転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

転職サイトと転職エージェントの違い

  • 3回答
  • 4役にたった

エリア:東京都
業 界:総合商社 / 商社系(総合商社・素材・医薬品他)
職 種:一般事務 / 営業、事務、企画系


こんにちは。
私は新卒2年目の24歳、事務をしている女です。
今の会社では充実感が感じられず、転職を考えています。

そこで求人を紹介してもらいたく、何らかに登録したいのですが、
インターネットの情報を見ているとそういった求人紹介の登録には
転職サイトと転職エージェントの二つの区分に分けられているようで。

私にはこの二つの違いについてよくわからなく基本的な質問で申し訳ありませんが、
転職サイトと転職エージェントの違いについてご教授願えないでしょうか?
また、おすすめのサイトもしくはエージェントがあれば教えてもらえませんでしょうか。

何卒よろしくお願い致します。

ちゃんちゃんさん
(質問者:26歳)

転職エージェントの回答

2016-02-09 08:32:21回答番号1260

新しいお仕事の機会を探すときの方法として、転職サイトと、転職エージェントがあります。そのほかにも、ハローワークや転職フエアなどがあることはご存じのとおりです。転職サイトはネット上のサービスで、そこに登録しておきますと、求人企業や、転職エージェントから、求人案件の紹介がある仕組みです。原則として登録は無料です。転職エージェントは、政府の許認可を得た人材紹介会社で、そこに依頼しますと、自分に合った求人案件を紹介してくれます。これも、法律で定められており、紹介料は無料です。これらのサービスが無料である理由は、法律で、原則的に求職者から、報酬を得ることを禁止されているからです。これらのサービスの報酬は、最終的に、求人企業から得られています。つまり企業の求人、採用活動のコストとして払われているのです。
求人サイトは大型のものもあり、特殊な職業に限ったものもあります。試験的にいくつか試みることを、お勧めします。サイトにより、まったく反応がないことも、やたらにたくさんの紹介がくることもあります。回答により、対応すればよいわけですが、どうしたらよいか、わからないこともあるでしょう。
転職エージェントも、ネットなどで調べて、いくつかあたってみられることを、お勧めします。同じように、大型のものも、専門性の高いものもあります。ただ、これもまた、まったく反応がなかったり、やたらにしつっこいものもあります。
ご自分でらちがあかないときは、やはり、良い転職エージェントと相談するのが一番です。どこが、良いエージェントかは、友人の経験などで教えてもらえれば、一番良いのですが、親切、丁寧なところを選ぶのが大切と思います。また、エージェントには専門性がありますので、HPなどで良く調べておくことは必要です。エージェントのランキングや評判はたくさん出ていますが、これは、レストランの評判以上にあてにならないでしょう。自分に本当に合ったサービスが、このような他人のうわさだけでは、わかるはずもありませんので。
以上、一般論で申し訳ないですが、サイトやエージェント選びも、自分jの体験として大切ですから、仕事と同じく、自分で研究して、自分でえらぶ、
ということを、心がけることが一番大切と思います。

1転職エージェントが同意

2016-02-09 11:14:13回答番号1262

私からは、転職者にとっての転職サイトと転職エージェントのメリット・デメリットの違いについて回答しますね。

<転職サイトはのメリット>
・掲載されている求人情報を自分でサイト上で好きなだけ閲覧できる
・サイトから直接求人企業にエントリーができる
・上記理由により、家にいながらエントリーできるので早いし、気軽

<転職サイトはのデメリット>
・自分がどこに受かる可能性があるのかわからない
・求人内容が具体的に何をするのか、イメージや詳細がわからない
・自分が何をしたいのかの整理や客観的アドバイスはもらえない
・一定の人気求人企業である場合、エントリーしても、気軽にエントリーできる分、競争相手となる応募者の数も多く埋もれてしまいがちである

<転職エージェントはのメリット>
・求人サイトには掲載できない・されていない非公開求人を紹介してもらえる
・自分がしたい事の棚卸しや自己分析などについて客観的にアドバイスをもらえる
・転職市場相場について、自分のキャリア・経歴で受かる可能性のある業界・職種を教えてもらえる
・興味のある業界や職種についての具体的な仕事内容や詳細を教えてもらえる
・志向性や業界の特性によっての中長期的なキャリアプランの提案をしてもらえる
・履歴書・職務経歴書の添削や、面接対策などをサポートしてくれる
・日程調整などの雑務を対応してくれる
・企業の面接フィードバック・感想を回収できる
・企業に給与や配属交渉など気まずい交渉を代行してくれる

<転職エージェントはのデメリット>
・面談に出向かないといけない(心理的なハードルも高い)
・転職エージェント個人によってサービスの質に差が有る(相性もある)
・求人を網羅的に自分で選べない場合がある(内定可能性や志向に本当に合致しているかで求人をスクリーニングしてくれるため)
・求人や会社によってはエージェント経由であるため、ハードルが上がる場合がある
・エージェントによっては、強引な営業やクロージングを受ける可能性がある

上記を参考にご活用されると良いのではないでしょうか。

2転職エージェントが同意

2016-02-15 18:07:11回答番号1265

ちゃんちゃんさん

転職支援会社 ウィンスリーの新里と申します。
郡山さん・末永さんから一般的なご説明をされていますので、我々ならではのコメントをさせて頂きます。

我々はデジタルマーケティング業界に特化した転職エージェントです。
大手の転職エージェント様と比較しまして、現場やマネジメントを理解している分、転職ミスマッチが起こりにくいメリットがあります。
逆にマーケティング領域以外は専門外です。

という様に、転職エージェントといっても色々ございますので、
複数のサイトやエージェントとお付き合いされて、ご自身に合うものを見つければ良いかと思います。
ひとつではなく、複数の方からの意見を聞くことで、複眼的な見方や、客観的な見方が出来ると思います。
転職エージェントでしたら、単に転職を奨めることではなく、ご自身の現況もお伺いして、本当に転職をすべきタイミングなのか?
というキャリアプランに沿ったアドバイスも頂けると思います。

1転職エージェントが同意

※「転職サイトと転職エージェントの違い」の投稿は、2016年02月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

4人が役に立ったと評価しています。

あなたも一般事務についての質問をしてみませんか?

コーリングッドは転職・キャリアに特化したQ&Aサービスです。
上記のように、一般事務の転職にまつわる悩みや疑問について、 一般事務の転職に強いプロの転職エージェントに気軽に質問する事ができます。

匿名で質問できるので、第三者に知られることなく、エージェントから無料で転職活動に役立つ回答をもらう事ができるのも安心です。

以下から、早速、質問を投稿してみましょう!


その他関連する転職相談

  • 就職氷河期世代の転職活動とは?
    私は現在、不動産ディベロッパーで経理を担当しております。 経理部門の色々な仕事を経験することで経理の仕事にやりがいを感じるようになっていたのですが、 会社の組織改革を通じて総務部に移動し、コンプライアンスの推進業務に携わることになりました。 しかし私は経理の仕事に大きなやりがいを感じており、 今後経理の専門家になりたいという思いもありましたので、転職を決意しました。 ところが私は...
  • 経理職にこだわり続けるべきか
    私は自動車メーカーの経理を担当していました。 転職に際し、経理の経験を活すことのできる仕事を探す方が転職活動に有利かと考え、 経理の仕事を中心に転職活動を行いました。 しかしながら、実は経理という仕事に強いこだわりがありませんでした。 そのため、面接ではことごとく失敗をしてしまいました。 正直、このまま経理の仕事を求めて転職活動を継続するべきかどうか悩んでいます。 そこで質問がござ...
  • 会計士のキャリアを捨て、プレイヤーとして働くことはできるか
    公認会計士として会計事務所で働く28歳男性です。 これまで私にはクリエイティブな能力はなく、サポート役に向いていると考え、学生時代に公認会計士の資格を取得、監査法人や会計事務所で様々なクライアントと共に働いてきました。 プレイヤーとして働くクライアントの皆様を真近に見る中で、私も事業会社でプレイヤーとして働いてみたいという希望が強まりました。 これまでの経歴も活かし、財務・経理部の職を探して...
  • 自分の市場価値
    転職を考えている28歳の男です。 現在在職中の会社では営業事務として3年ほど働いていますが、インターネット等を閲覧すると、男の事務職の市場価値はないと書かれていることが多く、転職出来ないのではと考えてしまっています。 私自身、将来的には管理部門で働きたいと考え現在簿記の勉強をしています。やはり男の事務職は市場価値がないのでしょうか。回答をお願い致します。...
  • 時間的余裕がない状況で、転職活動を成功させるポイントとは?
    私が転職を意識したきっかけは、来年35歳になることと、息子が来年小学校に上がることです。 自分にとって2015年は人生のターニングポイントになると感じ、これを機に新たな環境で仕事をしたいと決心しました。 私は現在、大手精密機械メーカー内部監査職につきながら、夜間部で大学院に通っています。 このため時間的な制約が厳しく転職活動に割ける時間が多くありません。 そこで、転職活動はここで働きた...

その他関連するカテゴリ

一般事務に関するその他のカテゴリ

「一般事務」に得意なエージェント

一覧を見る

転職エージェントランキング

一覧を見る