教員からの転職は難しいのか?年代別に徹底解説!

この記事は月間100名ほどの方に見られております。

結論、教師・教員から民間企業(教育業界以外)へ転職する場合は、早めの決断が重要です。
目安としては30歳までです

正直、この手の話はネットで検索をすれば、共通していえることだと思いますが、その具体的な話については中身が薄いものもあるかと思います。

そこで今回は、転職支援、転職サポートを行っている弊社の実績を生かして情報をお届けしたいと思います。

トピック・内容

  1. 『なぜ転職は早い方が良いのか』
  2. 転職できるとしたら候補は?
  3. 転職する上でのボトルネックは?
  4. 志望動機や転職理由は?

教員からの転職は難しい?

教員から転職することが一番難しい理由は様々ありますが、一番は「年齢に対する経験値」つまり、ビジネススキルが最も乏しいことが挙げられます。

ビジネス経験が乏しい

教師や教員の場合は、民間企業での就業経験がないため、企業からの評価が高くありません。なぜ「ビジネス経験がない」と転職が難しいのか?

ご存知の方も多いかと思いますが、学校の教育現場では、売上や利益などの非常に意識する機会が少ないためです。中には入学者数や難関大への合格者数などを意識されている方もおりますが、民間企業での目標値はより効率的に最大化させる仕組みや取り組みが求めらます。

そのため、ビジネスで求められる成果を追求するための行動、スタンス・マインドセットが身についていないため、教育コストがかかります。

中途採用は、即戦力採用、もしくは自社にないノウハウが成果として会社に貢献できるかどうかを求められます。

そういった意味で「未経験」の場合は、教育コストに対してどれくらいのリターンがあるのか重要となります。

年齢として30歳が限界と言われるのが、既存社員と比べた時の「年齢とスキル・人間性や考え方」のバランスが影響しています。

民間企業の場合は、採用するだけでコスト(税金・給与・教育)が発生します。

いわば投資です。基本的には30歳で未経験であれば、既存社員と比べて「年齢とスキル・人間性や考え方」のバランスは、下回っていることが多いため企業からのニーズ少ないという意味で転職が難しくなります。

これは「教員・教師にだけ」に限った話ではないのですが、ビジネススキルという観点が転職する際にはボトルネックになります。

*教師から転職を成功させたいあなたへ*

弊社では、転職サポートの実績を活かし、様々な業界・職種に関する情報や自己分析の方法などを転職支援のプロとしてLINE@にて公開し、配信しております。

[情報収集をしたい方へ]
今すぐ転職に関する情報を読む↓

友だち追加

教員から転職<年齢別>

このトピックでは年齢別で転職に対する概念をお伝えします。

基本的には、非常勤教員・時間講師・正規教員で転職の難易度が変わることはありません。

裏を返すと雇用形態に関わらず、転職は難しいといえます。

20代の教師・教員の転職

20代前半の場合は、2年〜3年程度働いてから転職を検討されると良いでしょう。

ポテンシャル採用という言葉がありますが、これは、何かしら企業にアピールできることがあれば有利になりやすい…という話です。

前述もしましたが、「ビジネススキル」「年齢に対するスキルや経験値」が重要であることはお伝えしましたが、教師・教員の場合は、ないですよね。

そのため、転職をするのであれば、現職で頑張ったことや何か工夫していることを日頃から意識をして成果に繋げてください。これは何でも良いですが、複数あるとアピールポイントが増えるので望ましいといえます。

20代中盤から後半は、基本的には、「20代前半」と同じことが重要ですが、前職が教師であることのアドバンテージは他の学校などに転職する場合を除き、転職は簡単ではありませんが人間性(考え方や価値観)はアドバンテージになります。

では、20代での転職先としては

結論、営業職がメインとなります。

なぜ営業職なのか?その詳しい内容については下記をご覧ください。

理由としては、民間企業が存続するためには「利益」がなければなりません。営業職は、未経験でも利益を作る仕組みが整っています。また、企業にとって「営業職」は「利益」を作る役割として、必要な職種なため企業からニーズが高く、転職先としてはメインになります。

未経験から営業職の転職で成功率をUPする方法を大公開!

2019.04.18

→手厚いサポートで内定率は大手の3倍!弊社への無料転職相談はこちら

30代の教師・教員の転職

30代を超えると教師から、未経験職種への転身できる可能性は非常に厳しいため

転職はオススメしません。

ただし、教育業界や、教師と似た業務内容の講師職などは、経験が生かせることから転職が可能性といえます。

資格は実務経験が重要
30代に多いのが資格を取得すれば転職が有利になると考えている場合です。
残念ながら転職においては、資格より実務経験が重要視されます。実務経験を積みたい場合は、雇用形態に囚われずアルバイトなどから実績を積む覚悟も重要となりますので、安易に転職は検討しないようにして下さい。

40代以降の教師・教員の転職

40代を超える場合は、教育業界や、教師と似た業務内容の講師職を除いては、転職はしないほうが良いでしょう

残念ながら企業からの採用ニーズはほとんどないため、過去の経験をベースに考えて頂くと良いでしょう。

未経験分野への転職ができる方は限られた一握りの方となりますので、転職はせず、本の出版やセミナーで講演などをして自分の名前を売る活動をされた方が懸命かと思います。

代表的な転職先

  • 学習塾・スクール
  • 教材制作
  • 人材業界
  • 業界問わず営業職

学習塾・スクール

教員の方で最も多い転職先が、学習塾や各種スクールです。

学習塾は教室に社員が必要で運営上人材の必要性が高いため、求人も積極的に行っています。

デメリットとしては、人材不足であり教員・教師との待遇と比べるとあまり変わらないことが挙げらます。

教材制作や教育関連企業

数は多くありませんが、教材制作や学習アプリ(スタディサプリ)を運営している企業に転職される方もいらっしゃいます。求人にもよりますが、比較的明確な採用要件、経験を定めていることが多く、適した経験が求められます。

また、体育会系の方の場合は、ライザップへの転職が人気のように感じます。

人材業界(人材紹介会社など)

教育関連の仕事にはこだわらないが、人の転機にたずさわる仕事がしたい場合や世の中の企業をたくさん知りたい場合、または経営層と会い自分を高めたいということで「人材業界」を検討される方も多いかと思います。

人材業界は大きく分けると「人材紹介・派遣・求人・コンサル」に分けることができますが、いずれもポテンシャルが高い人材、もしくは「営業経験」を求められることが多いため難易度は高いといえます。

【人材業界へ転職】年収700万以上目指せる!?仕事内容や求める人材は?

2019.02.20

→【教師から異業種への転職】無料転職相談はこちらから

転職方法や手段は?

ここまでお伝えさせて頂きましたが、基本的には転職は期限があります。

安易な転職はオススメしませんが、明確な目標やビジョンをお持ちの場合は、または具体的なビジョンはないが、今後のキャリアをしっかりと構築していきたいと考えているのであれば、転職を検討されても良いかと思います。

転職する際のサービスは多く、正直何を使えば良いのか分からないかと思いますので、ご紹介させて頂きます。

転職方法は大きく分けると以下5つあります。

転職方法

  1. ハローワーク
  2. 求人媒体
  3. 知人紹介
  4. 自主応募
  5. 転職エージェント

それぞれメリット・デメリットがありますが、多く利用されているのはネット検索。
例えば、 DODAやリクナビNext、ビズリーチといった「求人媒体」の利用かと思います。

もし、ご自身のご志向や価値観に合う企業や優先したい条件が決めかねている場合は、我々のようなエージェントがお力になれると思います。
その企業にとって経営的に重要なポジション幹部層の求人知られざる優良企業などは、非公開として転職エージェントに依頼しているケースがあり、もしご興味があれば、転職エージェントも同時に利用しながら転職活動も良いかと思います。

転職エージェントを利用したことがない方も多いかと思いますので、簡単にご説明させて頂きますと

転職エージェントとは?

  1. 企業との仲介を行うため<給与交渉・社風・カルチャー・ポジションなど>の交渉を行う
  2. 質の高い有益な情報を得ることができる
  3. 客観的なアドバイスが貰える
  4. 書類や職務経歴書の添削を行える
  5. 面接対策の実施
  6. 知られざる優良企業の求人を保有している
  7. 地方企業とのコネクションが強いエージェントであれば、生活水準でのアドバイスも

といったサポートを受けることができます。

最初は不安だと思いますが、サポートの違いや求人数も変わってきますので、まずは数社登録をしてみて実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

一番、確かな転職は「人や企業とのご縁」を生かす転職です。友人知人の人脈を生かした転職が一番無難ではあると思います。

しかし、ここで注意が必要なのが、転職は人生の調整です。

全ての希望を叶えることは現実的に難しいため「優先順位」をしっかりとおさえた上で転職を検討頂くと後悔が少ないはずです。

ご自分で決めるのが難しい場合は、ぜひ転職エージェントに相談してみて下さい。

教員からの転職、弊社への相談はこちら

志望動機・転職理由は非常に重要

転職をする場合、この2つは非常に重要です。残念ながらネット上で沢山の情報がありますが、一人一人の個別性が高いため対策はできません。

あくまで1つの参考にして頂くと良いかと思いますが、上手く伝えられない場合は「対策の甘さ」ではなく「自己分析」が圧倒的に足りていないことが多いと感じます。

躓いている方がいればまずは「自己分析」をしっかり行われることをオススメします。

教員・教師から転職を検討されている方へ

いかがでしたでしょうか?

教員・教師の仕事は確かに辛く、大変ではあるかと思います。しかし、転職は企業側のニーズもあり、「働く」とは大変なことです。大切なのは、『ご自分が何に対してストレスを感じるのか』

やりたいことがなくてもいいんです。しかし、ご自身が大切にしている価値観やなりたい姿は明確にしなければ、転職をしても同じ失敗を繰り返します。(being)

やりたいことがあるのであれば、実現できるだけの能力や経験値、考え方や人脈があるのか確認しましょう。(doing)

転職エージェントによって差分がありますが、弊社の場合はこの(being・doing)をしっかりと向き合った上で転職のご支援を行っております。

納得感を追求し、ご自身を豊かにするため壁打ちをします。単なる求人紹介であれば誰でもできますが、ご自身のキャリアや人生を中長期な視点を見据えた上でアドバイスし、そのための企業をご提案させて頂きます。

弊社の場合は、「求人数」は少ないですが、転職エージェント・キャリアアドバイザーが、直接社長や人事に対して直接、連絡を取り転職者をプッシュしております。
これは、人脈とキャリアアドバイザーが企業に直接訪問することから強いコネクションがあるためです。

実際、弊社の転職サポート者の内定獲得率は大手エージェントの3倍という実績があります。

大手エージェント経由ではできないサポートをすることで、転職したい人にとって最大のメリットができると自負しています

手前味噌ですが、ホームページ・求人サイト・他社転職エージェントなどよりも、ご紹介・選考サポートは手厚く、且つ強いと自負しています。

ですので、焦って応募をされる前に、まずは弊社までご登録・ご相談ください。

The following two tabs change content below.

Callingoodマガジン 編集部

◆キャリアを前向きに考える2・30代のビジネスパーソンに向けて、転職・キャリアに関する記事を発信◆
【弊社の特徴】大手求人サイトとは異なり、キャリアアップという視点でご支援致します。地方でのご支援も可能!
LINEで記事を定期配信中↓

LINEで相談