保険会社を辞めたい人におすすめの転職先や成功させるポイントを紹介!


保険会社から転職する際、難易度の高いサービスや厳しいノルマを経験しているため、評価されやすい傾向にあります。

しかし、書類選考や面接対策をしっかり行わないと、転職に成功する確率は下がってしまうでしょう。

本記事では、保険会社からの転職を成功させるポイントやおすすめの転職先についてお伝えします。

保険会社から転職はできない?

保険会社からの転職は可能です。

保険会社の営業を経験した人は、「コミュニケーション能力」「営業スキル」「強い精神力」などのスキルを得られ、これらのスキルは他の業界や職種でも活かせます。

自身の強みを客観的に見ることで、履歴書や面接の際にうまくアピールできるでしょう。

保険会社を辞めたいと思う理由

保険会社を辞めたいと思う理由として、以下の3つが挙げられます。

  • 厳しいノルマ
  • 不安定な給与
  • キャリアアップしにくい

上記3つの理由から一般的に、保険会社の営業は厳しい仕事といわれています。それぞれ詳しく説明します。

厳しいノルマ

保険会社の営業が最初につらいと感じるのは、厳しいノルマのプレッシャーです。保険会社のノルマは、売上目標を達成できたかどうかで決まります。

また、営業方法は昔ながらの顧客の自宅や企業に訪問し、契約を獲得する手法が求められます。ノルマを達成できなかったら、雇用契約が終了したり、減給になったりする企業もあります。

ノルマを考えながら日々営業を行うことで、精神的に追い詰められる人が多いため、保険業界は離職率が高い業界の一つです。

不安定な給与

目標売上に達しなかったり、営業回りに時間がかかりすぎてしまうと、その分帰宅時間はどんどん遅れます。

長時間労働を強いられますが、いくら頑張っても給与は安定しません。契約が立て続けに取れたときは、それに応じた報酬がもらえますが、契約が取れなかった場合、極端に手取り金額が減って行く可能性があります。

業務に見合った給与を受け取れない人も多く、辞める人が多いといわれています。

キャリアアップしにくい

同じ金融業界である銀行や証券会社では、日本経済や世界経済に詳しくなっていき、キャリアを積み上げていくことが可能です。

しかし保険会社では、金融事情より義理人情が重要視され、「このままで将来いいのかな?」といった不安を感じるようになるでしょう。

キャリアアップに意欲的な人ほど、退職する傾向にあります。

保険会社の経験で活かせるスキル

保険会社の経験で活かせるスキルとして、以下の3つが挙げられます。

  • コミュニケーション能力
  • 営業スキル
  • 強い精神力

保険会社の経験から得られるスキルは、多くの企業から求められる市場価値の高いスキルです。それぞれ詳しく説明します。

コミュニケーション能力

保険会社に長年勤めてきた人は、高いコミュニケーション能力が身についています。保険会社では顧客一人ひとりに合った対応をする必要があります。。

保険会社で培った、コミュニケーション能力は、どのような業界・企業でも通用するでしょう。

説明する能力

何も知らない人に商品やサービス内容を理解してもらい、最終的には購買につなげることが保険会社の営業の仕事です。

顧客のほとんどは、最初は商品やサービス内容はほとんど知らず、人生のリスクについても無知な人が多いです。

そのため、保険会社は、専門知識などを専門用語を使わずにわかりやすく説明する能力が身についているでしょう。

強い精神力

保険会社の営業は、相手から煙たがられたり、ときには嫌われることもある仕事です。生命保険は非常に売りにくい商材の1つです。

売りにくい商品やサービスを売ってきた経験やノルマに向かって営業活動をしてきた経験から、精神的に鍛えられているひとも多いでしょう。

保険会社からの転職先は営業がおすすめ

保険会社からの転職において、もっともおすすめな職種は「営業職」です。

しかし、保険会社を経験された方の中には、営業職にあまり興味はなく、事務職を希望する方は多くいますが、おすすめしません。理由としては近年、派遣社員に業務を委託することが増えており、「事務職」としての市場価値が下がっている背景があるためです。

業務委託はスキルアップやキャリアの成長が見込めないため、その後の選択肢が狭くなります。そういった点を踏まえて、派遣社員として事務職をしたいと考えているのであればおすすめですが、今後の選択肢を広げたいという方にとっては、おすすめできる選択肢ではありません。

以上を踏まえておすすめしている業界は、以下の3つです。

  • 人材業界
  • 人事職
  • 法人営業

金融や証券への転職も可能ですが、中長期的な視点で考えると体力も必要でストレスも多いことから、あまりおすすめはしません。

基本的には異業界への転職を検討するなら「ポテンシャル採用」となる20代のうちに転職しましょう。異業界であった場合も、現職と同じ職種での転職なら30代前半までは問題ありません。

保険会社からの転職を成功させるポイント

保険会社からの転職を成功させるポイントとして、以下の5つが挙げられます。

  • 転職理由を明確にする
  • 条件をある程度絞り込む
  • 企業研究をしっかり行う
  • 自己分析を行う
  • 面接対策を徹底して行う

保険会社からの転職を成功させたいのであれば、自己分析をしっかり行い念入りに面接対策をしましょう。成功させるポイントについて、詳しく説明します。

転職理由を明確にする

転職理由が明確でない場合、転職活動につまづいてしまう可能性があります。転職理由を明確にしておけば、転職を決意した理由をもとに転職先をリサーチできるので、入社後のミスマッチを防ぐことができます。

転職活動を始める前に、「なぜ転職を決意したのか?」という質問に答えられるようにしておきましょう。

条件をある程度絞り込む

転職を成功させるためには、「譲れない条件」を細かく絞り込むことが大切です。例えば、「年収が高くて休日が多い」といった抽象的な条件では、どうしても弱い転職理由になってしまいます。

・月々の生活費と貯金のためには、年収が400万円以上必要

・副業の時間を確保するために、月の残業時間は20時間以内

このように、条件をある程度絞り込むことで、希望する条件がブレることなくスムーズに転職活動が行えます。

企業研究をしっかり行う

企業研究を行うことで、今後伸びていく業界や職種などを見極め、人材の需要や給与の推移を予想することができます。

現在給与がよく、就業時間が短い企業を選んでも、将来同じ条件で働き続けるのは難しいかもしれません。反対に、将来性があり今後伸びていく業界の企業を選べば、今すぐに条件が良くならなくても数年後には条件が向上する可能性があり、需要の高さから選考に通りやすいといったメリットも期待できます。

さらに、企業研究・業界研究を行うことで、興味のある分野が明確になるため、企業の絞り込みにもつながり、転職後のミスマッチも防ぐことができるでしょう。

自己分析を行う

自己分析を行い、自身の長所・短所を知ることが大切です。

自己分析が不十分なまま入社を決めてしまうと、自身の長所を活かせない職場だったり、これまで得意としてきたことがうまくできなかったりするケースも考えられます。

転職を成功させるためには自己分析をしっかり行い、仕事の向き不向きを明確にさせましょう。

面接対策を徹底して行う

中途採用の選考では、筆記試験よりも面接の方が重要度が高い傾向にあります。企業の中には1回の面接で内定が決まる企業もあるので、面接対策に妥協せず徹底して行うことが大切です。

やっておくべき面接対策は以下の通りです。

  • 身だしなみを整える
  • 面接時に持ち物や書類などを忘れないように確認する
  • 遅刻はしない
  • 応募先企業の人にあいさつをする
  • 面接のマナーを徹底する
  • 面接時の質問を事前にリサーチして考える
  • 質問される内容を想定して答えられるようにしておく

この他にも面接対策はたくさんあります。面接対策をしっかり行い、採用される確率を上げましょう。

転職に失敗したくないなら転職エージェントに相談しよう!

保険会社からの転職に失敗したくないなら、転職エージェントに相談することをおすすめします。転職エージェントを利用すれば、転職に必要なさまざまなサポートを受けられます。

  • 非公開求人の紹介
  • 質の高い面接対策
  • 応募書類の添削

それぞれ詳しく説明します。

非公開求人の紹介

転職エージェントでは、公開求人のほかに非公開求人の紹介があります。

実は、転職エージェント各社が取り扱っている求人の約8割ほどは、企業の公式採用ページや転職サイトに掲載されていない非公開求人となっています。

なぜ企業は転職エージェントに非公開求人を依頼しているのかというと、求める人材を効率良く採用したいからです。

とくに人気企業や有名企業などは1つの求人に対して多くの応募があるでしょう。

その中には企業が求める募集要件に合っていない応募も多く、企業の採用担当者の負担が増すこともあります。

採用業務を効率化するために、募集要件にマッチした企業の求める人材のみを紹介して欲しいという理由で、転職エージェントを利用します。

質の高い面接対策

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人企業の内情に詳しい人が多いです。

「どのような面接が行われるのか」「面接官はどういった点に着目しているのか」といった情報を把握しています。

転職エージェントは企業の人事担当者に、事前に採用要件をヒアリングしています。

ヒアリングした内容から「この企業はスキルを重視しているから、面接ではこれまでの経験や実績をしっかりアピールしましょう」と、企業の選考重視ポイントを考慮しながら具体的なアドバイスができます。

また、これまでに転職エージェントは多くの企業に転職者を紹介しています。

面接で聞かれた質問内容をデータとして蓄積しており、企業ごとの想定質問集を用意しています。

企業ごとの面接情報やノウハウが蓄積されていることから、面接内容を万全にすることも可能です。

応募書類の添削

多くの転職者は履歴書や職務経歴書といった応募書類をきちんと書けているか不安に感じるでしょう。

転職エージェントは応募書類の書き方について、アドバイスや添削をしてくれます。

応募書類を添削してもらうことで、転職サイトなどを通して直接エントリーするよりも書類選考の通過率が上がりやすくなります。

さらに、採用担当者の目に留まるためのコツも伝授してくれます。

保険会社から転職はできる!

保険会社から転職する際は、転職先とのミスマッチに注意しましょう。自分に本当にマッチした企業を見つけるためには、徹底した企業分析が必須です。

保険会社から転職する際は、転職エージェントの利用がおすすめです。しかし、担当するエージェントの経験やスキルによってサービスの質が異なるので、転職エージェントを利用する際は見極める必要があります。

ぜひご気軽にご相談ください。


The following two tabs change content below.

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」