【コンサルから転職】コンサルタントから転職する時にオススメの業界とは?

コンサル業界は市場価値が高い職種です。コンサルから転職をするときは多くの選択肢があるので今後のキャリアプランに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

本記事では、コンサルタントからの転職を考えている人向けに、どんなキャリアプランがあるのかを解説します。

コンサルから更に成長したい人も、コンサル業界に疲れて別の業界に転職したい人も、どちらにとっても良い記事となっているので是非お読みください。

コンサルタントから転職したい人は2種類に分けられる

コンサル業界から転職をする人は以下の2種類に分ける事ができます。

  1. キャリアアップして年収を高めたい人
  2. コンサルの経験を活かして、より働きやすい職場を探している人

コンサル業界は極めて給与水準が高いですが、同時にハードワークでもあります。そのため、一定期間コンサルタントとして経験を積んだ人の中には転職を考えている人も多いです。

ここからはコンサルタントとして経験を積んだ後のキャリアについてパターン別に解説していきます。

キャリアアップにはコンサル業界内での転職がオススメ

キャリアアップを目指しているなら、同じコンサル業界での転職がオススメです。

コンサルファームでは、特定のファームで定年まで働くよりも、一定期間働いたらキャリアアップとして別のファームへ移籍する業界内転職が一般的です。

業界内で転職をするときの選択肢としてはコンサル業界で最大手の戦略コンサルを目指すケース、専門領域を広げるケースがあります。

コンサル業界の頂点を目指すキャリアアップ

キャリアアップの手段として、中堅のファームで一定の経験を積んでから、トップティアと呼ばれる格式高い大手のコンサルファームへ移籍する事があります。この場合は、大手、最大手の企業をクライアントとしてコンサルティングすることになります。

具体的に目指すことになる企業は、マッキンゼー・アンド・カンパニーや、ボストンコンサルティンググループ、A・Tカーニー、ローランドベルガーをはじめとした外資系最有力の戦略コンサルタントが挙げられます。

こういった業界最有力の戦略コンサルタントは非常に狭き門です。倍率も数十倍から数百倍の中で選ばれますので、国内でトップクラスの実力を身に着ける必要が出てきます。

ただ、実力をしっかりと身に着け、晴れてオファーを手に入れることができればやりがいのある大きな仕事ができるでしょう。
国内でもトップクラスなクライアントの経営層を相手に、世界を股にかけて仕事をしていくことができます。とてもエキサイティングで社会への貢献も大きなものになるでしょう。

【無料】世界を股にかける敏腕コンサルへのキャリアプラン、プロが解説します

専門領域を広げるキャリアアップにはITコンサルがオススメ

一方、特定の領域に縛られずキャリアアップをしたいならば専門とする領域を広げることでもキャリアアップが可能です。

特に領域を広げるのならITコンサルがオススメです。なぜなら近年では、O2O(オンライン・ツー・オフライン)やDX(デジタルトランスフォーメーション)などの案件がどんどん増えており、需要が尽きないからです。

例えば、銀行や自治体でも労働生産性の向上を目指してAI(人工知能)やRPA(Robotic Process Automation)を通じて、機械に単純作業を任せようとする動きは増えています。
これにより、コンサル業界ではどのようにAIなどを導入していくかの案件が増えています。

DX案件を目指すならば大手の総合ファームがおすすめです。例えば、外資系であればDTC(デロイトトーマツコンサルティング)などが力を入れています。また、国内ファームでもベイカレント・コンサルティンググループや船井総研なども力を入れています。他には富士通などもIT領域に特化してコンサルファーム新会社を設立しようとしています。

労働環境を重要視する人は事業会社へ転職しよう

コンサル業界は数ある業界の中でもトップクラスに給料が高いですが、その分ハードワークさもトップクラスです。そのため、より良い労働環境を求めて転職を考える人は多いです。

労働環境から転職を考える人は、専門としてきた業界もしくは領域で転職するか、実際にコンサルをおこなったクライアント先へ転職をする事が一般的です。

例えば、マーケティングに特化してきた人であればベンチャー企業のCMO(チーフマーケティングオフィサー)のポストや、財務・会計をメインとしてきたならば、CFO(チーフファイナンスオフィサー)のポストなどです。

他にもクライアント先への転職では、人事案件を中心とされてきたコンサルタントの人が取引先の事業会社で実際に人事をすることがあります。

特に戦略コンサルとして働いている人の場合は、事業会社の経営企画や、外資系企業などに転職する道もあります。

しかし、給与水準がトップクラスのコンサル業界から事業会社へ転職する際は、給与のダウンがほぼ避けられないので注意が必要です。

【無料】「労働環境は改善したいけど、年収は下げたくない」希望に合う求人はコチラから

コンサルからの転職にはエージェントがオススメ

コンサルタントは市場価値が高く、給与もトップクラスに高いです。そのため、リスクを負ってまで無理に転職する必要があるのかと悩む人は多いです。

転職するべきか悩んでいる人は転職エージェントへの相談がオススメです。

転職エージェントはキャリア設計のプロなので、転職があなたのキャリアに与えるメリットやデメリットを総合的に判断してくれます。あなたの望むキャリアプランから逆算して、転職をするべきか判断したい人はぜひご相談ください。

弊社Callingoodではコンサル業界に特化した優良エージェントが、あなたにとって最善な選択肢をご提供します。

関連記事

The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

Twitterで転職ノウハウや市場価値の上げ方を発信中!
Twitterアカウントはこちら