総合商社への転職|意外と知らない業界の実態に迫る

就職人気ランキング上位の総合商社。

エリートのイメージが強く、多くのビジネスマンが憧れる総合商社。

結論、総合商社へ就職をしたら転職することはおすすめしません。

今回はその実態や総合商社の魅力やなどをユーザーにお届けできたらと思います。

総合商社とは?

 

まず、「商社」という会社とはどのような会社なのでしょう?ご存知の方もいるかと思いますが、認識をすり合わせておきましょう。

商社とは、食料品や石油石炭などの資源、自動車や通信衛星など、様々なものを世界各国と取引を行う会社のことを指します。

そして、幅広い分野を一社で総合的に取引する企業を「総合商社」と呼び、専門分野を設定して取引を行う企業を「専門商社」と呼びます。

事業としては大きくわけると2種類あります。

①トレーディング…メーカー間の取引を仲介し、手数料をもらいます。
②事業投資…企業の子会社や経営に参画するなど事業に投資をして利益を得ています。

そういった意味で「トレーディング」は専門商社・事業投資は資本力が必要になるため「総合商社」がメインとなっています。

ではメーカーとの違いは?

メーカーとは簡単にいえば「モノ・製品」です。食品メーカー・文房具メーカーなど括りとしては「モノ」という認識で間違いありません。

商社との違いは、メーカーは流通を担わないことです。つまり、仲介などはしません。材料を仕入れて作り、提供するのですが、日本にない素材は専門商社などが独占をしており、そこから購入しています。

商社の役目は、「売り手」と「買い手」のパイプ役です。

例えば、製造メーカーは、商品を作る際に必要になる原材料をなるべく原価が安く、良い品質のものを仕入れることを重要視しています。

そういった意味で、専門知識を持った商社が製造メーカーに代わり、原材料を仕入れて製造メーカーに安定供給するという仕組みになっています

*より効率的な情報収集をしたい方へ*

弊社では、転職サポートの実績を活かし、様々な業界・職種に関する情報や自己分析の方法などを転職支援のプロとしてLINE@にて公開し、配信しております。

[情報収集をしたい方へ]
今すぐ転職に関する情報を読む↓

友だち追加

総合商社の仕事内容とは?

次に、総合商社の仕事内容とはどのようなものなのかをご紹介したいと思います。

商社に勤める商社マンたちは、世界各国の莫大な数の生産者の情報を調べ上げ、有効な取引ができるような交渉をすることが主な仕事になります。

そして、世界各国を飛び回り、直接外国人生産者と取引のやりとりを行う機会が多くあります。

しかし、ここに大きな落とし穴が存在します。

勘違い

  1. 海外で仕事をしたいならメーカーを選ぶのが常識
  2. 海外に在住できるのは、全体の3割程度。30 %の優秀層でしか厳しい現実

学生でも知っている方は少ないかもしれませんが、「海外でバリバリ働きたい」場合は「メーカー」を志望するべきです。

その理由が、2番目についてですが、現地で働ける人は2〜3割程度がほとんどです。これは業務レベルまで落とし込むと理解ができます。

働くパターン

  1. 国内で海外の顧客・パートナーとメールや電話で仕事を進めるパターン
  2. 出張ベースで海外に行き、顧客やパートナーと面談を行い仕事を進めるパターン
  3. 海外の現地法人・子会社に海外赴任し、仕事をするパターン

実際は、①がメインとなり、②が一時的に出張を行う形です。

③は仕事をする上で、遠隔で仕事ができることがほとんどなので、現地のマネジメント業務や事業拡大といった場合がほとんどです。

であれば、優秀層の2〜3割程度しか携わることができないといえます。

一方で「メーカー」であれば、生産コストや人件費といった削減などから生産ラインを海外で作る傾向あります。また、素材の交渉などを現地で行う場合もあることから海外展開をしている「メーカー」企業が多いのが特徴です。

大手7社について

基本的に総合商社は「新卒採用文化」です。

待遇面や報酬は基本的に高いのが特徴です。

一方で、ビジネススキルという点でいうと相場より報酬を貰っているため注意が必要です。

1.三菱商事

 総合商社の売上ランキング上位を占める三菱商事。

地球環境インフラ・新産業金融・エネルギー事業・金属・機械・化学品・生活産業などの分野を主力としています。

貿易を中心に取引を行っていましたが、近年は資源開発の分野に力を注いでいます。

社員の平均年齢は42.5歳で、平均年収は1386万円となっていますが、資源価格暴落の影響で、業績は落ち込んでいます。

最も多い出身大学は慶応大学で有名ですよね。

2.三井物産

日本初の総合商社で、創業は明治9年の老舗企業です。

金属・機械インフラ・科学品・エネルギー・生活産業などの分野を主力としています。

積極的にグローバルな人材を取り込もうという方針があり、個性を大切にする考え方が強いことが特徴です。

社員の平均年齢は42.4歳で、平均年収は1213万円となっています。

三菱商事同様に、近年では資源の分野に力を注いでいますが、こちらも資源価格暴落の影響を受け、業績が落ち込んでいます。

大学出身では「慶応大学」が多いですが、一橋大学の割合は多いようです。

参考

3.伊藤忠商事

繊維分野や食料分野で圧倒的に高い業績を誇る総合商社です。

他にも金属・機械・エネルギー化学品・住生活・情報金融の分野を主力としています。また大手コンビニエンスストアを傘下にしているのが特徴でもあります。

社員の平均年齢は41.5歳で、平均年収は1383万円です。

4.丸紅

近年の売上の成長率が伸びている丸紅。

中途採用を2・3割で採用すると最近発表されましたね。

生活産業・素材・エネルギー金属・電力プラント・輸送機などの分野を主力としています。

特に、電力プラント分野の発展が著しく、   IPP(独立系発電事業者)は商社の中でもトップの実績を残しています。

また、食料分野でもコーヒーや穀物の取り扱い量は、トップレベルです。社員の平均年齢は41.1歳で、平均年収は1221万円です。

参考

5.住友商事

住友系の企業として多くの不動産を持っており、堅実で穏やかな経営や社風を持っています。

金融・輸送機建設・環境インフラ・メディア生活関連・資源化学品などの分野を主力としています。

社員の平均年齢は42.8歳で、平均年収は1255万円です。

参考

6.双日

バブル崩壊から経営破たん、合併を経験して新たな企業として生まれ変わった双日。

自動車・航空産業・環境インフラ・エネルギー・石炭金属・科学・食品・生活産業・都市開発などの分野を主力としています。

社員の平均年齢は42.2歳で、平均年収は1090万円です。

参考

7.豊田通商

豊田通商は、自動車で有名なトヨタグループの商事部門として創業されました。

金属・グローバル部品・自動車・機械・エネルギー・化学品・食料・生活産業・アフリカなどの分野を主力としています。

本社が愛知県と東京都の二か所あるという特徴を持っています。

社員の平均年齢は41.2歳で、平均年収は997万円です。

参考

総合商社への転職

結論から申し上げますと、転職の成功確率を高めるためには直接応募が良いでしょう。

新卒文化ということもあり、そもそも中途採用に積極的ではありません。

そういったことから商社以外にご自身で転職を検討されている場合は、転職エージェントを利用することをオススメします。

理由としては、転職活動は、求人サイトや会社HPから直接応募する場合は、面接対策だけではなく、エントリー書類の準備からSPIの対策、企業と面接調整のやりとりまで自分ですべてしなくてはなりません

現職を続けながらの転職活動の場合は、転職活動に割ける時間が少なくなるため対策や準備が満足にできないままSPIや面接に臨んでしまい、お見送りになことも珍しくありません。

転職エージェントを利用すると、面接対策だけではなく、履歴書・職務経歴書の添削や企業との面接日程の調整なども行いますので、負担が減るという点で、転職エージェントをオススメする理由の1つです。

とはいえ、転職エージェントをすでに利用したことがある方からよくある声なのですが「書類添削や面接対策をしっかりしてくれない」というもの。

実は、転職エージェント・キャリアアドバイザーによって経験やスキルに差があり、機械的なサポートになることがあります

これは、我々転職エージェントの問題でもあるのですが、組織が大きくなると転職エージェントが担当する人数が増えます。多い人で月間40〜50名ほどサポートする場合があります。

そうなると相談者に対して十分なサポートが難しくなり、アプリやメールで気になった企業へ「エントリー」してもらうようなサポートになってしまいます。
また、大手エージェントの場合は、登録者の数が多いので、他の転職者に埋もれてしまうということもあります。

一方で、利用者が多いということは「求人」が豊富です。そのため、具体的な目標ややりたいことがある場合は、利用されると良いかと思います。

弊社の場合は、「求人数」は少ないですが、転職エージェント・キャリアアドバイザーが、直接社長や人事に対して直接、連絡を取り転職者をプッシュしております。
これは、人脈とキャリアアドバイザーが企業に直接訪問することから強いコネクションがあるためです。

実際、弊社の転職サポート者の内定獲得率は大手エージェントの3倍という実績があります。

大手エージェント経由ではできないサポートをすることで、転職したい人にとって最大のメリットができると自負しています。

手前味噌ですが、ホームページ・求人サイト・他社転職エージェント(大手エージェント含む)などよりも、ご紹介・選考サポートは手厚く、且つ強いと自負しています。

ですので、焦って応募をされる前に、まずは弊社までご登録・ご相談ください。

The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

LINEでの相談はこちら↓

LINEで相談