営業の職種営業の職種別おすすめ人気ランキング!年収を上げるポイントや選び方も解説!

営業をやりたいと考えていても、どの職種を選ぶかによって働き方や年収が異なります。営業職の中でも、人それぞれにあった内容があるため、事前に理解していないと転職後に後悔してしまう恐れもあります。

また、営業職の中でも人気ランキングを知っていれば、候補として考えられるためおすすめです。

今回は、営業の職種別におすすめの人気ランキングや平均年収が高い職種について解説します。営業への転職を考えている人は、この記事を読むことで自分自身に合った職種選びの参考にできるでしょう。

営業の業界・職種別におすすめの人気ランキング

営業の業界・職種別におすすめの人気ランキングは下記の通りです。

  • 1位:製造やスポーツ業界などの海外営業
  • 2位:薬の販売をメインとした医療系営業
  • 3位:ソフトウェアの開発に関するIT営業

同じ営業職でも、業界や職種によって仕事内容が異なるだけでなく、給料の内訳や平均年収なども大きく異なります。営業職の中でどれを選ぶか迷っている人は、人気ランキングから興味が湧きそうな職種を選びましょう。

1位:製造やスポーツ業界などの海外営業

営業の職種の中でも最も人気が高いのは、製造やスポーツ業界などの海外営業です。海外営業では、平均年収も約507万円と高く、年代によって高くなる傾向にあります。

仕事内容は、基本的に一般の営業職と一緒ですが、商品が高額だったり海外との取引なので専門性が必要なこともあり、平均年収が高く人気も高いと言えるでしょう。

2位:薬の販売をメインとした医療系営業

薬の販売をメインとした医療系営業も、営業職の中で人気が高い職種の1つです。医療業界の平均年収は約489万円であり、平均的な年収と比べても高い傾向にあります。

また、薬が必要な人は継続的に使用する必要があるため、定期的な売上げに繋がるのも平均年収が高くなる要因の1つです。

ただ、医療業界の営業職は営業だけでなく、接待や社内試験が必須となっていることが多いため事前に確認しておきましょう。

3位:ソフトウェアの開発に関するIT営業

ソフトウェアの開発に関するIT営業も、営業職の中で人気が高い職種となっています。IT業界の平均年収は約462万円ですが、スキル次第で年収を上げられる可能性が高いです。

特にIT業界の営業職は、能力で開発を求められるよりも契約を取れるかどうかが重要であり、契約数が多ければ多いほど給料にも反映されやすくなります。

営業する上で自社製品についての理解は必須ですが、IT業界の注目は近年高まっていることもあり、IT業界の営業職は人気の職種に含まれていると言えるでしょう。

営業の職種を選ぶ際にランキングだけで判断してはいけない理由

営業の職種を選ぶ際には、人気ランキングだけで判断するのはおすすめできません。人気ランキングで判断するのをおすすめできない主な理由は下記の通りです。

  • 労働時間が長く残業代で給料が高い恐れがある
  • ノルマが厳しく精神的な負担が大きい恐れがある
  • 専門的な知識が必要な恐れがある

人気ランキングでは、年収の高さから人気になっているものもあるため、全員におすすめできるわけではありません。特に、年収よりも働き方や待遇などを重要視したい人は必ず詳細まで理解した上で判断しましょう。

労働時間が長く残業代で給料が高い恐れがある

営業職の人気ランキングに入っている職種の中には、労働時間が長く残業代で給料が高い恐れがあります。ランキングに入っているから労働時間も短いと思っていると、転職や修飾語にギャップを感じるかもしれません。

営業職は、昼間営業活動で外回りをして、夕方から書類整理を行うことも多いため残業時間が増えがちです。

そのため、求人に記載されている残業時間だけでなく、実際に働いた人の口コミも参考にして残業時間について理解しておきましょう。

ノルマが厳しく精神的な負担が大きい恐れがある

営業では職種によってノルマが厳しく設定されており、精神的な負担が大きい恐れもあります。特に、ランキングに入っている職種は、給料は高くてもノルマが厳しいことも多く、ノルマを達成しないと会社に居づらくなったり給料が下がったりしてしまいます。

毎日ノルマに追われる状況を楽しんだりやる気に変わったりする人もいますが、負担に感じる人もいるためノルマが比較的優しい職種を調べた上で転職や就職をしましょう。

専門的な知識が必要な恐れがある

人気ランキングに入っている職種の中でも、専門的な知識が必要な恐れもあります。特に、平均年収が高くなりがちな金融系では、契約を取るために様々な専門知識を用いてお客様に説明しなければいけません。

未経験で入社すると、営業活動だけでなく専門知識の勉強にも時間を割く必要があるため、プライベートの時間が少なくなる恐れもあります。

専門知識を付けたいというより「一度営業職を経験してみたい」くらいで考えている人は、専門的すぎない職種へ転職しましょう。

営業で平均年収が高い職種を選ぶ3つのポイント

営業で平均年収が高い職種を選ぶポイントは下記の3つです。

  • 転勤や海外赴任などの異動が伴う可能性がある
  • 大手企業で会社の規模が大きく安定している
  • インセンティブの割合が高く成果によって給料が異なる

営業職への転職や就職で少しでも年収を上げたいと考えている人は、上記ポイントに当てはまる職種へ転職すれば年収を上げられる可能性が高いでしょう。

転勤や海外赴任などの異動が伴う可能性がある

転勤や海外赴任などの異動が伴う可能性がある営業職は、平均年収が高い傾向にあります。なぜなら、異動によって家族にも影響を及ぼす可能性が高いため、その分を給料で補っているからです。

全国に支店がある場合は、異動の対象となる可能性があるため、事前に求人や選考時に確認して問題なければ転職や就職を検討しましょう。

大手企業で会社の規模が大きく安定している

大手企業で会社の規模が大きく安定している営業職も、平均年収が高いです。大手企業では、経営の基盤が安定しているため、給料も安定的に高く支払っています。

また、福利厚生も充実していることが多いため、不満を感じることは少ないでしょう。

しかし、大手企業には誰でも入社できるわけではなく、学歴や入社条件を絞っている可能性が高いため注意が必要です。

インセンティブの割合が高く成果によって給料が異なる

インセンティブの割合が高く、成果によって給料が異なる営業職も平均年収は高くなっています。インセンティブは契約数によって成果報酬が支払われる仕組みのため、契約を撮れば取るほど年収も上がります。

一般的には、保険の営業や不動産の営業などがインセンティブの割合が高くなっているため、実力があれば稼げる職種で働きたい人におすすめです。

営業職の中でもインセンティブの割合が高い職種

営業職の中でもインセンティブの割合が高い職種は、下記の3つです。

  • 契約数に応じて年収UPが期待できる不動産営業
  • 完全歩合制の割合が多い外資系保険の営業
  • IT関連の資格によって年収が異なるIT営業

インセンティブの割合が高い職種なら、能力次第で平均年収を大幅に上回ることも可能なため、ランキングだけでは参考にならないと感じる人は事前に確認しておきましょう。

契約数に応じて年収UPが期待できる不動産営業

契約数に応じて年収UPが期待できる不動産営業は、営業職の中でもインセンティブの割合が高い職種の1つです。不動産業界全体の平均年収は約431万円と言われていますが、平均年収には有資格者や経営なども含まれているため参考程度に確認しておきましょう。

仲介なのか売買なのかによっても異なりますが、不動産営業なら契約を取った数だけ給料に反映されるため、年収UPを狙いやすいでしょう。

完全歩合制の割合が多い外資系保険の営業

完全歩合制の割合が高い外資系保険の営業職も、営業職の中でインセンティブの割合が高い職種の1つです。保険業界の平均年収は約462万円と言われていますが、雇用形態によっても年収は異なります。

安定して給料が欲しい人は固定給とインセンティブがある正社員を選ぶことをおすすめしますが、完全歩合制が良い人は業務委託の保険営業がおすすめです。

IT関連の資格によって年収が異なるIT営業

IT関連の資格によって年収が異なるIT営業も、営業職の中でインセンティブの割合が高い職種の1つです。IT業界の平均年収は約462万円ですが、IT業界には職種が様々あるため一概に判断はできません。

しかし、IT業界での営業を考えているなら、IT関連の資格を取得すればインセンティブが支給される可能性が高いためおすすめです。企業によってインセンティブの対象となる資格は異なるため、入社前に必ず確認しておきましょう。

営業の職種を選ぶ際に確認すべき3つのポイント

営業の職種を選ぶ際には、確認すべきポイントが3つあります。

  • 転職先の職種で経験やスキルを生かせるかどうか
  • 給料の内訳はどうなっているのか
  • 掲載されている求人と実際に働いた人の感想に相違はないか

営業職をやりたいからと言って適当に職種を選んでしまうと、後悔する可能性が高いです。そのため、営業職の職種を選ぶ際には上記ポイントを確認した上で判断しましょう。

転職先の職種で経験やスキルを生かせるかどうか

営業の職種を選ぶ際には、転職先の職種で経験やスキルを生かせるかどうかを確認しましょう。営業職は未経験からでも転職しやすい職種ですが、稼げるかどうかは別問題です。

特に、完全未経験の業界の営業職へ転職しても、営業の際に知識や経験が足りないと説得力が生まれず、契約にも繋がりません。

しかし、ある程度の経験やスキルがある職種の営業職ならば、安定して年収UPを狙いやすいため確認しておきましょう。

給料の内訳はどうなっているのか

営業の職種を選ぶ際には、給料の内訳はどうなっているのかも事前に確認しましょう。営業職の中でも、固定給の割合が高くインセンティブがほとんどないものと、完全歩合制のものなど様々です。

事前に給料の内訳を確認しておかなければ、入社後に「想像していたものと違った」と後悔してしまうかもしれないため注意しましょう。

掲載されている求人と実際に働いた人の感想に相違はないか

営業の職種を選ぶ際には、掲載されている求人と実際に働いた人の感想に相違はないかどうかを確認しましょう。掲載されている求人には、良く見えるように記載されていることが多く、待遇や労働時間も実際とは異なっている恐れもあります。

しかし、実際に働いた人の感想を確認しておけば、入社前後でのギャップを極力少なくできるでしょう。

感想を確認するには直接確認できないことも多いため、口コミを参考にすることをおすすめします。

営業の人気職種ランキングを参考にして最適な転職先を見つけよう

営業の職種を決める際には、人気ランキングを参考にすれば最適な転職先を見つけやすくなるでしょう。人気ランキングのみを参考にするのは良くありませんが、ランキングに入っている職種には、ランキングに入る理由があります。

つまり、ランキング上位の職種は実際に働いた人の満足度が高いことの証明でもあるため、より良い職種に転職できる可能性が高いでしょう。

別おすすめ人気ランキング!年収を上げるポイントや選び方も解説!

営業をやりたいと考えていても、どの職種を選ぶかによって働き方や年収が異なります。営業職の中でも、人それぞれにあった内容があるため、事前に理解していないと転職後に後悔してしまう恐れもあります。

また、営業職の中でも人気ランキングを知っていれば、候補として考えられるためおすすめです。

今回は、営業の職種別におすすめの人気ランキングや平均年収が高い職種について解説します。営業への転職を考えている人は、この記事を読むことで自分自身に合った職種選びの参考にできるでしょう。

営業の業界・職種別におすすめの人気ランキング

営業の業界・職種別におすすめの人気ランキングは下記の通りです。

  • 1位:製造やスポーツ業界などの海外営業
  • 2位:薬の販売をメインとした医療系営業
  • 3位:ソフトウェアの開発に関するIT営業

同じ営業職でも、業界や職種によって仕事内容が異なるだけでなく、給料の内訳や平均年収なども大きく異なります。営業職の中でどれを選ぶか迷っている人は、人気ランキングから興味が湧きそうな職種を選びましょう。

1位:製造やスポーツ業界などの海外営業

営業の職種の中でも最も人気が高いのは、製造やスポーツ業界などの海外営業です。海外営業では、平均年収も約507万円と高く、年代によって高くなる傾向にあります。

仕事内容は、基本的に一般の営業職と一緒ですが、商品が高額だったり海外との取引なので専門性が必要なこともあり、平均年収が高く人気も高いと言えるでしょう。

2位:薬の販売をメインとした医療系営業

薬の販売をメインとした医療系営業も、営業職の中で人気が高い職種の1つです。医療業界の平均年収は約489万円であり、平均的な年収と比べても高い傾向にあります。

また、薬が必要な人は継続的に使用する必要があるため、定期的な売上げに繋がるのも平均年収が高くなる要因の1つです。

ただ、医療業界の営業職は営業だけでなく、接待や社内試験が必須となっていることが多いため事前に確認しておきましょう。

3位:ソフトウェアの開発に関するIT営業

ソフトウェアの開発に関するIT営業も、営業職の中で人気が高い職種となっています。IT業界の平均年収は約462万円ですが、スキル次第で年収を上げられる可能性が高いです。

特にIT業界の営業職は、能力で開発を求められるよりも契約を取れるかどうかが重要であり、契約数が多ければ多いほど給料にも反映されやすくなります。

営業する上で自社製品についての理解は必須ですが、IT業界の注目は近年高まっていることもあり、IT業界の営業職は人気の職種に含まれていると言えるでしょう。

営業の職種を選ぶ際にランキングだけで判断してはいけない理由

営業の職種を選ぶ際には、人気ランキングだけで判断するのはおすすめできません。人気ランキングで判断するのをおすすめできない主な理由は下記の通りです。

  • 労働時間が長く残業代で給料が高い恐れがある
  • ノルマが厳しく精神的な負担が大きい恐れがある
  • 専門的な知識が必要な恐れがある

人気ランキングでは、年収の高さから人気になっているものもあるため、全員におすすめできるわけではありません。特に、年収よりも働き方や待遇などを重要視したい人は必ず詳細まで理解した上で判断しましょう。

労働時間が長く残業代で給料が高い恐れがある

営業職の人気ランキングに入っている職種の中には、労働時間が長く残業代で給料が高い恐れがあります。ランキングに入っているから労働時間も短いと思っていると、転職や修飾語にギャップを感じるかもしれません。

営業職は、昼間営業活動で外回りをして、夕方から書類整理を行うことも多いため残業時間が増えがちです。

そのため、求人に記載されている残業時間だけでなく、実際に働いた人の口コミも参考にして残業時間について理解しておきましょう。

ノルマが厳しく精神的な負担が大きい恐れがある

営業では職種によってノルマが厳しく設定されており、精神的な負担が大きい恐れもあります。特に、ランキングに入っている職種は、給料は高くてもノルマが厳しいことも多く、ノルマを達成しないと会社に居づらくなったり給料が下がったりしてしまいます。

毎日ノルマに追われる状況を楽しんだりやる気に変わったりする人もいますが、負担に感じる人もいるためノルマが比較的優しい職種を調べた上で転職や就職をしましょう。

専門的な知識が必要な恐れがある

人気ランキングに入っている職種の中でも、専門的な知識が必要な恐れもあります。特に、平均年収が高くなりがちな金融系では、契約を取るために様々な専門知識を用いてお客様に説明しなければいけません。

未経験で入社すると、営業活動だけでなく専門知識の勉強にも時間を割く必要があるため、プライベートの時間が少なくなる恐れもあります。

専門知識を付けたいというより「一度営業職を経験してみたい」くらいで考えている人は、専門的すぎない職種へ転職しましょう。

営業で平均年収が高い職種を選ぶ3つのポイント

営業で平均年収が高い職種を選ぶポイントは下記の3つです。

  • 転勤や海外赴任などの異動が伴う可能性がある
  • 大手企業で会社の規模が大きく安定している
  • インセンティブの割合が高く成果によって給料が異なる

営業職への転職や就職で少しでも年収を上げたいと考えている人は、上記ポイントに当てはまる職種へ転職すれば年収を上げられる可能性が高いでしょう。

転勤や海外赴任などの異動が伴う可能性がある

転勤や海外赴任などの異動が伴う可能性がある営業職は、平均年収が高い傾向にあります。なぜなら、異動によって家族にも影響を及ぼす可能性が高いため、その分を給料で補っているからです。

全国に支店がある場合は、異動の対象となる可能性があるため、事前に求人や選考時に確認して問題なければ転職や就職を検討しましょう。

大手企業で会社の規模が大きく安定している

大手企業で会社の規模が大きく安定している営業職も、平均年収が高いです。大手企業では、経営の基盤が安定しているため、給料も安定的に高く支払っています。

また、福利厚生も充実していることが多いため、不満を感じることは少ないでしょう。

しかし、大手企業には誰でも入社できるわけではなく、学歴や入社条件を絞っている可能性が高いため注意が必要です。

インセンティブの割合が高く成果によって給料が異なる

インセンティブの割合が高く、成果によって給料が異なる営業職も平均年収は高くなっています。インセンティブは契約数によって成果報酬が支払われる仕組みのため、契約を撮れば取るほど年収も上がります。

一般的には、保険の営業や不動産の営業などがインセンティブの割合が高くなっているため、実力があれば稼げる職種で働きたい人におすすめです。

営業職の中でもインセンティブの割合が高い職種

営業職の中でもインセンティブの割合が高い職種は、下記の3つです。

  • 契約数に応じて年収UPが期待できる不動産営業
  • 完全歩合制の割合が多い外資系保険の営業
  • IT関連の資格によって年収が異なるIT営業

インセンティブの割合が高い職種なら、能力次第で平均年収を大幅に上回ることも可能なため、ランキングだけでは参考にならないと感じる人は事前に確認しておきましょう。

契約数に応じて年収UPが期待できる不動産営業

契約数に応じて年収UPが期待できる不動産営業は、営業職の中でもインセンティブの割合が高い職種の1つです。不動産業界全体の平均年収は約431万円と言われていますが、平均年収には有資格者や経営なども含まれているため参考程度に確認しておきましょう。

仲介なのか売買なのかによっても異なりますが、不動産営業なら契約を取った数だけ給料に反映されるため、年収UPを狙いやすいでしょう。

完全歩合制の割合が多い外資系保険の営業

完全歩合制の割合が高い外資系保険の営業職も、営業職の中でインセンティブの割合が高い職種の1つです。保険業界の平均年収は約462万円と言われていますが、雇用形態によっても年収は異なります。

安定して給料が欲しい人は固定給とインセンティブがある正社員を選ぶことをおすすめしますが、完全歩合制が良い人は業務委託の保険営業がおすすめです。

IT関連の資格によって年収が異なるIT営業

IT関連の資格によって年収が異なるIT営業も、営業職の中でインセンティブの割合が高い職種の1つです。IT業界の平均年収は約462万円ですが、IT業界には職種が様々あるため一概に判断はできません。

しかし、IT業界での営業を考えているなら、IT関連の資格を取得すればインセンティブが支給される可能性が高いためおすすめです。企業によってインセンティブの対象となる資格は異なるため、入社前に必ず確認しておきましょう。

営業の職種を選ぶ際に確認すべき3つのポイント

営業の職種を選ぶ際には、確認すべきポイントが3つあります。

  • 転職先の職種で経験やスキルを生かせるかどうか
  • 給料の内訳はどうなっているのか
  • 掲載されている求人と実際に働いた人の感想に相違はないか

営業職をやりたいからと言って適当に職種を選んでしまうと、後悔する可能性が高いです。そのため、営業職の職種を選ぶ際には上記ポイントを確認した上で判断しましょう。

転職先の職種で経験やスキルを生かせるかどうか

営業の職種を選ぶ際には、転職先の職種で経験やスキルを生かせるかどうかを確認しましょう。営業職は未経験からでも転職しやすい職種ですが、稼げるかどうかは別問題です。

特に、完全未経験の業界の営業職へ転職しても、営業の際に知識や経験が足りないと説得力が生まれず、契約にも繋がりません。

しかし、ある程度の経験やスキルがある職種の営業職ならば、安定して年収UPを狙いやすいため確認しておきましょう。

給料の内訳はどうなっているのか

営業の職種を選ぶ際には、給料の内訳はどうなっているのかも事前に確認しましょう。営業職の中でも、固定給の割合が高くインセンティブがほとんどないものと、完全歩合制のものなど様々です。

事前に給料の内訳を確認しておかなければ、入社後に「想像していたものと違った」と後悔してしまうかもしれないため注意しましょう。

掲載されている求人と実際に働いた人の感想に相違はないか

営業の職種を選ぶ際には、掲載されている求人と実際に働いた人の感想に相違はないかどうかを確認しましょう。掲載されている求人には、良く見えるように記載されていることが多く、待遇や労働時間も実際とは異なっている恐れもあります。

しかし、実際に働いた人の感想を確認しておけば、入社前後でのギャップを極力少なくできるでしょう。

感想を確認するには直接確認できないことも多いため、口コミを参考にすることをおすすめします。

営業の人気職種ランキングを参考にして最適な転職先を見つけよう

営業の職種を決める際には、人気ランキングを参考にすれば最適な転職先を見つけやすくなるでしょう。人気ランキングのみを参考にするのは良くありませんが、ランキングに入っている職種には、ランキングに入る理由があります。

つまり、ランキング上位の職種は実際に働いた人の満足度が高いことの証明でもあるため、より良い職種に転職できる可能性が高いでしょう。

The following two tabs change content below.

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」