何社に応募すべき?転職するときに知っておきたいポイント

ご自身で転職活動をしようと思ったときに、「どのくらいの数の企業に応募すればよいのか」分からないかと思います。

そこで今回は転職支援のプロとして「最適な応募数」と、「応募を考える上で注意すべきポイント」について説明したいと思います。

何社応募が妥当か

結論、応募社数は関係ありません。ご自身が受けたいと思う企業へ応募して問題はありません。

とはいえ、平均値も知りたいかと思いますので参考程度ではありますが、平均応募は約20社です。

しかし、これはご自身がどのようなキャリアを歩んできたのか、という点で大きく左右されますので、20社以上応募される方もいれば、数社で内定を勝ち取る方もいます。

ここで重要なのは、なぜその企業に応募するのか、という視点です。

良い転職というのは、A社へ転職するということ(目的)ではなく、自己実現や将来なりたい姿に近くための手段としてA社に入社することが、長期的な視点で見たときに納得感を得られますし、モチベーションや入社後の活躍に繋がります。

もし転職エージェント利用している場合であれば、単なる求人紹介をしてくる転職エージェントは注意が必要です。

単なる求人紹介は、今後のあなたについて考えているのではなく、とりあえず企業に紹介しているスタンスです。

この企業へ転職するメリット・デメリットが分からないまま結果として転職活動を進めてしまうと、現職と同じような理由でまた転職してしまう可能性があります。

そういった意味で、優秀なエージェントとめぐり合うために、数社利用した方が良いと言えます。

エージェントを利用していない場合も同様に「なぜその企業へ応募するのか」単なるイメージだけで応募するのではなく、しっかりと情報収集をして応募することで内定獲得率も上げられますし、求人を大量に応募しなくても済みますので現職続けながら進めることができるかと思います。

ちなみに優秀なエージェントと通すと?

選考のフローとしては、書類選考→適性検査→一次面接→二次面接→最終面接→内定

面接回数は会社によって変わりますし、適性検査がない場合もあるため一概にはいえませんが、選考フローはこのような形です。

書類選考の通過率も企業によっても大きく変わりますが、平均50%の割合で落ちます。

中には、書類選考の段階で10%〜25%の方しか通らないという企業もあります。

逆に営業職であれば50%〜80%と面接で判断する企業もありますが、基本的には、書類選考から最終面接までに進むまでに通過率は下がってきます。

企業によりますが、10%〜50%の割合で応募者を削っていくため、そういった意味で応募件数を増やすというのは1つの手段かもしれませんが、実は優秀なエージェントの書類通過率は70〜100%と平均値より高い傾向にあります。

一次面接以降の通過率に関しても50%〜80%程度と高いのが特徴です。

なぜこれほど差があるのか?

やはり、特徴としては「採用企業」とのマッチング率が高いことがいえます。

優秀なエージェント特徴は?

  1. 転職市場に詳しい転職情報の量や質が高い
  2. 単なる求人紹介はしない内定が出ても客観的視点でアドバイスをくれる
  3. 非公開求人が多い
  4. 懸念されること・良いところをはっきり伝えてくれる
  5. 紹介求人について詳しい
  6. 入社後のキャリアまで考えている

優秀なエージェントほど上記のような特徴がありますので、すでに利用している場合は4つ以上当てはまるか検討されると良いでしょう。

また、「担当エージェントと合う合わない」も正直ありますので、弊社も含め優秀なエージェントであってもこればかりは仕方がないケースもあります。

そういった意味で、複数の転職エージェントを利用して判断されると良いかと思います。

転職エージェント末永
転職エージェント末永

弊社、すべらないキャリアエージェントでは、転職者の相談に乗るCA(キャリアアドバイザー)と企業の採用の相談に乗るRA(リクルーティングアドバイザー)を兼任しています。


そのため、両方の特徴を把握した上での求人の紹介ができるという強みがあり、実際に書類選考通過率は大手の6倍、内定率は4倍と圧倒的なサポート力が特徴です。

弊社エージェントのポイント

❐企業とのつながりが密で豊富な情報を保有
❐企業別の徹底した選考対策が可能
❐書類通過率は大手の6倍、内定率は4倍

 
The following two tabs change content below.

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」