銀行からの転職先と成功のコツをプロが本気で考えてみた!

以前は、銀行員といえば、元々はエリートコースだったはずだが、現状はかなり厳しいといえます。

リストラを危惧した方や一般職の方、同期の2割しかなれない支店長のポストがさらに減り退職を検討されている方、新卒2年目で転職をする方など銀行員から転職する方は年々増え、前年から3割以上増えている傾向があります。

やはり、新卒採用の縮小や業務削減の動きが強い。

銀行員は現在、約40万人ほどいらっしゃいますが、Fintechの活動も強まり、ネット銀行組が昇進し、役員に登用されるケースも増えてきており、人件費を始めとしたコストカットが行われ、相談される方が増えてきました。

そこで今回は、銀行員からの転職についてお伝えし、転職すべき人のサポートを行いたいと考えております。

→【銀行員からの転職】後悔したくない方はこちら

転職すべきでない銀行員

・新卒1年目〜2年目
・地方在住の35歳以上
・30代以降でスキルが活かせない全く畑違いな企業への転職
・年収が高く、プライドが高い方
・役職・報酬など労働条件が恵まれている方

基本的な転職先ですが、

  • 30歳以上の銀行員は『金融業界』、経験が活かせる転職先
  • 29歳以下の銀行員は『金融業界以外』でもまだチャンスはある

30歳以上の銀行員

銀行員だけに限った話ではありませんが、30歳以上は「金融業界」がメインです。

理由としては、中途採用は即戦力採用が基準。

外資系金融機関、信用金庫、保険会社、証券会社、クレジットカード会社などの金融業界であれば、経験が活かせやすく企業からのニーズがあります

違う業界となると「営業経験」が必須となります。しかし、実際のところ30歳以上で金融業界以外へ転職をされる方は少ない印象です。

 主な転職先が金融業界になる理由としては3つ
  1. 『企業側の採用目線』企業ニーズ
  2. 『安定性』を求めているため
  3. 『給与水準』が変えられないため

年齢を重ねていくと転職のハードルが上がってきます。残念ながら銀行員として10年以上働いて習得できるスキルは、『銀行内部でしか役に立たない』ものが多く、新しい業界への転職は難しいといえます。そのため、営業経験がある場合は、汎用あるスキルとして企業側から評価を頂くことが多いといえます。

また、安定的に高収入が得られる『金融業界』を転職先として選ぶ傾向があります。

営業経験がない銀行員の方が異業界へ転職を検討されている場合は、むやみに転職を勧めません。

29歳以下は『金融業界以外』も可能

具体的な転職先としては、『IT業界、Web業界、人材業界、コンサルティング会社、不動産会社、メーカー、ベンチャー企業』などと30代比べると転職先が豊富です。

他業界に転職できる理由としては、ポテンシャル採用と呼ばれる、第二新卒採用などがあるためです。

とはいえ、第二新卒だからといって優遇されている訳ではありません。

企業が採用する基準としては主に2つ

  1. 能力
  2. 継続性

能力とは、銀行での経験が自社で活かせるかどうか、利益を出せそうかどうか

継続性は、辞めないかです。基本的には3年程度働かないと「採用コスト」を回収することはできません。そのため、活躍と定着を望むことから短期離職した方の採用ジャッチは厳しくなります。

そのため、「なぜ転職したいのか」「なぜ志望するのか」転職理由と志望動機が大切になります。

安易に現職からの不満だけでは「コイツ反省してないし、同じ失敗繰り返すな…」と思われてサクッとお見送りになります。(結構います…)

→銀行からの転職:内定率を最大化したい方はこちら

銀行から転職する場合、有利な資格はあるのか?

銀行員として勤務をしていると、仕事柄、様々な資格を取得する機会があると思います。

しかし、残念ながら転職する職種や業界によって活かせるかは変わってきます

例えば、ファイナンシャルプランナーや証券外務員といった資格は証券や保険会社では優遇されるのと同じように、転職に有利な資格は、変わります。

経理や財務へ転職を希望するのであれば、簿記や公認会計士などの資格が有利になるのと同じ感じです。

また、もう一点注意が必要なのは、資格は取得しただけでは使い物にならないということ。転職においてはあくまでも実務経験があるかどうかが重要となります

極端なことをいえば転職で有利になる資格はありません

*転職を成功させたいあなたへ*

弊社では、転職サポートの実績を活かし、銀行員からの転職を含めた様々な業界・職種に関する情報や自己分析の方法などを転職支援のプロとしてLINE@にて公開し、配信しております。

[情報収集をしたい方へ]
今すぐ転職に関する情報を読む↓

友だち追加

銀行から転職:アピールポイントは?

どんなに優秀な方やトップセールスで営業力のある方でも、いざ面接で自分個人を売り込むとなると、上手く話せなくなることが良くあります。
志望企業に見合ったスキルや経験、マインドを持っているのに、面接で自分を上手くアピールすることができずに内定を得られないケースがあります。

面接はアピールする場です

そういった意味で何をアピールすべきなのか、これは志望される企業で結論変わります。早い話、相談を頂いたほうが早いのですが、これでは課題を解決できないかと思いますので、大きく2つご紹介します。

  1. ビジネスマナーや考える姿勢などのスタンス・マインド面
  2. 数字・目標達成意欲を含めた実績

面接では、専門的なアピール(経験)と人柄(取り組み)を伝えると採用した後の活躍をイメージすることができます。

例えばですが、「銀行員時代に身につけた〇〇という部分で、御社の業務に生かせると思い…」といった具合ですね。

正直この辺りは誰でもできてしまうので、よりテクニカルな部分については、ご相談頂いた後にお伝えさせて頂きます。

個人の魅力が、120%伝わるようにするのが、我々転職エージェントの仕事です。

実際に転職活動を進めるには?

転職する際に利用されるサービスが多くありご存知の方が多いとは思いますが、転職方法は大きく分けると以下5つあります。

転職方法

  1. ハローワーク
  2. 求人媒体
  3. 知人紹介
  4. 自主応募
  5. 転職エージェント

それぞれメリット・デメリットがありますが、多く利用されているのはネット検索。
例えば、 DODAやリクナビNext、ビズリーチといった「求人媒体」の利用かと思います。

求人数が多いため気になる企業へエントリーをしながら進めると良いでしょう。

内定率を高めるには!?

し手前味噌ではありますが、転職の成功確率を高めるためには転職エージェントを利用することをオススメします。

理由としては、求人サイトや会社HPから直接応募する場合は、面接対策だけではなく、エントリー書類の準備からSPIの対策、企業と面接調整のやりとりまで自分ですべてしなくてはなりません

現職を続けながらの転職活動の場合は、転職活動に割ける時間が少なくなるため対策や準備が満足にできないままSPIや面接に臨んでしまい、お見送りになことも珍しくありません。転職の成功確率を高めるためには転職エージェントを利用をぜひご検討頂ければと思います。

理由としては、求人サイトや会社HPから直接応募するのも良いかと思いますが、面接対策だけではなく、エントリー書類の準備からSPIの対策、企業と面接調整のやりとりまで自分ですべてしなくてはなりません

現職を続けながらの転職活動の場合は、転職活動に割ける時間が少なくなるため対策や準備が満足にできないままSPIや面接に臨んでしまい、お見送りになことも珍しくありません。

また、面接対策だけではなく、履歴書・職務経歴書の添削や企業との面接日程の調整などもエージェントが代わりに対応するため、負担が減るという点で、転職エージェントをオススメする理由の1つです。

しかし、一番のメリットはお見送り理由がわかる事です。

通常は「ご期待に添えない形となり…」となりますが、転職エージェントは企業の採用支援を手伝う役割があるため、何が不採用だったのか原因を知ることができます。

面接でどこがダメだったのか、原因が分かれば次に繋げることができます。その改善を行うことで面接の採用角度を上げることができ、内定率を上げることができます

弊社の場合は、直接社長や採用担当の人事に対して直接連絡を取りあなたの魅力をプッシュし援護射撃を行います。

書類通過率を最大限上げることができ、面接で不採用になる理由を先手で対策することで、希望している企業への内定角度を高めることができます

結果プロとして内定率を最大化させることができます。

大手エージェント経由ではできないサポートをすること弊社の強みだと感じております。

最後になりますが、採用担当から金融業界出身の方が面接が「お見送り」になるケースをお伺いしたことがありますので、お伝えさせて頂きます。

・金融業界出身者など銀行出身者に多い転職理由として、特有のルールや規制が多いことなど外部要因を理由に転職する方が多くいますが、そんな中でも自分がどこまで現職に働きかけてきたか、営業してきたか、という点が知りたい。

・課題解決型の営業をしてきたか(足売り営業やリレーション営業ではなく、顧客やマーケットを見通してニーズを分析したり、顧客を攻略してきた経験があるか)

こういった理由は、採用担当と強い繋がりがあると伺うことができ、より内定率を上げることに繋がります。市場価値を上げたい方、将来起業を検討したい方、汎用性・専門性を高めたい方、ぜひご相談ください。

【関連記事】

【女性銀行員の転職】一般職がなくなる前に銀行から転職する方法

2019.05.05

【転職が難しいケース5選】〜年齢・年収・業界・職種・ポジション

2019.03.21

【月間5万人に選ばれる理由】弊社の転職サポートの強み〜候補者に向く支援〜

2019.03.16
The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

LINEでの相談はこちら↓

LINEで相談