転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

ベンチャー企業転職のメリットとは

  • 1回答
  • 2役にたった

大手のメディアにおいて営業を行っている、入社二年目の者です。

現在の仕事をやめて転職をしようと考えています。それは、現在の仕事が言われたことをそのままこなすだけの退屈な仕事だからです。そのため、ベンチャー企業への転職を考えています。

ベンチャー企業は、一人一人が持つ責任が重く、自ら率先して動く必要がある企業だと考えています。しかし、それ以外のメリットが思いつきません。倒産のリスクもあるので、これだけの理由でベンチャー企業に転職をして良いのか不安です。

質問なのですが、ベンチャー企業に転職するメリットとは何なのでしょうか。

回答よろしくお願いいたします。

大手のメディアにおいて営業を行っている、入社二年目の者です。 現在の仕事をやめて転職をしようと考えています。それは、現在の仕事が言われたことをそのままこなすだけの退屈な仕事だからです。そのため、ベンチャー企業への転職を考えています。 ベンチャー企業は、一人一人が持つ責任が重く、自ら率先して動く必要がある企業だと考えています。しかし、それ以外のメリットが思いつきません。倒産のリスク...

エリア:千葉県
業 界:総合広告・SP・PR代理店・制作会社 / WEB・広告系
職 種:その他営業関連職 / 営業・販売

もっと見る


2015/03/04Q:306

fejovさん
(質問者:24歳)

転職エージェントの回答

2015-03-05 14:01:06

ベンチャー企業への転職をご検討されているとの事ですね。

ベンチャー企業へ転職する事のメリットは何か?というご質問ですが、
結論から言いますと、合理的なメリットはあまりないかと思います。

むしろ合理的な理由でベンチャー企業へ転職してしまうと、
転職を後悔・失敗してしまうリスクが高いと思います。

もちろん会社にもよりますが、ベンチャー企業は、大手企業と比較すれば、給与が高くない事が多いですし、
残業も多かったり、売上をつくるために必死で、安定感といった点でも大手には負けると思います。

それでも、そこで得たい経験や、自分なりの目的意識を持った上で、入社するかが重要と思います。

あえて、言うのであればですが、以下の様な点はメリットとも言えるのではないでしょうか。

・社員一人あたりの業務裁量が広い
・意思決定権者(社長)との距離が近いため、スピーディー
・意識の高い社員が多い
・ルールや仕組みが少ない分、自分自身で考えた事を実現しやすい
・会社の成長とともに、社員が増えればポスト・ポジションが多くなる
・将来上場等を行った場合、ストックオプション制度があれば、資産形成ができる
・会社・組織が大きくなっていく成長の過程を実体験として体感できる

相談カテゴリ