大手と中小で転職エージェントはどう違うのかを徹底解説!

転職エージェントを利用することが求職者にとって転職への最善策であり一番の近道であることは、ここで改めて言うまでもないことです。ただ、求職者にとって大事なことは、『どんな転職エージェントを使うのか?』であり、どんな転職エージェントを使っても同じ結果が得られるということではありません。

求職者には、インターネット検索などで上位表示された転職エージェントから乱発で登録する人もいます。

これは間違いです。

上位表示される=良い転職エージェントではないですし、上位表示される=自分にとって良い転職エージェントではないのです。

上位表示される転職エージェントは、ほとんどが大手の転職エージェントであり、日本には2万社以上の転職エージェントがありますが、その大半は中小の転職エージェントです。

上位表示される大手の転職エージェントだけを選択肢として考えるということは、その他の転職エージェントを利用する前から除外しているということで、非常に勿体ないです。

今回は、大手ではない中小規模の転職エージェントについてご紹介しますが、求職者によっては中小規模の転職エージェントを使った方が効率的な転職活動をすることができるというケースは多いです。

求職者の多くは転職エージェントの概要についてあまり詳しくないと思いますので、是非、この記事を参考にして中小規模の転職エージェントも自分の選択肢に入れてみてください。

中小エージェントとは?大手エージェントの違いは?

中小規模の『転職エージェント=文字通り転職エージェントとしての規模が小さい』を意味します。大手の転職エージェントの場合は、日本全国に拠点を構え転職支援の対象領域も広いです。中小規模の転職エージェントと大手の違いは規模にあるのですが、規模の違いによりさまざま違いが出てきます。

大手の転職エージェントを利用する最大のメリットは、求職者の転職活動では生命線と言える求人紹介数です。

採用する企業は少しでも多くの候補者を紹介されて1日でも早く人員充足したい狙いがありますから、その規模の大きさにより多くの求職者登録がある大手の転職エージェントを必ずと言って良いぐらい利用します。多くの企業が大手の転職エージェントを利用するということは、それだけ紹介される求人数が多いということです。

いかに求職者に転職熱があっても、転職市場に求人がなければ転職することはできません。ですから、大手の転職エージェントを利用するということは間違いではないですし、転職エージェント選びで絶対に利用すべき1社であることは間違いないです。

一方、中小規模の転職エージェントの場合は、利用する企業数、求職者数が少数であるため、求職者からすると求人紹介数は大手の転職エージェントに比べると激減と言えるぐらい少ないです。求職者が転職エージェントから最も多い求人紹介を受けるフェーズは登録面談時になりますが、この場合でも中小規模の転職エージェントは、多くて5社程度です。

大手の転職エージェントの場合は、20社、30社近くの求人を一気に紹介することも珍しくありません。これは書類選考がなかなか通らないケースもあるため多い方ですと100社エントリーする人もいます。

中小規模の転職エージェントは、求人紹介数では求職者の転職支援に貢献することは難しいですが、求人紹介後の転職支援がかなり充実しています。

書類選考対策の職務経歴書の添削、適性検査対策、面接練習、内定時の条件交渉と転職支援の内容は大手の転職エージェントと変わりませんが、質はかなり高いですし、大手の転職エージェントでは受けることができないことも可能です。

*転職を成功させたいあなたへ*

弊社では、転職サポートの実績を活かし、様々な業界・職種に関する情報や自己分析の方法などを転職支援のプロとしてLINE@にて公開し、配信しております。

[情報収集をしたい方へ]
今すぐ転職に関する情報を読む↓

友だち追加

中小エージェントの弱みと強み

中小規模の転職エージェントの弱みと強みについても触れておきます。まず弱みですが、求人紹介数が少ないということです。これは、どの中小規模の転職エージェントを使っても大差はありません。

そこで、大手の転職エージェントを2社利用し、求人紹介数を担保し、中小規模の転職エージェントを1社程度利用し、求人紹介以外の転職支援を受けてください。このスタイルにより求人数と転職支援の質の両方を期待することができるのです。

逆に強みは、何度も言う通り転職支援の質の高さにあります。それ以外でも、企業の経営者と深い繋がりを持ち、経営者直結求人があります。この求人は、その他の求人よりも選考プロセスで優遇され内定に近づくメリットがあります。

書類選考がなかったり、面接が会食だったり求職者にとっては都合が良い内容です。

*転職を成功させたいあなたへ*

弊社では、転職サポートの実績を活かし、様々な業界・職種に関する情報や自己分析の方法などを転職支援のプロとしてLINE@にて公開し、配信しております。

[情報収集をしたい方へ]
今すぐ転職に関する情報を読む↓

友だち追加

 

中小エージェントを利用すべき人と利用すべきでない人

中小規模の転職エージェントを積極的に利用して欲しい求職者タイプ、管理職として転職を目指す人第二新卒です。管理職として転職したい求職者は、そもそもで求人が少ないため、競争激化の状況で転職活動をします。

そこに選考プロセスで優遇を受ける求人が1つでもあれば、他の求職者との差別化を図ることができますし、内定にも近づくのです。第二新卒の場合は、社会人として未熟である面がありますから、転職活動をしながら自己成長しなければなりません。質の高い転職支援を受けることで人間的にも成長し、また求職者としてのいろはを得ることもできますから中小規模の転職エージェントは利用しましょう。

逆に利用すべきではない求職者は、基本的にいませんが、中小規模の転職エージェントを利用しなくても転職できる求職者はいます。それが第二新卒を除く20代の求職者と30代前半の求職者です。

この層は転職市場で応募できる求人数がかなり多いですし転職市場における中心年代です。転職支援の質がそこまで高くなくても十分、転職できる可能性があります。

また利用する上で1つ注意があります。転職エージェントは決して『ボランティア集団』ではありません。仕事として、また転職のプロとして、報酬を頂いています。そのため、利用する上で態度が悪かったり、上から目線だったり、印象が悪い方や面接対策だけを利用したいと考えている方のサポートできません。これは転職エージェントのビジネスモデルとして報酬は企業側から頂いているためでもあります。

そして、転職エージェントの仕事は、企業に『あなた』という人間をいかに魅力的にアピールできるのか?プッシュするかが仕事になります。そう考えた際にどんな人を支援したいと思うのか、利用する側の意識もあるとより転職の決定角度が高まります。

【無料】転職支援のプロに相談する

中小エージェントはぶっちゃけ信用してもいいの?

私は転職エージェントとして転職支援をしてきた経歴を持ちますが、中小規模の転職エージェントこそ信頼すべきです。

少数精鋭で転職支援しますから、1人1人の求職者を非常に大切にします。大手の転職エージェントの場合、利用者数が非常に多いため、質があまり高くない=求職者1人にかける時間が少ないです。単なる求人紹介機関になってしまっている部分も否定できませんから信用という意味では中小規模の転職エージェントの方が高いです。

信頼できるエージェントとは?

大手の転職エージェントも含めて求職者にとって本当に信用できる転職エージェントとはどんな転職エージェントでしょう。それは、求職者である自分を商品ではなく人として接してくれる転職エージェントです。

転職エージェントには顧客が2つあります。

求職者と求人企業です。

転職エージェントは、求人企業から収益を得ますから、基本的に求人企業ファーストです。収益を得るために、求職者にごり押しをしたりすることもありますが、ごり押しは論外としても求職者を人として見てくれる転職エージェントこそ信頼すべきです。

その意味でも中小規模の転職エージェントを選択することは良いでしょう。

ごり押しを回避することもできます。

【無料】転職支援のプロに相談する

転職を検討されている方へ

多くの転職エージェントがあり、求職者は転職エージェント情報をあまり知りません。

このような入り組んだ状況のなかで、どうしても大手の転職エージェントを利用することが多くなりますし、その気持ちも理解できます。しかし、広告展開などは一切せずとも優秀なキャリアアドバイザーが在籍し転職支援の質が高い転職エージェントが多くあります。知名度で決めるのではなく転職支援の質で転職エージェント選びをしてみましょう。

今までと違った転職活動をすることができるはずです。

The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

Twitterで転職ノウハウや市場価値の上げ方を発信中!
Twitterアカウントはこちら