【医療業界】志望動機を考えるコツをまとめて紹介

転職を考える際、基本となるポイントとしてどのような働き方をしたいのかが重要になってきます。

医療業界は専門性が高い業界だからこそ、転職にも自身が積み重ねた経験が生きてきます。

ではどのようにして医療業界へ転職するのかを、解説していきます。

具体的に、どう志望動機を書いていけばいいのかポイントとなる部分を解説しますので最後までお付き合いください。

医療業界への志望動機を考えるポイント

志望動機を考えるときのポイントとして以下に3つを紹介します。

  • 企業側が知りたい志望動機を考える
  • 企業がどんな人物を求めているのかを考える
  • なぜその企業へ転職したいのかを考える

それぞれについて以下で詳しく解説していきます。

企業側が知りたい志望動機を考える

志望動機は企業側があなたがどういう意思を持って転職しようとしているのかを知るための文です。

つまり、あなたがどういう人物で、転職してどう働いていきたいのかが伝わらなければ意味がありません。

企業が知りたい志望動機として以下の2つがあげられます。

  • 仕事を通じてどうなっていきたいのか
  • 成長するためにどういったことをしていきたいのか

「将来的に何を目指しているのか」はとても重要です。

自身が情熱を持って取り組む仕事で、理想とするものがなければ始めはいいとしても長くは続きません。

最終的に何を目指すのかがはっきりとしていれば、情熱を持って続けられます。

また、「将来の自己成長のために、なにをしていきたいのか」も重要です。

自己成長のために今回の転職が自分にとってどんなことを意味するのかを明確にする必要があります。

自分の求めるものと企業が求めるもののがマッチすることが転職において重要になってきます。

企業がどんな人物を求めているのかを考える

「企業がどんな人物を求めているのか?」について考えることはとても重要です。

なぜなら、会社の求める人物像にマッチしていないと短期離職につながり、企業と転職者がお互いに損をしてしまう可能性があるからです。

ここでいう企業の損は採用に費やした時間とコストです。

一方で転職者の損は転職回数が増えることで今後の転職活動が不利になってしまうことです。

このような背景を踏まえた上で、志望動機を考えるポイントは、受ける企業からどのような人物が求められているのかを知ることです。

なぜその企業へ転職したいのかを考える

「なぜその企業へ転職したいか?」を考えることは重要です。

なぜなら、面接官から質問されることが多いからです。

面接官はあなたが採用後どのように活躍できるかを考えながら面接をしています。

あなたのやりたいことを明確にした上で、「どんなツライ仕事でも乗り越えられる」という覚悟を表現することが大切です。

そのため、「一般論」ではなく、他の人とは違うリアルな志望動機が必要になってきます。

ポイントとして、志望動機になる原体験やきっかけを持ち合わせることがあげられます。

医療業界を志望する人向けの志望動機の例文

具体的にどのように志望動機を書いていけばいいのかを、個別に取り上げていきます。

志望動機は面接官に活躍できる人材だと訴えるものです。

上記まででお話してきたことを踏まえて、以下の4つのケースについてを例にして4つ例文をあげます。

  • 未経験からMR
  • 他業界の営業職から医療機器メーカーの営業職
  • 他業界の事務職から医療事務
  • 新卒で医療業界を志望

それぞれのケースについて詳しく解説していきます。

未経験からMR

世の中の人の助けになりたいという想い、この部分が私がMRを志望する理由です。

前職は全く医療業界とは関係なかったですが、あることがきっかけで自身で携わって人々を助けたいと考えました。

そのきっかけとは前職での経験です。

前職で働いているときに、お客様で病気によって薬を服用している人が多くおり、話の中で副作用についても話されたことがありその印象が強く残っています。

御社で進めている薬についての啓蒙活動に共感し、自身も仕事を通じて少しでも薬を服用する人々の助けになれればとの想いから御社を志望いたしました。

未経験からMRへの志望動機で重要となるポイントは以下の3点です。

  • 初めに結論を持ってくる(自身の思い描く理想など)
  • 未経験からなぜMRを目指すのかの理由
  • 求人先へ会社の活動を知ったうえで共感し、協力していきたいと伝える

他業界の営業職から医療機器メーカーの営業職

御社で扱っている医療機器に強い関心があり、自身でも御社の医療機器を普及させていきたいということが志望動機です。

医療機器は高額なものもあり、私の祖父が病気で入院した際に病院の設備として医療機器を設置していないため治療が難しいということがありました。

皆が平等に治療を受けることができるなら、治せる病気も多くあります。

御社は医療機器をリースして普及させるという手法を取り入れています。

私が御社に魅力を感じた部分が、リースして医療機器を普及させている部分です。

私は医療機器の設置が行き通っていない病院に医療機器をもっと普及させたいと考えています。

また、前職の営業職で培った力を発揮できると思い志望しました。

他業界の営業職から医療機器メーカーの営業職への志望動機で重要となるポイントは以下の3点です。

  • 医療機器には高額なものがあり、全ての医療機関でも買えないところがあると理解している
  • 自身の体験から医療機器営業職になりたいと考えた
  • 会社が取っている販売方法が、自身の価値観とマッチしている

他業界の事務職から医療事務

今まで事務職として働いてきましたが、私の中で事務職として困っている人を助けることはできないかと考えてきました。

また私は人と人との関わりを持ちたいと考えています。

そこで御社は人と人との関わりの中で、医療を通じて繋がることを大切にしている企業であり、働きながら人と関わりつつ自身を高めていけると感じました。

他業界の事務職から医療事務への志望動機で重要となるポイントは以下の2点です。

  • なぜ医療事務職を目指すのか目的を明確にする
  • 求人先の優れている部分をクローズアップし、自身も貢献できるとアピール

新卒で医療業界

医療業界は今後も発展していくと考えられ、その中で私が学んできた医療知識を役立てたいことが志望動機です。

昔から人と関わることが好きで、自身の長所を活かし医療業界で人を助けていきたいと考えました。

医療業界の中でトップランナーである御社で医療知識を高めつつ、人と関わっていきたいと思っています。

特にボランティアに力を入れている部分に魅力を感じています。

新卒で医療業界への志望動機で重要となるポイントは以下の3点です。

  • 新卒のフレッシュさをアピール
  • 自身の医療業界への想いを伝える
  • 求人先の取り組みに自身も参加していきたい

完成した志望動機をブラッシュアップするときは人に見てもらおう

自身で書き上げた志望動機は、自身ではいいと考えても他の人が読んだときにおかしいと思われるかもしれません。

上記で挙げたポイントを抑えつつ書いたとしても、なにかがズレている可能性があります。

そのため、完成した志望動機は誰かに見てもらう必要があります。

見てもらう相手としては身近な人、例えば友人・同僚などがいいでしょう。

また専門的なアドバイスを求めるのであれば、専門的な知識を持った人に見てもらった方がいいです。

さらに転職の際はプロである転職エージェントに相談することで質の高い客観的なブラッシュアップが可能になり、面接官の心に残る志望動機を作ることが可能になります。

医療業界への志望動機が思いつかない人へ

志望動機の思いつかない人がどんなことから考えてみたらいいかをまとめてみました。

志望動機を考えるポイントを2つ紹介していきます。

  • 転職の理由
  • 仕事選びの動機

それぞれについて詳しく解説していきます。

転職の理由

前職をやめる理由は色々あります。

考えることとして、「転職をしよう」と思ったキーポイントを考えることが大切になってきます。

具体的にキーポイントとは、前職での課題や不満、やめる理由です。

キーポイントを要素分解して特定し、優先順位をつけてみることが志望動機を見つけるカギになることがあります。

自分にとって譲れない自分自身の価値観を明確にすることが大切です。

仕事選びの動機

「仕事選びの動機」とは「業界・職種への動機」のことです。

更に言うと、どういった業界・職種、仕事内容、それに紐づく環境を自分は求めているのか?といった背景、軸の事です。

意外とこれを具体的に考えずに、転職先を会社のイメージで決めてしまうことが多いです。

転職して、入社後に自分がどのような満足感を得られるのかを考えることによって、企業とのミスマッチを防ぐことができます。

医療業界への転職を成功させたいならCallingood

医療業界への転職を成功させたいなら転職をサポートしてくれるCallingoodがオススメです。

Calllingoodは本来、自分1人でおこなう転職活動をサポートしてくれます。

具体的に、提携している全国の優良コンサルタントの中から、あなたの転職の悩みや希望業界に合わせてCallingoodのコンシェルジュがあなたにぴったりの転職コンサルタントをご紹介します。

独自の基準をクリアした優秀なコンサルタントのみが在籍してるので、安心してご利用いただけます。

あなたに適切な転職コンサルタントとともに医療業界への転職を成功させましょう。

The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

Twitterで転職ノウハウや市場価値の上げ方を発信中!
Twitterアカウントはこちら