【転職で失敗したくない!】後悔しないための方法を徹底解説!

転職は人生の大きなターニングポイントです。

とても重要な転機だからこそ、失敗して後悔をするのは避けたいですよね。

この記事では転職を考えている人に向けて、どんな失敗例があるのか、そして転職を失敗させないために重要な自己分析、企業研究の方法をプロ目線から解説していきます。

また、転職をしたけれど、もしかしたらちょっと違ったかも…?と悩んでいたり、不安になっている人向けに、再転職するべきかの判断基準なども解説します。

転職を後悔するあるある事例

私が転職エージェントとして様々な人のお話を伺っている中で、あるあるの事例をまずはご紹介します。

後悔をしてしまう原因は、転職先に対する理想と現実とのギャップが多いです。

「元から興味があったwebマーケティング職へ思い切って転職をしました。しかし、想像以上に地味な業務が多いので、自分にはwebマーケなんて向いてなかったのでは?と後悔しています。」

「求人票を見て、残業が少ない割に給料が高かったので転職を決意。しかし実際に働いてみると任される仕事量が多くて、毎日残業せざるを得ない状況。こんなはずじゃなかったのに…」

「面接や面談を重ねて、採用担当の人の良さに惹かれて転職をしました。ですが実際はその人たちと働ける訳ではなく、自分と合わない部署へ配属をされてしまいました。直属の上司と性格が合わなくて、毎日仕事へ行くのが憂鬱です。」

こういった後悔を防ぐためには、「自己分析」と「企業研究」が重要になります。

具体的なノウハウについては、以下で説明します。

転職で後悔しないためには「自己分析」と「企業研究」が重要

自己分析や企業分析が重要だというのは、この記事を読んでいる皆さんからすると、当たり前だと思われてしまうかもしれません。

しかし、正しい自己分析や企業研究のの方法を知っていて、実践できる人はほとんどいません。

ここからは、転職のプロである転職エージェント目線から正しい自己分析と企業研究の方法を解説していきます。

自己分析で考えるべき3つのこと

転職における自己分析について、多くの人は就活で行った「自分探し」のような自己分析を想像しているのではないでしょうか?

実は、転職においては「自分探し」ではなく「自分に出来ることを知る」ために自己分析を行います。

なぜなら、転職では学生時代に頑張ったことや志向性といったことではなく、どんなスキルで、どれだけの貢献をしてくれるのか?が重視されるからです。

そのため、転職を成功させる自己分析とは面接官の質問に的確に答えて、自分のスキルを売り、内定を獲得させるための分析です。

以上のことを踏まえて、自己分析で考えるべきポイントは次の3つです。

  1. 転職の軸を言語化する
  2. 今の仕事は自分がやりたいことか?
  3. 今の会社で悩みは解決できないのか?

ステップとしてはまず、自分が企業や転職に何を求めているのか?といった転職の軸をまず決めることが最初になります。

その次に、自分の軸と現職の差分をはっきりさせることで、なんで転職をしたいのか?の転職理由をはっきりさせます。

そして、最後に自分の理想を叶えるために本当に転職が最適な手段なのかを考えることで、採用担当に転職への本気度が伝わる、受かる志望動機を作ることができます。

ここからは、各ステップで具体的におこなうことを解説していきます。

1.転職の軸を言語化する

あなたは、転職において何がもっとも重要だと考えていますか?

要素としては、年収や、福利厚生いった条件面、やりがいや業界の将来性、他にも人間関係や自身のスキルアップなど、多くのものがあります。
多くの人はこの中で、年収はアップさせたいけど残業は休日出勤は無いほうが良い、と複数の条件を求めがちです。

しかし、転職は全ての悩みを解決できるリセットボタンではありません。あなたの希望を全て満たす求人というのは存在しません。

そのため、転職に何を求めるか?の要素を言語化して、その中でも何が重要なのか優先順位をつける必要があります。

実際に転職軸を言語化するときは、以下のステップで進めることがオススメです。

  1. 転職で求めるもの、解決したい課題を思いつくだけ書き出す
  2. 書き出した要素に、優先順位をつける

このようにして転職の軸を決めることで、自分が転職に何を求めているのかがはっきりします。

たとえば、転職に求めるものが以下5つの人がいるとします。
・やりがい
・労働時間
・自らのスキルアップ
・給料
・人間関係

この中で優先すべきものを考えた結果、「やりがい」と「自らのスキルアップ」が最優先の条件だとしたら、仮に現職より激務になったとしても、やりがいがありスキルアップできる環境で働くことが大事であるという転職軸がわかります。

こうして転職軸がわかれば、自分が仕事に何を求めているのか?そして、現職の何に課題を感じているのか?がハッキリするので、採用担当にとっても説得力のある志望動機を作ることができます。

またその際は、「なぜ自分はこの要素を重要視するのか?」について深掘りすることで、志望動機に更に説得力を持たせることができます。

2.今の仕事は自分のやりたいことか

自己分析をして転職の軸がハッキリしたなら、次は転職の軸と自分が働いている会社がマッチしているのか考え、転職が本当に必要かを判断しましょう。

人によっては、転職を考えていても自分の軸を整理してみると、現職を離れる必要がないと気づくこともあります。

現職の給料や労働時間に不満を持ち、転職を考えていたとしても、軸を深掘りした結果、自分が仕事に求めているものは給料よりも「やりがい」であると気づき現職を続ける人は意外と多いです。

軸がハッキリした上で、自分の求めるものが現職で実現できないのか、一度考えてみてください。

3.今の会社で悩みは解決できないのか?

ここまでの2つを考えれば、転職の理由がハッキリするかと思います。

しかし、転職を成功させるには更に「今の職場で課題を解決しようと努力したのか?」を説明する必要があります。

なぜなら、職場に課題があったとしてもそれを自分で解決しようとしない、つまり他責思考であると採用担当に判断された場合、「同じように環境を理由にしてまた転職をするのではないか?」と思われてしまうからです。

あなたが現職に抱えている課題を解決するための手段は、転職だけでしょうか?

もし職場の人間関係に不満があるのなら、部署を移動することができるかもしれませんし、昇進ができなかったり、やりたい仕事ができないのであれば1度上司に相談してみれば成功の道筋が見えるかもしれません。

あなたが思っている以上に、転職以外にも悩みを解決する方法はあるかもしれません。

とはいえ、悩みを現職で解決することにも限度がありますし、大変ですよね。

そういった人は、一度転職エージェントに相談してみることがオススメです。

あなたが現職に抱えている課題や、転職でどうなりたいのかをヒアリングした上で、キャリアに関するプロの目線から、現職を続けるべきか、それとも転職をするべきか教えてくれます。

【無料】現職を続ける?転職をする?人生のターニングポイント、プロに相談してみる

転職で自分の悩みが解決されるのか「企業研究」で確かめよう

自己分析によって転職理由がハッキリしたなら、その軸にマッチする企業を探すために「企業分析」が必要になります。

そのためには、自己分析で明らかにした転職の軸を元に企業を探し、求人票などを分析することがオススメです。

実は企業分析をする際に多くの人は、企業がどんなサービスを提供しているのか?といった事業内容や、給料などの採用情報、企業理念といった企業情報をひたすらに集めがちです。

しかし、自分の転職軸を元にすれば、効率的に自分にマッチした企業を探せますし、具体的にどんなポイントを研究するべきかがわかります。

例えば、給料を重要視しているなら転職後にもらえる給料から、企業を選ぶことができますし、実際に求人票に記載されている給与と実際に提示される給与に違いはないか?など、企業の分析をより深くおこなえます。

他にも昇進やキャリアアップを求めているなら、会社の人員構成はどうなっているのか、実際にキャリアアップした人はどれだけいるのか?を研究するべきですし、人間関係などの雰囲気を重視する人なら口コミサイトで実際に企業で働いている人の声を聞くことができます。

もし1人で企業研究をすることに不安があるなら、転職エージェントを利用することもオススメです。

【無料】あなたの軸にマッチする企業、転職のプロに相談してみませんか?

【失敗したかも?と思ったら】スキルを活かして再転職しよう

ここからは既に転職をして、失敗したかも?と後悔している人、不安な人に向けて対処法を解説していきます。

現職を続けるべきなのか、「短期離職」というリスクをとって再転職するべきなのか。

結論、どちらが最適かは人によって異なります。

実際に再転職をするべきかどうかの判断基準は短期離職という経験があっても企業が「採用したい」と思えるかどうかです。

具体的には、即戦力として活躍できる、高い専門スキルを持っている、これまでの職歴の中で誇れる実績・成果がある、直近の職歴以外で2〜3年以上の勤続経験がある人などです。

まだキャリアが浅く、2-3年以上勤続をしたことがない人や、スキルに自信がなければ、再転職するよりも現職で経験を積むことがオススメです。

しかし、転職先が明らかにブラック企業であるなど、仕方のない理由があればすぐに転職することがオススメです。

再転職を成功させるには転職理由をうまく伝えよう

再転職を成功させるには、企業に「なぜ再転職をするのか?」を説明する必要があります。

先ほど述べたように、すぐに転職される恐れがあるので、企業は短期離職する人の採用に積極的ではありません。

採用担当の不安を解消するためには、再転職をせざる得ない理由と、次の転職先では早期離職しないことを説明する必要があります。

もし再転職の理由をうまく伝えられる自信がなければ、転職エージェントへ相談することも1つの手です。

【無料】再転職をデメリットにしない!あなたの熱意を採用担当に届ける”秘訣”はこちらから

あなたにマッチする企業探しには転職エージェントがオススメ

転職で後悔しないためには自分の軸にマッチした企業を探す必要があります。しかし、求人票から得られる情報は限られていますし、実際に企業でどの様に働くかを知るのは難しいですよね。

自分にマッチした企業を探すには転職エージェントがオススメです。

転職エージェントは企業の採用担当と密に連絡をとっており、実際に企業へ足を運ぶことも多いので、職場がどんな雰囲気なのか、具体的な業務内容はなにかなど、求人票からは得られない情報を持っています。

弊社Callingoodでは独自の審査基準により厳選されたエージェントが、あなたの転職軸にマッチする企業をご紹介します。

【関連記事】

 
 
The following two tabs change content below.

yonaha

サイバード・ネクストスケープ・ゼロスタート・ドワンゴ等の大手IT企業で ニコニコ動画等、多くのWebアプリの開発に従事。 同時に、パワーテクノロジー※現システムソフト(ジャスダック上場)の技術顧問に就任。 その後株式会社アダンを設立しWeb開発と並行して、キャリアコンサルタントとしてエンジニアのキャリア支援にも取り組む。 テックアカデミーのエンジニア研修講師としても、大手IT企業、楽天・セプテーニ等でも講義を行う。転職相談はLINEからも受付中。
【転職相談はコチラ↓】

LINEで相談