転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

知的財産法務または弁理士の転職に強いエージェントを教えて下さい。

  • 1回答
  • 1役にたった

エリア:東京都
業 界:鉄鋼・金属(商社) / 商社系(総合商社・素材・医薬品他)
職 種:法務 / 営業、事務、企画系


私は、新卒で専門商社に入り企業法務を中心に勤務していました。
3年前、親会社の知的財産部に出向になり、二年間の在籍の間に特許侵害訴訟や、秘密保持契約等の起案の経験をしました。
この経験を通して知的財産法務に関心を持ち、弁理士の資格を取得いたしました。
現在では、出向先から戻り元の会社で企業法務を受け持っていますが、知的財産法務に関する仕事は殆どなく、弁理士の資格をせっかくとったのに生きていません。
この状況に閉塞感を感じたので、さらなるスキルアップも含め知的財産法務をできる企業への転職を考えています。
しかし、知的財産法務を募集している企業は少ないです。
企業法務経験6年、知的財産法務2年の経験と弁理士資格で転職できる可能性がある業界や、または弁理士の転職に強いエージェントの方を教えてください。
よろしくお願いします。

gattou12580さん
(質問者:31歳)

転職エージェントの回答

2015-05-18 20:21:17回答番号410

企業法務経験6年、知的財産法務2年の経験と弁理士資格で転職できる可能性がある業界や、または弁理士の転職に強いエージェントについてのご質問ですね。

全てのご経験・資格を活かせる転職先としては、事業会社であれば法務部門があまり大きくなく法務と知的財産業務双方に関われる企業様への転職、
そして特許事務所への転職が挙げられます。

今お勤めの企業様は法務と知的財産業務が分かれているのでしょうか。

そうであれば、法務部門内での業務切り分けがあまり細かくない企業へ転職されるのが一番かと思います。

また弁理士の転職に強いエージェントについては、専門の中小エージェントは多数ございますので、
お住まいから近い等、ご自身が利用しやすいエージェントを2社ほど登録されることをお勧め致します。

ただ大手事業会社へ転職を希望される場合は、専門の中小エージェントと契約されていない可能性があるため、
大手エージェントにも1社ご登録された方が選択肢が広がるかと思います。

※「知的財産法務または弁理士の転職に強いエージェントを教えて下さい。」の投稿は、2015年01月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

1人が役に立ったと評価しています。

あなたも法務についての質問をしてみませんか?

コーリングッドは転職・キャリアに特化したQ&Aサービスです。
上記のように、法務の転職にまつわる悩みや疑問について、 法務の転職に強いプロの転職エージェントに気軽に質問する事ができます。

匿名で質問できるので、第三者に知られることなく、エージェントから無料で転職活動に役立つ回答をもらう事ができるのも安心です。

以下から、早速、質問を投稿してみましょう!


その他関連する転職相談

  • 40代で経理畑一筋の人間の転職
    現在40代に差し掛かったのを機に、 これまでの経理畑のキャリアから転職したいと考えています。 一部上場企業の子会社の経理担当として長年働いてきたので、 親会社の管理のもと働かなくてはならない不自由さと、スキルアップが望める職場で働きたいと考えたことが 主な転職を決意した理由です。 正直な話、景気は好転してきているものの、この歳での転職活動が厳しくなることは十分に予想しています。 ...
  • 公認会計士からの転職先について
    公認会計士試験をパスした後、新卒で大手監査法人に就職し5年間働いてきました。 近年の会計士増加に伴い、会計士の市場価値の低下が様々なところから聞こえてきたことから、 今回転職を視野に入れ始めた段階です。 若いうちに、できるだけ自分の市場価値をあげておきたいという思いがあります。 つまり、公認会計士プラスαでなにか経験が積めたらと考えています。 このように考えた場合どのようなキャリアを歩む...
  • 転職か部門移動か?
    私は現在、広告代理店で法人営業を担当しております。 人と関わる仕事がしたいという理由で現職を志望してから6年間働いたのですが、自分の意見を言うことが中心の仕事を続ける中で、相手の意見を聞くことに重点を置いた仕事に興味を持ったことと、会社の人事に違和感を覚えて、人事の仕事に興味を持ったことから、転職を決意しました。 在籍していた人事部門では達成できないと考えたからです。 しかし私は今まで法人営...
  • 時間的余裕がない状況で、転職活動を成功させるポイントとは?
    私が転職を意識したきっかけは、来年35歳になることと、息子が来年小学校に上がることです。 自分にとって2015年は人生のターニングポイントになると感じ、これを機に新たな環境で仕事をしたいと決心しました。 私は現在、大手精密機械メーカー内部監査職につきながら、夜間部で大学院に通っています。 このため時間的な制約が厳しく転職活動に割ける時間が多くありません。 そこで、転職活動はここで働きた...
  • 米国会計士について
    大学は日本の大学でなく海外の大学に入学し、会計の勉強をしてきました。 卒業後は、米国会計士という資格を習得し、就職活動を開始しました。 当時は、まだアメリカにいたいという思いから、現地の会計事務所で数年間働いていました。 しかし、今回諸事情がありまして一度日本に帰り、日本の企業に就職しなくてはならなくなりました。 私のスキルとしては、英語・米国会計士と会計事務所での職務経験があります。 ...

その他関連するカテゴリ

法務に関するその他のカテゴリ

「法務」に得意なエージェント

一覧を見る

転職エージェントランキング

一覧を見る