転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

ITコンサルからマーケティング関連職への転職タイミング

  • 2回答
  • 11役にたった

私は、現在日系総合コンサルティングファームにてシステムリプレースの要件定義を中心にシステムインテグレート業務に就いています。
入社3年目となった今はチーム内の進捗管理や品質管理といった管理業務も任せておらえるようになり充実感はありますが、今のキャリアと自分の希望するキャリアとが一致しておらず、転職による軌道修正を行うタイミングを悩んでいます。

私はもともと今の会社でマーケティング関連のコンサルティング業務を経験したのち、マーケティング関連会社や事業会社のマーケティング職への転職を考えていましたが、希望するプロジェクトへの配属が叶わないまま今に至ります。今後のキャリアとして、以下2つの案を考えているのですがどちらの案がよりよいのか、また他の方法でキャリアを形成すべきかアドバイスいただけないでしょうか。

■案1
社内でマーケティングオートメーションツール導入プロジェクトに異動し、いくつか経験したのちマーケティング関連会社、または事業会社のマーケティング職への転職を目指す。
懸念事項:
プロジェクト異動の希望が通る可能性が低く、いつになるか分からないため昨今のデジタルマーケティングの波を逃す可能性がある。また年を経るとともに異業種への転職が難しくなる恐れがある。

■案2
早急にマーケティング関連会社、または事業会社のマーケティング職への転職目指す。
懸念事項:
マーケティング関連の業務未経験の今のキャリアでは希望する職への転職が難しい可能性ある。
また、マーケティング関連の職につけたとしてもキャリアダウンになる恐れがある。

上記2案について、またその他キャリアの可能性についてご教授お願いいたします。

私は、現在日系総合コンサルティングファームにてシステムリプレースの要件定義を中心にシステムインテグレート業務に就いています。 入社3年目となった今はチーム内の進捗管理や品質管理といった管理業務も任せておらえるようになり充実感はありますが、今のキャリアと自分の希望するキャリアとが一致しておらず、転職による軌道修正を行うタイミングを悩んでいます。 私はもともと今の会社でマーケティング関連...

エリア:東京都
業 界:総合コンサルティング / コンサルティング
職 種:システムコンサルタント / ITエンジニア

もっと見る


2017/12/19Q:3963

前田まえださん
(質問者:26歳)

転職エージェントの回答

2017-12-20 11:21:15

たくぽんさん

はじめまして。株式会社uloqoの関川です。
MAなどについての記載もございますので、前提認識として「デジタルマーケター」を目指すという考え方で回答を進めてまいります。

今のご年齢を考えますと、「デジタルマーケター」を目指すのであれば、
「転職」を視野に動いた方が賢明かと思います。
理由は下記です。

・年齢:デジタルマーケティング業界では新卒プロパーがマネ―ジャーへ昇進しだす年齢

・経験:事業会社のマーケティング職は高い倍率となっており、「デジタル領域でどれだけ多くの経験を積めるか※具体的には、アカウントの運用経験、プランニング経験、またダイレクトやCRM領域へ知見、コンテンツマーケティングに関する知見など。加えて、クライアント予算や取り扱い媒体、広告商品のバリュエーションも重要」が肝になる。

まず年齢に関してですが、デジタル領域は基本的に平均年齢が若く、
20代後半ともなれば、新卒時からの社内レイヤーを一段二段と挙げている人材が沢山います。
基本的にはレイヤーがあがれば取り扱うクライアントのバジェットも大規模なものになります。
大規模なバジェットを持つクライアントに対して、様々な広告媒体を用いて提案実行してきた人材は市場価値も高く、
未経験で20代後半からチャレンジして巻き返そうと思うとかなり頑張らないといけません。

経験に関しても、MAツールの導入提案はあくまでもCRM領域の一部分を切り取った提案となります。
マーケターとしてのキャリアで考えると、得られるスキルが限定的になります。
マーケターに必要なスキルというよりはやはり、テクノロジーベンダーにおけるコンサルタントのスキルになります。

アビームやベイカレントなどの日系ファーム出身者はデジタルマーケティング業界との相性も良いので、
たくぽんさんの、該当市場におけるポテンシャル枠としての市場価値は高いと想定されます。

ポテンシャル枠としてチャレンジ出来るのが29歳までだと考えた際に、出来るだけ早くに業界でスキルを得ておきたいですね。
26歳の今と、29歳であれば、チャレンジ可能な会社の母数に差異があるかと存じます。

転職→キャリアダウンとも記載がございますが、
何を持ってキャリアダウンなのかについても、再定義する余地はありそうです。

ただし、転職をされるにしても、
デジタルマーケターになる為に必要なスキルが確かに得られる会社を選ぶべきかとは思いますので、
このあたりの情報収集はかなりシビアに行っていくべきだとも思います。

少しでも参考になっていれば、幸いでございます。

2017-12-22 17:48:18

デジタルマーケティング専門人材エージェントの黒瀬と申します。

下記ご回答させていただきます。

前田まえださんと同様、戦略系ファームに新卒で入り、マーケではないコンサルチーム配属となり転職された方の事例もいくつかございましたので、ご参考になれば幸いです。

■案1
現在のファームの主力ドメインが不明ではありますが、MAやCRM、データ分析チームがきちんと整っているのであればおすすめです。
このあたりをカバーしているコンサルファーム様であれば、おそらくマーケ関連プロジェクトがかなり来ているはずです。
異動届の希望をまず出してみて、難しいようでしたらまだお若いですので、案2の方に進まれてもよいかと思います。
事業会社に近いサイドで、上記スキル経験を数年積めれば、転職する際の選択肢も大きく広がるでしょう。


■案2
まだ3年目で未経験分野であるため、次の選択肢は狭まるのは間違いなく、給与のダウンの可能性もあります。
ただ、次の転職をゴールにするのではなく、目指すべき理想の「マーケティング職」に就くために、逆算してスキル経験を貯めれる環境に行くことはいかがでしょうか。
その際は、年収ダウンや、周りから見るとキャリアダウンに見えるかとは思いますが、それはその次を目指すべきための場と考えれば、特に気になるお話ではないかと思います。

私どもとしても、まずお話したいのは「今入れる希望の職種・会社」ではなく、目指すべき具体的な仕事が何かを突き詰めることが必要かと思います。
意外にあいまいだったり、情報不足のため、聞こえのいい「マーケ職」の理想と現実がわかることも多々ありますw。

自分のピークを何年後に置くのか?、何年後に何をしていたいのか?、更にどんな生活をしていたいのか?このあたりをじっくりお聞かせいただければ、いろんなパターンが見えてくるのではと思います。

ご参考になれば幸いです。


相談カテゴリ