転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

秘書から秘書へ転職したい

  • 1回答
  • 1役にたった

エリア:東京都
業 界:教育 / その他
職 種:秘書 / 営業、事務、企画系


現在、新卒から2年半、(2014年3月~)学校で理事長秘書をしています。
もともと秘書志望ではなかったのですが、配属がたまたま秘書でした。
理事長の意向として、秘書は基本的に異動がないそうです。
このまま、ここで秘書を続けるより、キャリアアップして行きたいと考えております。
秘書の転職に強いエージェントがありましたら、教えて頂けると幸いです。

さちゃんさん
(質問者:26歳)

転職エージェントの回答

2016-12-15 00:42:44回答番号1435

さちゃん様


はじめまして。H&innovation株式会社の鈴木と申します。

キャリアアップを目的に、秘書からの転職をお考えとのことですが、次のポジションによって手法が変わると思います。

秘書から秘書であれば、同一業種ですので、これまでやってきたことを整理して、その中で工夫したことや取り組んだことなどをアピールされればよいでしょう。
秘書から別の職種へキャリアチェンジを希望される場合には、秘書の経験をそのまま活用することはできませんので、秘書の仕事を通して身につけ、磨いたスキルを整理して、それを新しいポジションに活かせることをアピールしましょう。

秘書職に強いエージェントはあまり聞きませんが、キャリアチェンジを得意としているエージェントはありますので、該当する場合にはその活用を検討されるとよいと思います。


H&innovation株式会社
鈴木 利弘

※「秘書から秘書へ転職したい」の投稿は、2016年12月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

1人が役に立ったと評価しています。

あなたも秘書についての質問をしてみませんか?

コーリングッドは転職・キャリアに特化したQ&Aサービスです。
上記のように、秘書の転職にまつわる悩みや疑問について、 秘書の転職に強いプロの転職エージェントに気軽に質問する事ができます。

匿名で質問できるので、第三者に知られることなく、エージェントから無料で転職活動に役立つ回答をもらう事ができるのも安心です。

以下から、早速、質問を投稿してみましょう!


その他関連する転職相談

  • 民間企業の研究員から異業種への転職とは?
    私は現在、外資系製薬会社で研究員として働いております。 大学時代から一貫して分子生物学を専攻しており、そのまま研究を続けたいという思いから現職に就きました。 しかし、会社の研究部門再編の影響により、退社を余儀なくされてしまいました。 入社して1年足らずで転職活動をするはめになってしまったのですが、転職活動を進めていく内に自分が研究よりも人事の仕事に興味があることがわかりました。 そこで、人...
  • 経理職にこだわり続けるべきか
    私は自動車メーカーの経理を担当していました。 転職に際し、経理の経験を活すことのできる仕事を探す方が転職活動に有利かと考え、 経理の仕事を中心に転職活動を行いました。 しかしながら、実は経理という仕事に強いこだわりがありませんでした。 そのため、面接ではことごとく失敗をしてしまいました。 正直、このまま経理の仕事を求めて転職活動を継続するべきかどうか悩んでいます。 そこで質問がござ...
  • 40代女性の転職方法について
    40歳になり入社した会社は世間で言うブラック企業ばかりです。 転職活動を繰り返しては入社した職場は毎月人が辞めていく状況で人の入れ替わりが早い職場ばかりです。 賞与はなく賃金も最低賃金ぎりぎりの金額で設定されています。 40代ではそのような条件の企業しか求人はないのでしょうか? 求人サイトを利用し、条件の良い企業はエントリーした時点で不採用になります。 40代女性に必要な転職方法を教えて...
  • 公認会計士からの転職先について
    公認会計士試験をパスした後、新卒で大手監査法人に就職し5年間働いてきました。 近年の会計士増加に伴い、会計士の市場価値の低下が様々なところから聞こえてきたことから、 今回転職を視野に入れ始めた段階です。 若いうちに、できるだけ自分の市場価値をあげておきたいという思いがあります。 つまり、公認会計士プラスαでなにか経験が積めたらと考えています。 このように考えた場合どのようなキャリアを歩む...
  • アソシエイト職から総合職への転職とは?
    現在、外資系の金融機関でアソシエイトスタッフとして働く、30歳男性です。 アソシエイトスタッフとは、日系企業でいう一般職に近いポジションです。 基本的に作業的な仕事が多く、個人に裁量権はありません。 外資系ゆえか、比較的給与面や福利厚生などの待遇が良く、入社当初は満足できていました。 しかし20代も後半になると、大学時代の友人たちは責任ある仕事を任されている一方、私は若手社員でも出来るよう...

その他関連するカテゴリ

「秘書」に得意なエージェント

一覧を見る

転職エージェントランキング

一覧を見る