転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

USJの選考フローは?

  • 1回答
  • 0役にたった

USJの中途採用における選考フローについて教えてください

USJの中途採用における選考フローについて教えてください

エリア:東京都
業 界:総合広告・SP・PR代理店・制作会社 / WEB・広告系
職 種:無形法人営業 / 営業・販売

もっと見る


2019/07/01Q:4912

cgd_user_619さん
(質問者:28歳)

転職エージェントの回答

2019-07-02 15:36:45

ご質問いただきましてありがとうございます。

ご質問内容は「USJの中途採用における選考フローについて」ですね。

知見があるため回答させて頂きます。

選考フローは以下の通りです。

応募→書類選考→面接(1回~3回)→内定

面接の回数は状況によって変動します。

また補足として選考対策についてお話ししますと、

・端的に話せること
・内省できているか

上記を意識すると通過率が上がります。

ご自身で意識すると良い点としては、「端的に話せる」ということが大切になってきます。

Aという質問に対しての答えが、見当違いなBという答えで答えてしまったり、必要以上のことを答えてしまうと、ストレスの無いコミュニケ―ションが必要とされる提案営業・営業職にとっては、相手の求める答えをスムーズに伝える能力は必要不可欠です。

そのため、面接では面接官の質問に端的に答えることが重要となります。

「結論〜、理由としては〜、具体的なエピソードは〜、だから結論」を意識されると良いかと思いますよ。

面接は前提として「自分を売り込むこと」が必要です。
相撲部屋で「足が早い」ことを伝えるのでは意味がありません。採用ニーズをしっかりと意識した売り込みが通過率を上げるポイントの1つです。

内省については、
・なぜそうなのか?主張する背景や理由、動機付けは?
・選択肢は本当に1つなのか?その中でなぜ弊社になるのか?
・自己なりの原体験や解釈、言語化ができているのか?

こういったものは確認しておくとよいでしょう。

そのほかについては、実際に支援を進める中でお伝えできればと思います。

ご自身で面接対策をするのが難しい場合は、弊社でお力になれると思いますので、お気軽にお問い合わせください。


この回答がご参考になれば嬉しく思います。

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」についての相談カテゴリ

相談カテゴリ