転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

ネオキャリアへの転職、身につくスキルについて

  • 1回答
  • 0役にたった

こんにちは。

現在ベンチャー企業で開発職に携わっています。
創業期からいたため、自社サービスの企画から運用まで一通り経験しています。
また、下請けのようなこともしていたため、俗にいう理不尽な納期等も経験しました。

おかげさまで開発としての力はそこそこついたと思うので、今度は何か全く別のことをしようと考えています。
現職が人材開発に乗り出していたこともあり、ある程度の規模の会社での人材コンサル職を希望しています。
その過程でネオキャリアに行き着きました。

そこで、
ネオキャリア(の人材コンサル職)でしか身につかないスキルはありますか?

もしあるようならご教授いただけますと幸いです。

宜しくお願い致します。

こんにちは。 現在ベンチャー企業で開発職に携わっています。 創業期からいたため、自社サービスの企画から運用まで一通り経験しています。 また、下請けのようなこともしていたため、俗にいう理不尽な納期等も経験しました。 おかげさまで開発としての力はそこそこついたと思うので、今度は何か全く別のことをしようと考えています。 現職が人材開発に乗り出していたこともあり、ある程度の規模の会...

エリア:東京都
業 界:ゲーム / WEB・広告系
職 種:ゲームデザイナー / ゲーム

もっと見る


2017/02/13Q:1589

ファイナルファンタジーさん
(質問者:29歳)

転職エージェントの回答

2018-03-16 18:57:15

ご質問ありがとうございます。

ネオキャリア社の人材コンサルタント職で身につくスキルについて早速回答致します。

まず、一般的に人材コンサルタントになれば、「業界知識、転職マーケットのトレンド(担当する業界やマーケットのトレンドに精通していないとコンサルティングはできません)」、「ヒヤリング力(企業と転職希望者がお互い満足するような出会いを提供するため、企業の要望や転職希望者の経験や志向は事細かに把握しなければいけません)」や「幅広いネットワーク(企業、転職希望者いずれのネットワークも構築可能です)」といったスキルが身につきます。

ネオキャリア社の人材コンサルタントになれば、今挙げたスキルに加え「新規開拓営業力と交渉力」を身につけることができます。
ネオキャリア社は人材ビジネス企業の中で急成長している企業です。急成長している理由は、コンサルタント一人ひとりが圧倒的な行動量で新規開拓営業を行い、転職希望者を呼び込み、マッチングさせて成約件数を増やしているからです。成約に結び付けるためには新規開拓営業ではなく、企業には可能性のある候補者の選考を進めるために、また登録者には可能性のある企業を受験してもらうために交渉する必要があります。

ネオキャリア社の人材コンサルタントは業務量のボリュームが多いです。
日々の業務をこなしていれば自然と「新規開拓営業力と交渉力」が身につくでしょう。

参考になれば幸いです。

相談カテゴリ