転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

アクセンチュアへの転職を考えていますが、人事部門スタッフの過去の合格者の傾向はありますか?

  • 1回答
  • 5役にたった

エリア:東京都
業 界:ビジネスコンサルタント・シンクタンク・コンサルティングファーム / 専門コンサル系
職 種:人事、労務 / 営業、事務、企画系


コンサルティング企業で人事コンサルタントをしております29歳です。
現在転職活動をしています。
先日転職エージェントに下記のような仕事を紹介されました。
この求人では、今までにどのような方が合格し、入社に至っていますか。
実務経験のどのような点が評価に繋がるのでしょうか。

《求人企業名》
アクセンチュア 株式会社
《求人名》
人事部門スタッフ
《求人URL》
http://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-104703-2-44-5/?ty=0
《仕事内容》
人事部門において、プロジェクトアサインメントを行う部門人事、採用業務、労務・安全衛生管理、社員に対するキャリア支援のいずれかをお任せします。
《求める人材像》
・大卒以上
・人事部門での何らかの経験をお持ちの方(人事業務、採用業務、労務・安全衛生管理など)英語力をお持ちの方歓迎
◆人事業務に関する経験
◆採用業務の経験
◆労務および安全衛生等に関する経験
《条件》
【給与】
■年俸400万円以上
※経験・スキルを考慮の上、当社規定により優遇初年度年収 500万~800万円

60sさん
(質問者:32歳)

転職エージェントの回答

2015-09-13 18:36:03回答番号1187

60sさん、こんにちは。
アクシスコンサルティング伊藤と申します。

人事コンサルティング会社でどのようなコンサルティングを行っていたかにもよりますが、
採用コンサルティングであれば可能性は十分あると思います。
(組織活性化や人事制度がメインですと内容によります)

英語力はあったほうが内定の確率は高くなると思います。
また面接では当然何故当社なのか?を深掘りされますので、事前にしっかりと調べ準備しておく必要があります。


是非頑張ってください!
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

アクシスコンサルティング株式会社
伊藤

※「アクセンチュアへの転職を考えていますが、人事部門スタッフの過去の合格者の傾向はありますか?」の投稿は、2015年08月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

5人が役に立ったと評価しています。

あなたも人事・労務についての質問をしてみませんか?

コーリングッドは転職・キャリアに特化したQ&Aサービスです。
上記のように、人事・労務の転職にまつわる悩みや疑問について、 人事・労務の転職に強いプロの転職エージェントに気軽に質問する事ができます。

匿名で質問できるので、第三者に知られることなく、エージェントから無料で転職活動に役立つ回答をもらう事ができるのも安心です。

以下から、早速、質問を投稿してみましょう!


その他関連する転職相談

  • 40代で短い経験から人事職への転職
    私は現在、食品メーカーで人事の仕事に就いております。 人事の仕事がしたいという思いから、前職から今の会社に転職してから約5年が経ちましたが、会社の社風や上司、先輩に対する不満が大きくなり、転職を決意いたしました。 業界は問いませんが、次も人事の仕事をさせていただきたいと考えております。しかし、私は現在40代であるにも関わらず人事の経験が4年半程しかありません。 私がここから人事職...
  • 第一志望でない企業からの内定
    こんにちは。大手輸送機メーカーで財務を担当して約5年になりますが、転職を決意し転職活動を行っている者です。 本日の相談は、第一志望の業界の業界以外の内定が出た場合どうすればいいかという点についてです。 具体的には、私は将来海外で働きキャリアを形成したいと考え、現在の会社に入社し、TOEICや英会話の勉強も日々行なっています。 しかし、現在の部署は、海外という環境から程遠くこのまま貴重な20代...
  • 転職エージェントはなぜ無料なのか?
    はじめまして。 転職活動中なのですが、疑問に思うことがありこちらで質問させていただきたいと思います。 転職するにあたりいろいろな手法を調べましたが、 転職エージェントはなぜ無料なのか気になりました。 転職者に対し、人件を使い、時間を裂き、求人を紹介する、ということを 全て無料でやるというのは会社としてどう成り立っていけているのでしょうか? 今後転職エージェントを利用した...
  • 米国公認会計士の資格を活かしながらグローバルに働きたいです。
    私は日系の電子部品メーカーの購買部門で働いています。 私は大学卒業後、大学院を卒業、そしてアメリカへ留学を経て現在の会社に勤めております。 留学中に、米国公認会計士の資格を取りました。私は資格を取ることに集中して大学時代から勉強していたため、資格を取ったと同時に気が抜けてしまったのか、何事にも精力的に物事に取り組むことが出来なくなってしまいました。 現職の仕事は知人から誘われたた...
  • 米国会計士について
    大学は日本の大学でなく海外の大学に入学し、会計の勉強をしてきました。 卒業後は、米国会計士という資格を習得し、就職活動を開始しました。 当時は、まだアメリカにいたいという思いから、現地の会計事務所で数年間働いていました。 しかし、今回諸事情がありまして一度日本に帰り、日本の企業に就職しなくてはならなくなりました。 私のスキルとしては、英語・米国会計士と会計事務所での職務経験があります。 ...

その他関連するカテゴリ

「人事・労務」に得意なエージェント

一覧を見る

転職エージェントランキング

一覧を見る