転職エージェントのメリットデメリットを大手と中小で徹底比較!

転職活動を進めるにあたって、転職エージェントは頼りになる存在です。

多くの転職エージェントがいる中で、まずは大手の転職エージェントに登録する方も多いでしょう。

しかしそこで気になるのは、「大手だから安心できる」という思い込みを持つことは、果たして良いことなのでしょうか。

物事にはメリットとデメリットが存在し、選択をする際にはその両者を比較検討する必要があります。メリットだけを考慮して決断をするのはいささか短絡的ではないでしょうか。

ということで今回は、大手の転職エージェントに任せることのデメリットも知っておき、自分にとって有利な転職活動を進めるためのポイントをご紹介します。

大手の転職エージェントに登録するメリットは?

転職エージェントの役割は、転職希望者と企業をマッチングさせることであり、応募者のスキルに合う企業を紹介して、転職が成立したら企業から報酬を受け取る仕組みです。

転職エージェントは、利用すれば、応募者にとっては非公開の求人にも出会うことができ、年収の交渉なども行ってくれるなど、転職希望者にとって心強いサービスです。

大手の転職エージェントであればあるほど、非公開求人の数が多くなるので応募の幅を広げることが可能です。

また大手の転職エージェントには多数のエージェントが在籍するので、担当者が合わないなと思ったら変更を希望する事もできます。※これは中小エージェントでも可能ではあります。

大手転職エージェントのメリット

  • 多くの求人がある
  • 非公開求人も多く取り扱っている
  • 担当者の変更を希望できる
  • 転職セミナーの案内や、独自サイトなどのサービスを利用できる

【落とし穴】大手の転職エージェントに登録するデメリットは?

メリットの多い大手転職エージェントですが、デメリットもあります。

他社の大手エージェントでよくあるのが、担当者の対応が事務的になりやすいというものです。

一人の担当者が多くの企業や応募者を担当しているため、どうしても多くの案件をスピーディに捌くことが業務の中心になりやすいのです。

求人票をたくさん送ってくれたり、返事が早いのはよいのですが、親身になってサポートをしてくれるかといった点では、中小の転職エージェントの方が勝っている傾向にあります。

また大手の場合、応募者も多いことから、成立確率の高い人材にはオススメする求人が多くなります。

そのため複数の大手エージェントに登録している場合、大手のエージェント同士で人材の取り合いが発生することがあります。

応募者からすれば、同じ求人ばかりを紹介されて、転職エージェントによるゴリ押し合戦も始まり、本当に自分に合った転職先が分からなくなってくるケースもあります。

良心的なエージェントであれば、本人が気持ちよく転職できるようしっかり希望をヒアリングしたり、客観的なアドバイスをくれるはずです

応募者の意見を聞かない一方的なオススメや、返答期限をタイトに設け、焦らせるような対応をしてきたら、担当者による営利優先の追い込みが始まっていると考えてよいでしょう

大手転職エージェントのデメリット

  • 担当者の対応が事務的になりやすい
  • ヒアリングをしっかりせずに多数の求人を勧められる
  • 営利優先になりやすい

*転職を成功させたいあなたへ*

弊社では、年間1000人以上の転職サポートの実績を活かし、様々な業界・職種に関する情報や自己分析の方法などを転職支援のプロとしてLINE@にて公開しています。

[完全無料]今すぐ転職に関する情報を読む↓友だち追加

大手転職エージェントの賢い利用法は?

転職活動を有効に進めるポイントとしては、自分に合った求人案件をよくリサーチして、希望条件に合致しているかを客観的に見ることです。

求人案件のリサーチのためには、大手転職エージェントはもってこいの存在です。

リクルートエージェントや、マイナビエージェント、JACなどの大手に1つは登録して、求人案件をリサーチするのは有効でしょう。

ただしそれだけでは先述したような落とし穴がありますので、中小の転職エージェントに並行して登録するのが賢い進め方です。

中小の転職エージェントは、案件数は少ないですが親身になって応募者の意見を聞いてくれることが多く、大手では気付かないような視点でアドバイスをくれる可能性があります。

最終的な自分にとってのメリットは何かを考えて、いくつかの転職エージェントを利用し、客観的な視点で転職活動を進めることが大事です。

転職エージェントの使い方でお悩みの方へ

大手に限った話ではありませんが、転職エージェントは担当者のスキルによってサポート力が左右されますので、希望に合わない求人を勧められたり、意見を聞いてくれないといった場合は、担当者の変更を申し入れることも対処の一つだと言えます。

その点で大手には多数のエージェントが在籍していますので、変更を申し入れやすいといったメリットがあります。

転職は一生のキャリアを変える分岐点ですので、大切な人生のイベントでエージェントの言うことを鵜呑みにしないようにしましょう。

その参考のためにも、複数の転職エージェントに登録することは有効だと言えます。

弊社の考える良い転職とは

また、弊社でも転職に際して悩みを抱えた方のキャリア相談をさせていただいております。記事に関する疑問点を解消したい、キャリアについて相談をしてみたいと思っていただけた方は、ぜひお気軽にご相談ください

弊社では良い転職の定義を

  1. 納得感がある転職
  2. 将来なりたい自分や価値観に近づくことができる転職

と考えています。

上記を重要視している理由としては、あくまでも転職は手段だからです。

現職に留まった方が良いケースもたくさんあるのですが、多くの方は転職することが目的になってしまい、同じ間違いを繰り返してしまいます。

弊社としては転職で後悔して欲しくありませんし、仕事を通じて自分の価値観や幸せを追求して欲しいと考えております。

だからこそ自分を『客観視』する必要があり、良い転職を実現するための『転職の軸』を明確にしなければならないと考えておりますので、1つの手段として転職エージェントをうまく活用頂ければと思います。

情報収集という点ではLINE@にて転職の情報配信をおこなっておりますので、宜しければ下記バナーよりご活用ください。

また最後に、この記事を通じて「読者の転職」がより良いものへとなりましたら大変嬉しく思います。

The following two tabs change content below.

Callingoodマガジン 編集部

◆キャリアを前向きに考える2・30代のビジネスパーソンに向けて、転職・キャリアに関する記事を発信◆
【弊社の特徴】大手求人サイトとは異なり、キャリアアップという視点でご支援致します。地方でのご支援も可能!
LINEで記事を定期配信中↓

LINEで相談