転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

小さなベンチャー企業の将来性が知りたいです。

  • 1回答
  • 1役にたった

エリア:東京都
業 界:銀行 / 金融・保険系
職 種:代理店営業(代理店渉外・パートナーセールス) / 営業


現在入社3年目の営業職です。
正直、仕事の内容がつまりません。皆が競り合って、というのではなく作業的な感じがして…
そこで、知り合いからIT系ベンチャー企業への転職をしないかと誘われました。
ベンチャーなら向上思考も強く、やりがいを感じられるのではないかと思って前向きに考えているのですが、
よくよく聞いてみると転職先は従業員4.5人程度の小さな会社でした。
小さい会社なだけに将来が不安です。本当は中小規模程の会社が希望です。
小さい会社での業績の伸び率はどの程度なのでしょうか?また、考え方によっては少人数のほうが働きやすいですか?
前向きに考えていただけあって、小規模すぎるのが不安になってきたのです。踏み切れずにいます。
ベンチャーでの小さな会社の将来性はどのくらいありますでしょうか?
平均した数字が知りたいです。アドバイスお待ちしております。


2015/04/06Q:422

岩のりさん
(質問者:27歳)

転職エージェントの回答

転職相談に対して、各分野に精通したプロの転職エージェントが回答してくれています。
転職に関してお悩みがある方は、転職エージェントに早めに相談することをオススメしています。

2015-04-06 21:55:10回答番号331

実際のその会社の詳細がわからないため、なんとも言えませんが、
4~5人の会社ですと、ほぼ創業期・アーリーステージのスタートアップ企業なのかなと予想されます。

結論から申し上げると、平均値的な観点では判断しない方が良いと思いますし、
平均値的な観点にこだわれるのであれば、ジョインするのはやめられた方が良いと感じます。

なぜならば、アーリー規模のベンチャー企業では、
ほぼ創業・経営メンバーとして、そうした成功確率を自ら上げていく側の立場になるためです。

そうした覚悟がないのであれば、オススメできないかなと思います。

実際会社ごと個別事情的なところが大きいため
あまり参考にはならないと思いますが、一応、起業の成功確率のようなものは世の中に出ています。

日本では、年間約140万人が起業すると言われており、その中で生き残る確率は
1年後40%
5年後15%
10年後6%
と言われているようです。

確率で言うと非常に低いですが、そもそも、この確率の分母が
どういったプレイヤーなのか?という点は具体的に考えてみた方が良いかもしれません。

日本で最も開業率が高く、同時に廃業率も高いのは飲食店と言われています。

そうした高立地を確保するための初期投資や、厨房・住器などの設備投資が膨大であり、
運転資金もかさむ飲食店を、脱サラして業界経験がない人が気軽に始めれば
廃業してしまう数が多くなるのも分かる気がします。

翻ってIT業界であれば、人件費やサーバー費用以外はコストはかからないですし、
先行投資も必要ないと思います。

ITの中でも具体的にどのようなビジネスモデルかにもよりますが、
経営・開業の難易度は飲食店よりも低めと思います。

そうしたマクロではなく、ミクロや本質を見極める力やサバイバル能力がある人が
ベンチャーやスタートアップでは向いているのだと思います。

もしくは、全く気にならない鈍感力が高い人でしょうか。

個人的には、そこまでの意識・覚悟を持てないのであれば、
50~150名程度のベンチャーを選択された方が良いように思います。

末永 雄大転職エージェント

質問投稿してみる


あなたに合った転職エージェントをご紹介
優秀なエージェントを厳選しています

  • キャリアアップして
    年収を上げたい

  • 難易度が高い企業の
    内定がほしい

  • 業界に詳しい転職の
    プロに相談したい

転職エージェントを紹介してもらう

転職エージェントランキング

一覧を見る

  • 専門のアドバイザーが実績豊富な転職エージェントをご紹介
  • 転職のプロにラインで転職相談してみませんか