転職で内定辞退をする時に波風を立てない為の方法を大公開!

まずは内定おめでとうございます。この記事を見ている方の多くは、いくつかの企業から「内定」を頂いた上で迷っているかと思います。

転職エージェントをしていると複数内定を得るケースもありますし、迷ったときの判断基準や辞退交渉など様々なサポートをしておりますので、今回は有益な情報をお届けできると思います。それでは早速よくある質問に答えていきましょう。

転職での内定・辞退はいつまでに連絡すれば良いのか?

志望している企業の内定であればすぐに回答しても問題ないでしょう。

一方、辞退のケースは少々条件があります。企業に迷惑がかかりますので、辞退の意思が決まっていればすぐに連絡すべきですが、いくつもの企業から内定がある場合は、内定の保留を検討しても問題がありません。

企業によって内定承諾の期間が変わってくるので、一概に言えませんが、一般的に内定通知が届いてから1週間~1か月以内が相場です。

転職エージェントを通しての場合は、「内定承諾の期間」を伸ばす交渉ができますが、ご自身で転職活動をした場合は、あまり長引かせることのないよう気をつけつつ、期間を伸ばしてもらうよう連絡をして下さい。

その際に電話かメール、どちらで連絡をしたら良いのか?という質問が多いですが、厳密な正解はないです。ただ、今後クライアントやお客様になるかもしれない場合は、相手からの印象を悪くしない方法で連絡することを心がけて下さい。

*内定辞退でお悩みのあなたへ*

弊社では、転職サポートの実績を活かし、様々な業界・職種に関する情報や自己分析の方法などを転職支援のプロとしてLINE@にて公開し、配信しております。

[情報収集をしたい方へ]
今すぐ転職に関する情報を読む↓

友だち追加

転職エージェント経由での内定辞退の場合は?

エージェント経由での内定辞退は大きく分けると2種類に分けることができます。

  1. そもそもエージェントを通しての企業に納得がいっていないケース
  2. 信頼関係がある場合、かつ複数から内定がある場合の連絡

2つ目のケースの転職エージェント経由で複数内定がある場合は、エージェントと相談して内定辞退をする旨をお伝え頂ければ、エージェント側から連絡を入れますので、特に問題はないかと思います。

1つ目のケースは、複数の転職エージェントを活用しての転職活動の場合、せっかく協力してくれたエージェントに対して、どういった方法でお断りをすれば良いのか悩むケースがあると思います。

基本的には、他社選考を受けているケースも多いので、誠意をもって、辞退の意思を伝えてもらえれば良いのですが、サポートをしている転職エージェントからすると、内定までのサポートに時間をかけているので、事前に複数の転職エージェントを利用していることは、伝えておいて下さい。

転職活動は、信頼関係が重要ですし、納得がいっていない場合ははっきりと伝えることがサポートを受ける上での心構えです。

内定承諾後の辞退って可能?

結論、内定承諾後の辞退は可能です。

ケースとして珍しいですが、内定辞退が違法となりうるケースも実はあります。

それは、会社の信頼を著しく損ねる辞退をした場合に損害賠償を請求されるケースです。これは入社予定日から2週間を切った場合に何かしらの不利益があった際、そういったトラブルに発展してしまうことがあるので、慎重に判断するようにしましょう。

内定を得てからの判断基準のポイント

転職で決まった内定を受ける直前になって迷いが生じてしまうことは良くあります。

そのため複数企業から内定をもらった場合に大切になる判断基準についてお伝えしたいと思います。

転職で得た内定の根幹に「譲れない条件」を決める

転職するからには、現在働いている会社よりも良い労働条件で働きたいと誰もが願うと思います。

労働条件を考慮して応募をしたはずなのに、内定が出たときに受けるべきなのか辞退すべきなのかという迷いが脳裏をよぎるのは「転職の優先順位」が曖昧であるためです。

誰しもが勤務地や基本給、人間関係等これだけは絶対に譲れないという条件面での優先順位があるはずです。

今回の転職で満たしたい条件は何でしょうか?転職で全ての条件を満たせることはかなり稀です。譲れない条件を1つに絞ることで判断ができると思います。

優先順位が決まっていない、ということは自己分析やそもそもの転職の目的を見失っている可能性があリます。

転職活動前であれば転職エージェントとのすり合わせで良いかもしれませんが、そうでない場合は有料のキャリアコンサルタントなどを活用されることをオススメします。

以下に自己分析の方法について詳しく書いた記事を掲載しておくので、気になる方は一度目を通してみてください。

関連する記事

転職による内定を受ける際と辞退する際の上手な返事の仕方

転職の内定を受ける時の返事には「選んで頂きありがとうございます」と感謝の意を述べておきましょう。

この先、長期的に勤務するかもしれないことを踏まえ、好印象を与えておくことを忘れずに。最初に相手に良い印象を与えておけば、この先ずっとあなたのイメージを壊さずに会社で働くことができます。

反対に内定を辞退する場合には、社会人経験が身に付いた転職組の底力を発揮しておきましょう。

内定を辞退するからといって、これでさようならではありません。

惜しみながら辞退を受理されてこそ、あなたの強みが汲み取られる瞬間ではないでしょうか。いつどこであなたの印象が噂として次の転職先の企業に入ってくるのかわかりません。

ここも内定を受ける時と同じく「選んで頂きありがとうございます」の言葉と同時に、「期待に添えることが出来ず大変申し訳ございません」と言葉を添えておくことがポイントです。

内定承諾・辞退を検討している方へ

初めて転職活動をするという方は、現職を退職する理由は明確でも、次に転職したい業界・職種・会社や仕事については漠然としている方がとても多い印象です。

そんな中で、転職サイトやハローワーク、友人の紹介などを利用して独力で転職をしてしまい、新卒の就活と同じく企業とのミスマッチを繰り返してしまうという方が実は後を絶ちません。

そういった意味で転職エージェントを上手く活用する事で、自分の市場価値やキャリアプランを「客観的に」判断してもらうことが可能ですし、自分に合っている業界や企業を「転職のプロ」の目線からアドバイスしてもらうことで、転職活動の成功率を劇的に上げることができます。

すでに内定がある場合は転職エージェントに相談をして改めて行うというよりは、有料のキャリアコンサルタントを利用して助言をもらうと良いでしょう。

納得感がない場合であれば改めて転職を進めても良いかと思いますが、なぜ有料のキャリアコンサルタントが良いのかと言うと、背景として転職エージェントのサービス報酬は、企業側から頂く形となります。
そのため、すでに内定がある場合は、仕事ではなく、ボランティアとなってしまうため積極的に関与しないケースがあることから対価を支払って助言を頂く方が良いといえます。

弊社の場合も同様に、すでに内定のある場合はお力になれないケースもあるのですが、納得感がない転職であれば「客観的」な意見をプロとして助言させて頂きますので、ご連絡頂ければと思います。

The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

LINEでの相談はこちら↓

LINEで相談