未経験から人事に転職できる!転職のコツや人事のリアルを紹介

弊社運営サイトCallingoodマガジンでは、転職者に向けて転職のプロだから伝えられる転職情報やキャリア形成のノウハウをお伝えしています。

今回は、数多くある職種のなかでも、人気の高い人事職を取り上げ、自身の人事経験もふまえ、未経験から人事職へ転職したい人のキャリア形成の方法をご紹介します。

未経験で人事に転職することは可能

結論、未経験で人事職へ転職することは可能です。

人事という仕事は、就活生や転職者に対して、自分の企業をアピールし、「この企業に入社したい!」と思わせる営業力が必要になります。

そのため、営業経験があると未経験から転職できる可能性はより高まります。

30代になると未経験転職の難易度は上がる

特に20代前半など年齢が若ければ若いほど、ポテンシャルや伸びしろで採用してもらえる可能性が高いです。

一方で、30代以降になると、企業側も「即戦力」として活躍できる人材を求めるので、未経験からの転職は非常に難しくなります。

20代の場合は、何かしらの営業経験があれば有利になりますが、30代以降の場合は、法人営業の経験トップクラスの成績を収めたことがある、など非常に高いレベルの実績が求められます。

→自分の年齢・経験で転職できる?不安な方は無料転職相談をご利用ください

人事職の仕事内容・やりがいや役割

人事の仕事は、実は「人を採用する」だけではありません。

その仕事内容は、採用・教育・制度設計・労務と多岐に渡ります。

ベンチャーや中小企業の場合は、場合によっては1人の人事が全ての業務を担当しているケースもありますが、多くの企業では複数のメンバーで上記のような業務を分業していることの方が多いです。

以下でそれぞれの業務について詳しく解説していきますね。

採用(新卒・中途)

転職サイトや転職エージェントといった様々なチャネルを使って応募を集め、面接、採用をするといったことが主な業務内容になります。

「新卒・中途」で担当が分かれている場合もありますし、同じ担当者が両方を並行して行なっている場合もあります。

教育

採用した人材を定着・活躍させるための施策を行うのが仕事です。

例えば、新人研修やマネジメント研修などの企画・開催などですが、これは外部に委託しているケースも多いです。

制度設計

社員が働きやすい環境を作るために評価制度や社内制度を作成・見直しすることが仕事です。

例えば、フレックス制度を導入したり、産休・育休明けの復帰を支援する制度を作ったり、ミッション・バリューの策定などがそれに当たります。

労務

労務は、給与計算、勤怠管理、社会保険の手続き、健康診断の対応といった、労働に関わる事務作業の仕事がメインになります。

労務の仕事は、人事ではなく、経理や総務といった部署が担当している企業も多いので、事前に募集要項を確認しておきましょう。

→【無料】自分に合う人事職は?ぜひお気軽にご相談ください!

新卒採用や労務は未経験でも採用されやすい

人事の中でも、「新卒採用」や「労務」のポジションは、未経験からでも比較的採用されやすいポジションなので、オススメです。

この2つは人事職のキャリア形成にも基盤としてかなり必要不可欠な経験になりますし、未経験者でも十分に対応することができる業務内容になります。

一方で、教育や制度設計は経験者募集が基本で、未経験からチャレンジできる求人はほとんどない、というのが実態です。

法人営業経験を生かすなら「新卒採用」

採用予定人数から逆算した採用目標(KPI)の策定、企業の顔として企業説明やブランディングを行うといった仕事内容は、営業経験がそのまま活かせます。

法人営業経験3年以上、人材業界での営業経験があると、親和性が高いためより評価されやすいです。

労務なら社労士の資格が有利に働くことも

実務に活かせる社労士の資格があると、有利に働くこともあります。

未経験の場合は派遣か新卒採用アシスタントから入社して、人事異動でキャリアを積む方法が理想ですが、営業などの求人と比べると、管理部門の求人数や採用枠は少ないので、エントリーする企業は増やすべきです。

未経験から大手企業や外資の人事に転職することはできる?

法人営業経験があれば未経験でも可能性が高く、ベンチャー・大手関わらず選べる可能性が高いです。

また意外かもしれませんが、中小企業やベンチャーほど経験者を欲しがる傾向にあります。

すでに社内に経験豊富な人事担当者がいる場合は、アシスタントとして未経験者を採用する場合もありますが、基本的には経験者が一人ないし少数精鋭で担当するケースがほとんどです。

そのため、未経験から人事を目指す場合は、大手企業などの方が採用ハードルが低い場合も多いです。

とはいえ、大手企業やベンチャー企業など人気企業は競争率が高いため、事前の情報収集や選考対策は必須です。

転職エージェントを利用すると、自分だけで転職活動をしていては手に入らない、面接で見られるポイントや聞かれる質問といった、選考の詳細情報が手に入ります。

また、その情報をもとに、応募書類の添削や面接対策を無料で実施してもらえるため、内定確率をあげることができますよ。

→手厚いサポートで内定率は大手の3倍!弊社への無料転職相談はこちら

人事の仕事は地道さや泥臭さも求められる

人事という仕事に対して、華やかで「会社の顔」という印象を持たれる方も多いのではないでしょうか?

一方で、人事の仕事には、面接予定者との面接日程の調整や、面接担当者との採用の目線合わせといったコミュニケーション、内定数の最大化を目指しながら内定辞退率を最小にする工夫を求められるなど、地道で泥臭い業務も非常にたくさんあります。

そのため、多くの関係者を巻き込みながら業務を進めることができるコミュニケーションや人望とともに、地道な業務を確実に、そして丁寧にやりきる力も必要とされます。

人事の企業内での究極の役割は調整役です。

経営と社員、社員と社員の間に入り問題解決をしたりすることも非常に多くあります。

また、経営者・会社の方針が採用に直結するため、経営と近い立場や目線で組織を運営することも求められます。

それがやりがいになる一方で、経営者や会社の方針に振り回されたり、意見の食い違いなどが生じやすいなどの苦労もあります。

未経験で人事職へ転職するための自己PR、志望動機

ここからは、人事職での転職にあたり重要になる自己PRと志望動機について書いていきます。

未経験者での転職は経験としてのアピールはできませんから、なぜ、自分がその企業の人事を希望するのかを明確にすることが必要です。多くの企業が求人を公開するなかで、なぜその企業でなければならないのかを応募した企業に示す必要があります。

そのためには、その企業の事業内容や職種から考えるのではなく、企業理念をうまく活用してください。

企業理念は世界にその企業にしかないもので、どの企業も自社の企業理念には強い思い入れがあります。また、企業理念は企業の性格でもあり、自分の性格や考え方がその企業と合致することを自己PRや志望動機を通じてアピールしましょう。

そうすることで必然性が生まれ、企業からの評価は上がります。

人事職への転職を検討されている方へ

人事職は将来的に経営陣として仕事をすることもできる職種です。

安定も期待でき将来的に高い役職、報酬を得ることができる職種で社会的信用も得られる職種になっています。

未経験だからと言って諦める必要はありません。

転職市場における転職活動の方法は転職エージェントの他、転職サイトやハローワークなどいくつか方法がありますが、未経験者で人事職へ転職を希望するのであれば、情報収集の意味でも転職エージェントを利用するのが得策です。

人事職は企業の顔になりますし、何よりその会社が好きあるいは、興味がないといけません。その会社の魅力を発信し、企業が存続するための人材を採用しなければなりませんし、採用する場合は、「社風」「カルチャー」「人間性」「活躍できるのか」など会社の視点にたつことが求めらます。

あくまで個人的な意見ではありますが、「求人」を見ただけでそこまで分かるのか?というとそれは難しいかなと思います。そのため、専門的なエージェントや両面(企業担当・顧客担当)で対応しているエージェントの利用が、ミスマッチが少ない方法だと感じます。

人事への転職に特化したエージェント

Callingoodでは、専門性の高い優良コンサルタントと提携し、あなたの転職をサポートしています。

転職エージェント
村山 雄二 東京都コンサルタント歴 5年以上
【人事・人事労務の転職のスペシャリスト】豊富な知識と経験で支援致します!!

人事への転職は気になっているけれど、まだ迷っている。とりあえず相談したい。人事以外にも自分に合っている仕事があるのか知りたい。という方は、弊社Callingoodの無料転職相談窓口もご利用ください。

無理な求人紹介はいたしません。

そもそも転職すべきなのかという点からキャリア相談を実施し、必要に応じて、あなたの志向性に合った優良コンサルタントをご紹介いたします。

The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

Twitterで転職ノウハウや市場価値の上げ方を発信中!
Twitterアカウントはこちら