転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

Googleに転職したい!転職エージェントは活用すべきでしょうか?

  • 1回答
  • 2役にたった

エリア:東京都
業 界:その他IT・通信系 / IT・通信系
職 種:開発エンジニア / ITエンジニア


現在国内IT企業で社内システム開発をしている28歳です。
現在転職活動中なのですが、Googleに転職したいのですが、転職エージェントは活用すべきでしょうか?

今回転職が初めてのため、利用すべきか迷っています。
利用することへのメリットや注意すべきことなどあれば教えて欲しいです。

現在国内IT企業で社内システム開発をしている28歳です。 現在転職活動中なのですが、Googleに転職したいのですが、転職エージェントは活用すべきでしょうか? 今回転職が初めてのため、利用すべきか迷っています。 利用することへのメリットや注意すべきことなどあれば教えて欲しいです。

もっと見る


2015/09/11Q:1104

マッキーさん
(質問者:28歳)

転職エージェントの回答

転職相談に対して、各分野に精通したプロの転職エージェントが回答してくれています。
転職に関してお悩みがある方は、転職エージェントに早めに相談することをオススメしています。

2017-11-24 11:55:44回答番号1638

Google(グーグルジャパン)へ転職をお考えとの事ですね。

その際に、転職エージェントを使うべきか?といったご質問ですが、転職エージェントの私が言うのもポジショントーク的に聞こえてしまいそうですが、
結論、転職エージェントを使って損はないかと思います。

ただし、前提として、Google(グーグルジャパン)については、現状エージェントを通じての採用は積極的に行っていない状況です。(2017年11月現在)
ですので、厳密には、実際にGoogleを受ける場合は、直接応募かLinkedIn等でリクルーターにコンタクトする事をオススメ致します。

とは言え、Googleをご希望されている方にとって、転職エージェントを活用するメリットはあると思っています。
理由はいくつかあります。

1、面接を受ける前に、具体的な業界、事業内容、仕事内容、カルチャー等についての内情を把握でき、自分とのマッチ度を客観的に評価してもらえる
2,自分が求めている会社や仕事内容がGoogle(グーグルジャパン)ではない場合に先に気がつく事ができる
3,ほとんどの人にとって、一足飛びにGoogleに行く事は難しいが、中長期的にどのようにGoogleへのキャリアを構築していくべきかがわかる

それぞれ以下で補足していきますね。

1,面接を受ける前に、具体的な事業内容、仕事内容、カルチャー等についての内情を把握でき、自分とのマッチ度を客観的に評価してもらえる
上記でも触れましたがGoogle(グーグルジャパン)を志望される方の多くが20代の業界未経験者と思います。
ですので、ビジネスモデルや仕事内容、カルチャーについてなんとなくのイメージのみで、具体的に理解されていない方がほとんどだと思います。
そのイメージレベルのままで面接に行くと、ほとんど面接で落とされてしまいますし、何より具体的な会社や事業、仕事内容の理解がないのに、自分の活躍イメージを具体化したり、志望動機も考えられないと思います。

業界に強い転職エージェントであれば、Google(グーグルジャパン)のビジネスモデルや仕事内容、求められるスキル、カルチャーについて等、具体的な説明・レクチャーが受けられると思いますので、事前にエージェントを頼り、しっかりと情報収集しておいた方が得かと思います。



2,自分が求めている会社や仕事内容がGoogle(グーグルジャパン)ではない場合に先に気がつく事ができる
私自身も、多くのGoogle(グーグルジャパン)を希望する転職希望者とお会いしてきましたが、実際に面談中にその方の志向性や価値観を深掘り、自己分析をお手伝いしていくと、それを実現し、ミスマッチなく、キャリア形成・仕事選びをしていく上では、Google(グーグルジャパン)の求人ではない方が良いと感じる事も多くあります。

前述したように、希望者の多くが業界未経験であるため、自分の中での勝手なイメージだけで判断・希望してしまっているケースが非常に多いのです。

その会社や仕事内容などの詳細を把握・理解しているプロの転職エージェントからすると、本人の希望や志向性と明らかにミスマッチであると事前にわかってしまうため、
ミスマッチリスクを感じた場合、その懸念点を伝えてもらえると思います。
その上でご本人がどう判断されるか次第ではありますが、少なくともそのリスクを事前に把握ができていれば、一定レベルではミスマッチリスクを減らす事ができると思います。



3,ほとんどの人にとって、一足飛びにGoogle(グーグルジャパン)に行く事は難しいが、中長期的にどのようにGoogle(グーグルジャパン)へのキャリアを構築していくべきかがわかる
正直申し上げて、Google(グーグルジャパン)を希望されている多くの方にとって、未経験で一足飛びにGoogle(グーグルジャパン)にチャレンジする事は難しいのが正直な感覚です。

現実的に考えると、Google(グーグルジャパン)の中途採用ポジションとして多いのは、自社メディアの広告商品であるアドワーズやアドセンスの代理店向け、広告主企業向け広告営業職が中心と思います。

そうした広告営業職種の経験と近しいインターネット広告代理店やメディア企業等での営業経験等を一旦しっかりと積んだ上で(3年以上が目安か)チャレンジする事が、望ましいかなと思います。

実際私の知人でGoogle(グーグルジャパン)へ転職・中途入社している人に多いのは、前職が、リクルートのSUUMOの広告営業、サイバーエージェントやオプトのネット広告代理店での広告営業経験者が多い印象です。

ご参考になれば幸いです。

末永 雄大転職エージェント

Google(グーグル)に転職するために読んでおきたいQ&A


「Google(グーグル)」についての相談カテゴリー

  • callingoodの専任コンシェルジュに無料でキャリア相談しませんか

転職エージェントランキング

  • 1

    渡辺 奈月

    得意領域:

    専門職(コンサルティングファーム・金融・専門事務所)

    ITエンジニア

    営業

一覧を見る


同業界の企業を探す

  • LINE@