銀行からの転職先と成功のコツをプロが本気で考えてみた!

以前は、銀行員といえば、元々はエリートコースだったはずだが、現状はかなり厳しいといえます。

リストラを危惧した方や一般職の方、同期の2割しかなれない支店長のポストがさらに減り退職を検討されている方、新卒2年目で転職をする方など銀行員から転職する方は年々増え、前年から3割以上増えている傾向があります。

やはり、新卒採用の縮小や業務削減の動きが強い。

銀行員は現在、約40万人ほどいらっしゃいますが、Fintechの活動も強まり、ネット銀行組が昇進し、役員に登用されるケースも増えてきており、人件費を始めとしたコストカットが行われ、相談される方が増えてきました。

そこで今回は、銀行員からの転職についてお伝えし、転職すべき人のサポートを行いたいと考えております。

→【銀行員からの転職】後悔したくない方はこちら

銀行員からの転職は有利!

銀行員から転職を考えている方には朗報です!

あなたの年齢や経歴などもよりますが、銀行員の方は、転職先から歓迎される傾向にあります。

先ほど銀行の現状に対して少しネガティブなコメントをしましたが、世間からのイメージはかなり良いです。

社会人としての最低限のマナーが整っている、高学歴、数字周りの細かい仕事をこなせる、勤勉、そして銀行で培ってきた知識とノウハウ。

これらは転職市場でも高く評価されます。
これらの強みを上手くアピール出来れば、転職先としても様々な選択肢が出てきます。

転職すべきでない銀行員の特徴

銀行員の方は転職市場で高く評価されるといいましたが
全員が転職に成功するわけではありません。

以下のような特徴がある方は考え方を少し変えるか、転職のタイミングをずらす事が必要かもしれません。

・新卒1年目で転職しようとしている方
・地方在住の35歳以上の方
・30代以降でスキルが活かせない全く畑違いな企業への転職しようとしている方
・年収が高く、プライドが高い方
・役職・報酬など労働条件が恵まれている方

新卒1年以内の方が企業の求人に応募しても、継続性がなく、また短期離職をする可能性があると判断されてしまいます。
最低でも1年以上は勤めてから転職活動を始めるのが良いかと思います。

また、30歳を超えてからは、基本的に銀行の経験が活かせる企業への転職に限られます。

基本的な転職先ですが、

  • 30歳以上の銀行員は『金融業界』、経験が活かせる転職先
  • 29歳以下の銀行員は『金融業界以外』でもまだチャンスはある

年代ごとに考えられる転職先

銀行からの転職では30歳を境に、大きく状況が変わってきます。
それぞれの年代で考えられる転職先についてまとめてみました。

29歳以下は『金融業界以外』も可能

29歳以下の方は、様々な業界にチャレンジできます。

具体的な転職先として考えられるのは

・IT業界
・Web業界
・人材業界
・コンサルティング業界
・不動産業界
・メーカー
・ベンチャー企業

などの業界になります。
業界によっては年収を上げることも出来ると思います。

他業界に転職できる理由としては、ポテンシャル採用と呼ばれる、第二新卒採用などがあるためです。

とはいえ、第二新卒だからといって優遇されている訳ではありません。

企業が採用する基準としては主に2つ

  1. 能力
  2. 継続性

能力とは、銀行での経験が自社で活かせるかどうか、利益を出せそうかどうか

継続性は、辞めないかです。基本的には3年程度働かないと「採用コスト」を回収することはできません。そのため、活躍と定着を望むことから短期離職した方の採用ジャッチは厳しくなります。

そのため、「なぜ転職したいのか」「なぜ志望するのか」転職理由と志望動機が大切になります。

安易に現職からの不満だけでは「コイツ反省してないし、同じ失敗繰り返すな…」と思われてサクッとお見送りになります。
実はこういう方が結構多いんですよね、、

転職できるポテンシャルを持っているだけに非常にもったいないです。
転職理由や志望理由で、採用側にネガティブな印象を与えないようにするには、一定のコツが存在します。
弊社は銀行員からの転職支援に豊富な経験がありますので、相談していただければ、無料で選考対策のサポートをさせていただきます。

→銀行員からの転職に強みを持つ弊社に転職相談をする

30歳以上の銀行員

銀行員だけに限った話ではありませんが、30歳以上は「金融業界」がメインです。

理由としては、中途採用は即戦力採用が基準。
経験が活かせる業種であれば、十分ニーズはあります。
考えられるのは以下のような業種ですね。

・外資系金融機関
・信用金庫
・保険会社
・証券会社
・クレジットカード会社

違う業界となると「営業経験」が必須となります。
しかし、実際のところ30歳以上で金融業界以外へ転職をされる方は少ない印象です。

 主な転職先が金融業界になる理由としては3つ
  1. 『企業側の採用目線』企業ニーズ
  2. 『安定性』を求めているため
  3. 『給与水準』が変えられないため

年齢を重ねていくと転職のハードルが上がってきます。残念ながら銀行員として10年以上働いて習得できるスキルは、『銀行内部でしか役に立たない』ものが多く、新しい業界への転職は難しいといえます。そのため、営業経験がある場合は、汎用あるスキルとして企業側から評価を頂くことが多いといえます。

また、安定的に高収入が得られる『金融業界』を転職先として選ぶ傾向があります。

しかし、最近は「数字周りの細かいタスクがこなせる」「リスク管理能力が高い」という銀行員特有のスキルを活かして、スタートアップや上場前のベンチャー企業のCFO職として活躍している方も多くいらっしゃいます。

CFOへの転職に関しては、以下の記事で細かく解説しているので、ご参考にしてください。

CFOになるための経験やキャリアパス・スキルについて

40代を超えると転職は難しい

結論、40代以降の方は転職をオススメしません。

これは銀行員出身の方に限らず、転職市場では40歳を超えた方にはより専門性を求められるので、20代・30代の方と比較すると転職が難しくなります。

また、銀行員の方が40代・50代になってくると、給与も相当高額になっている方が多いと思います。
転職する場合はその給与を払って採用する価値のある人材なのかという部分をかなり厳しくジャッジされますので、選考難易度はさらに上がります。

上記を加味して判断すると、現職で抜き差しならぬ状況でない限り
銀行員を続けられることの方がメリットが大きいと思います。

どうしても転職をしたいという場合は、知り合いのコネクションを用いて企業の管理部門や財務部門などのポジションに転職する方法がオススメです。

年代を問わず人気なのは「公務員」

年代を問わずに銀行員からの転職先として人気なのが「公務員」です。

銀行の「安定」や「長期雇用」という点に魅力を感じていた方にはオススメです。
銀行の体育会系のノリや縦社会に馴染めなかった方は、公務員に転職することが多いですね。

元銀行員の方は、公務員への転職はそこまで難しくない印象です。

銀行から転職する場合、有利な資格はあるのか?

銀行員として勤務をしていると、仕事柄、様々な資格を取得する機会があると思います。

有利な資格はありますが、転職する職種や業界によって活かせるかは変わってきます。

例えば、ファイナンシャルプランナーや証券外務員といった資格は証券や保険会社への転職を考えている場合は有利に働くと思います。
しかし、IT業界やWeb業界のような業界に転職を考えている場合は、特別有利になることはありません。

経理や財務へ転職を希望するのであれば、簿記や公認会計士などの資格が有利になりますが、他の業界では有利に働かないのと同じです。

大事なのは資格を持っておる事ではなく、その資格を活かして業務にいかした経験があるかどうかです。
転職市場では業務経験ベースでしかアピールすることが出来ないので
資格をアピールしたい場合は、それに付随した実務経験を語れるようにしておきましょう。

銀行からの転職での面接のポイント

銀行員から転職するが面接で意識するべきポイントをまとめてみました。

特に相談をいただく事の多い「面接でのアピールポイント」と「よくあるお見送りの理由」についてまとめてみました。

面接でのアピールポイント

どんなに優秀な方やトップセールスで営業力のある方でも、いざ面接で自分個人を売り込むとなると、上手く話せなくなることが良くあります。
志望企業に見合ったスキルや経験、マインドを持っているのに、面接で自分を上手くアピールすることができずに内定を得られないケースがあります。

面接はアピールする場です

そういった意味で何をアピールすべきなのか、これは志望される企業で結論変わります。早い話、相談を頂いたほうが早いのですが、これでは課題を解決できないかと思いますので、大きく2つご紹介します。

  1. ビジネスマナーや考える姿勢などのスタンス・マインド面
  2. 数字・目標達成意欲を含めた実績

面接では、専門的なアピール(経験)と人柄(取り組み)を伝えると採用した後の活躍をイメージすることができます。

例えばですが、「銀行員時代に身につけた〇〇という部分で、御社の業務に生かせると思い…」といった具合ですね。

しかし、面接でアピールするとなると、その企業の社風や求めている人物像によて伝え方や内容を変える必要があります。

弊社のように、企業の採用担当者と直接つながりを持っているエージェントに相談していただければ、企業ごとの面接対策をより細かい粒度で、密度を濃く1対1で行う事が出来ます。

→転職決定率が大手の3倍の弊社に面接対策を頼みたい方はコチラ!

良くあるお見送り理由

銀行員の方の転職支援をしてきて、お見送り理由として多いものを2つ紹介します。

まず1つ目はコチラ

「金融業界出身者など銀行出身者に多い転職理由として、特有のルールや規制が多いことなど外部要因を理由に転職する方が多くいます。しかし、その要因に対して、自分から改善しようとしたり、働きかけたりしたというエピソードが効けなかった。」

銀行などの金融業界は、入社時点で仕事の進め方が完全に決まっていたり、厳しいルールが存在する事も多いと思います。
そのルールや規制を息苦しく思う一方で、なかなか自分から働きかけたりできず、転職という手段を用いて脱却しようすると、採用側からすると「他責思考が強い」と判断されてしまう場合があります。

退職理由は話す際には、その要因を解消する為に自分が何かアクションを起こした事をエピソードを説明しましょう。

2つ目の理由は

「課題解決型の営業をするには、経験や知識が不足している」
「足売り営業やリレーション営業ではなく、顧客やマーケットを見通してニーズを分析したり、顧客を攻略することが出来るか不安」

こちらも銀行員の方に多いお見送り理由です。
銀行の営業の特徴から、課題解決型の営業を行ってきた経験はあまりないと思います。
営業職として転職する場合には、いかに顧客志向をもって課題解決をすることが出来るかが大切になってきます。

面接の際には、銀行での業務をしていた時に、どうやって顧客に課題に向き合っていたかについて語れるとアピールにつながると思います。

→銀行員からの転職に圧倒的なノウハウのある弊社に転職相談する

銀行員からの転職を成功させるコツ

手前味噌ではありますが、転職の成功確率を高めるためには転職エージェントを利用することをオススメします。

理由としては、求人サイトや会社HPから直接応募する場合は、面接対策だけではなく、エントリー書類の準備からSPIの対策、企業と面接調整のやりとりまで自分ですべてしなくてはなりません。

現職を続けながらの転職活動の場合は、転職活動に割ける時間が少なくなるため対策や準備が満足にできないままSPIや面接に臨んでしまい、お見送りになことも珍しくありません。転職の成功確率を高めるためには転職エージェントを利用をぜひご検討頂ければと思います。

理由としては、求人サイトや会社HPから直接応募するのも良いかと思いますが、面接対策だけではなく、エントリー書類の準備からSPIの対策、企業と面接調整のやりとりまで自分ですべてしなくてはなりません。

現職を続けながらの転職活動の場合は、転職活動に割ける時間が少なくなるため対策や準備が満足にできないままSPIや面接に臨んでしまい、お見送りになことも珍しくありません。

また、面接対策だけではなく、履歴書・職務経歴書の添削や企業との面接日程の調整などもエージェントが代わりに対応するため、負担が減るという点で、転職エージェントをオススメする理由の1つです。

しかし、一番のメリットはお見送り理由がわかる事です。

通常は「ご期待に添えない形となり…」となりますが、転職エージェントは企業の採用支援を手伝う役割があるため、何が不採用だったのか原因を知ることができます。

面接でどこがダメだったのか、原因が分かれば次に繋げることができます。その改善を行うことで面接の採用角度を上げることができ、内定率を上げることができます。

弊社の場合は、直接社長や採用担当の人事に対して直接連絡を取りあなたの魅力をプッシュし援護射撃を行います。

書類通過率を最大限上げることができ、面接で不採用になる理由を先手で対策することで、希望している企業への内定角度を高めることができます。

結果プロとして内定率を最大化させることができます。

大手エージェント経由ではできないサポートをすること弊社の強みだと感じております。

【関連記事】

【女性銀行員の転職】一般職がなくなる前に銀行から転職する方法

2019-05-05

【転職が難しいケース5選】〜年齢・年収・業界・職種・ポジション

2019-03-21

【月間5万人に選ばれる理由】弊社の転職サポートの強み〜候補者に向く支援〜

2019-03-16
The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

LINEでの相談はこちら↓

LINEで相談