が候補者を判断するための補助ツール

候補者が職場の環境に合うかどうかや、職種に求める特性を満たしているのかを、客観的に判断するための補助として使うツールです。

採用担当者は、面接前に履歴書、特に職務経歴書を確認し、どのような実務経験を積んできたのか」「どのようなスキルが身についているのかを把握します。

その際、適性検査の結果の性格検査部分を、候補者を判断するための補助ツールとして利用し、採用する上での懸念ポイントを面接で確認しようとします。

転職で出くわす適性検査も二種類に分かれる

種類は新卒採用と同様に性格検査と能力検査があります。

ただし、新卒採用では適当に受けがちだった性格検査はとても大事な選考指標になります。

基本的には能力検査とセットで適性検査として提供されていますが、どちらも軽んじることのないようにして下さい。

1.性格検査

この検査は、例えば仕事を進めていく上で、全体をざっくりと把握し、てきぱきと作業を進めていくタイプなのか、それとも一つ一つのタスクを深く掘り下げてじっくりと作業を進めていくタイプなのかなど、候補者の個性や行動特性を測る試験です。

そのため明確な正解はありません。

(例)
「A:一人で旅行するのが好きだ、B:みんなで旅行するのが好きだ」
・Aに当てはまる
・どちらかというとAに当てはまる
・どちらかというとBに当てはまる
・Bに当てはまる

採用担当者は、面接前にあなたの性格検査の結果に目を通しています。

そのため、面接で採用担当者が違和感を抱かないよう、適当に答えてしまうのではなく、基本的には正直に答えたほうがよいかと思われます。

しかしながら、志望企業の求めている人材像からあまりにも大きく外れてしまうとはじかれてしまう可能性もありますので、選考をクリアするという観点では、志望企業の求めている人材像に合う回答をするというのも手です。

2.能力検査

能力検査はさらに、「言語問題」「非言語問題」に分かれます。

「言語問題」では計算問題やグラフの読み取りなど、数字の処理や論理的な思考力を測るような問題が出題され、「非言語問題」では文章中の空欄補充や熟語の言い換えなど、言葉の意味を類推する力や文章の要旨を正確に把握する力を測定するための問題などが出題されます。

そしてそれらの結果を通して採用担当者は、「どのような業務が得意なのか、得意なのはどのような種類の仕事なのか」など候補者の資質を確認し、自社で働く能力があるかどうかを判断します。

適性検査の準備のやり方

1.性格検査の準備の仕方

まず、口酸っぱく聞こえるかもしれませんが、性格検査はアンケートではありません。

何度も似たような質問が出てきて、つい気分で答えを迷ったことがありませんか?

実は信ぴょう性が測定されていて、一貫性のある回答が重要視されることもあります。

対策として、回答の軸がぶれないように、基本となる自己分析を確実に腹落ちさせておく必要があります。

2.能力検査の準備の仕方

普段解いていない問題を短期間で慣れてそつなくこなす、というのはよほど器用でないと上手くいかないでしょう。

市販の問題集を調達して何周か解き続ければ、新卒で受けた頃の感覚を取り戻せるかもしれません。

基本的には多くの問題を高速で解くことが求められます

問題の形式や傾向はある程度決まっているので、基本的には数をこなしましょう。個人的には1回だけで十分です。

SPIなどは何度やっても同じ結果になります。参考書を何回もやるよりは、解き方等に重点をおいた方が良いですし、適正検査の性格判断は、正直な話対策の仕様がないので「自己分析」に時間を割きましょう。

適性検査の対策ならマジキャリがおすすめ

有料転職相談を利用することで、トレーナーから適性検査の対策法を教えてもらうことができます。また性格診断の対策として、そもそも自分のことを理解していない人には自己分析をおこない、自分の強みや弱みを明確にしてくれます。

有料転職相談で自己分析を極めれば、適性検査後の面接対策にもなるので有料転職相談を利用することはおすすめです。

有料転職相談では、弊社が運営するマジキャリがおすすめです。

マジキャリでは、年間3000人の転職支援実績ノウハウを元に適性検査の対策はもちろん、徹底した自己分析や面接対策などの転職支援もサポートしてくれます。

マジキャリでは、初回無料体験もおこなっていますので、ぜひ気軽に利用してみてください。

有料転職相談についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

キャリアコーチング

マジキャリの評判・口コミをどこよりも詳しく解説

2020-10-23

マジキャリでよくあるご質問

The following two tabs change content below.

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」