転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

グーグル(Google)に就職する為に、リクルートに転職するのは最善の方法ですか?

  • 2回答
  • 8役にたった

エリア:東京都
業 界:運輸・倉庫 / 流通・小売系
職 種:その他職種 / 講師・公務員・技能工・その他


googleで働きたいと思っています。
しかしながら今の自分は実力、経験共に何もないのでまずは他の会社で働き経験を積みGoogleを視野に入れれるようにしたいです。

色々と調べリクルートキャリアで働きたいと思いました。これはやりたい事が一致した事、また成長出来ると思ったからです。

しかし、リクルートキャリアでリクナビ等の営業をした場合果たしてGoogleに必要とされるキャリアになるのか分かりません。
リクナビ等の広告営業とグーグルの求めている広告営業は違うのでしょうか。

googleで働きたいと思っています。 しかしながら今の自分は実力、経験共に何もないのでまずは他の会社で働き経験を積みGoogleを視野に入れれるようにしたいです。 色々と調べリクルートキャリアで働きたいと思いました。これはやりたい事が一致した事、また成長出来ると思ったからです。 しかし、リクルートキャリアでリクナビ等の営業をした場合果たしてGoogleに必要とされるキャリアに...

もっと見る


2017/03/21Q:109

0614さん
(質問者:25歳)

転職エージェントの回答

転職相談に対して、各分野に精通したプロの転職エージェントが回答してくれています。
転職に関してお悩みがある方は、転職エージェントに早めに相談することをオススメしています。

2017-03-28 17:09:35回答番号1452

0614さん、はじめまして。コンプリートの松尾と申します。
私はリクルートキャリア出身なので、ご質問に回答させていただきます。

実際にリクルートキャリアでWEB業界担当のトップセールスだった後輩が現在Googleに転職しているので、そうしたキャリアを積むことは不可能ではありません。

ただ、もちろん求人広告の営業とGoogleでのセールスでは、仕事内容が違うので、求められるものも変わってくると思います。
ですので、両者の共通点と相違点を認識しておく必要はあると思います。

共通点としては、いずれも無形商材の法人営業で、WEB関連の商材を駆使して、顧客の集客課題を解決するものであること。
相違点としては、Googleが直接顧客を集客するのに対し、求人広告営業は応募者を獲得することが目的であること。
あとは、Googleの場合は語学力も求められるであろうこと、でしょうか。

先に述べた後輩がリクルートキャリアでトップセールスだったということも重要な点かと思います。
営業という仕事は明確に成果が出るので、どんな商材の営業であったとしても、それを駆使してどれくらい顧客の課題解決に貢献できたか、という実績は選考上非常に重要な材料になります。
リクルートキャリアで営業をしていたから評価されるのではなく、そこでどう活躍していたか、が大切ということですね。

今後、どういった会社で経験を積まれるにせよ、「成果」「実績」がその後のキャリア選択に大きく影響があることは念頭に置いておくと良いかと思います。

松尾 草介転職エージェント

2017-03-29 01:41:52回答番号1453

分かりやすい回答有難うございます。
会社名だけでなく、そこでの成績が大切になるという事ですね。恐らくリクルートキャリアは営業として有名なのでそこでのトップセールスという事でその後輩の方は評価され転職されたのですね。

在籍していたとの事ですので質問ですが
リクルートキャリアをお辞めになり転職される方(独立でなく)は具体的にどのような企業にいくのでしょうか。イメージとしてはサイバーエージェントなどのネット系やネットベンチャーです。他の大手などに行く方もいるのでしょうか。
またトップセールスではない方はやはり転職が厳しいのですか?

30歳過ぎるとほぼ辞めると聞くのできになりました。

0614

0614さん

2017-04-05 14:50:44回答番号1457

Googleに入社されているバックボーンは様々ですが、主には外資系のITシステムベンダーのシステム営業経験者か、インターネット広告代理店やWebマーケティングコンサル会社の営業・アカウントプランナー経験者が多いように思います。

リクルートキャリア出身者も一部はいますし可能とは思いますが、リクルートグループの中では、キャリアなどの採用・求人系の営業よりは、
リクルート住まいカンパニーのSUUMOの広告営業や、リクルートマーケティングパートナーズのゼクシィの広告営業の経験の方が、販売促進よりの広告営業経験で近しいと思います。

実際私の知人友人でも住まいカンパニーの広告営業経験者は複数Googleの広告営業職へ転職していますね。

リクルートキャリア出身者が退職後の転職先はかなり幅広いかと思います。

多くは人材営業やキャリアコンサルタントの経験を活かして、事業会社の人事採用担当が多い印象です。
その他は、営業として業界や商材を変えたり、インターネット業界・ベンチャー企業へチャレンジする方も多く、その方の志向によって幅広くキャリアチェンジされていると感じます。

末永 雄大転職エージェント

Google(グーグル)に転職するために読んでおきたいQ&A


「Google(グーグル)」についての相談カテゴリー