転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

クロセユ ウイチロウ

黒瀬 雄一郎転職エージェント

株式会社ウィンスリー
東京都港区六本木4-8-7 六本木三河台ビル5階

得意分野
自己PR

自己PR

「仕事×家庭×趣味」全部楽しんで全部やりきりたいと思っている人間です。

とりあえず小さい頃から好奇心旺盛でいろんなことをやってきました。

例えば、スポーツは、サッカー、野球、キックボクシング、ゴルフ、マラソン、、最近はサーフィンも始めて車のトランクがもう入りきらなくなってるほどですw

事業は、他に広告代理店とネットベンチャー企業の代表をやっており、あとは海産物の直販事業の役員とかもやってます。

事業以外では、若手社会人向けの塾をやったり、二十一世紀倶楽部というお偉い方たちを集めた社会人向けの団体手伝ったりしています。

直近ではその団体で2020年東京オリンピックのロゴの公募を行い、小山薫堂さん、佐藤可士和さん、オリンピック招致副委員長の水野さんとともに決めたりしました。何も儲かっていませんがw。

様々な活動をしていますので同年代の方たちよりもいわゆる人脈はある方ではないかなと思っています。
あ、あとサッカーは、かなりオタクばりに好きですので、サッカー好きな方はずっとお話できるかと思います。


得意分野

マーケティング・企画

事業会社のマーケティング担当。
非常に人気のあるポジションですが、まだまだ事案が少ないのが現状です。

とは言え、グローバル化とデジタル化に伴うユーザーのコミュニケーションの変化が一気に進み、過去のマーケソリューションでは全く通用しなくなっており、優秀なマーケッターが求められているのは間違いありません。

ただ、企業側もマーケ分野はプロパー社員に任せたい思いもあったり、外部登用の素地が無いため中々中途の採用枠がありません。

とは言え、そうも言っていられないこの昨今。

日本も優秀なマーケッターが高く買われる時代がそう遠くないと思われます。

事業会社からの転職以外では、いままで丸投げしてきたコンサルティング業界や広告代理店側の一部ポジションにノウハウがたまり、事業会社マーケへのステップアップできる可能性のある方が大勢いらっしゃいます。

スキル・経験で言うと、ネットベンチャーのデジタルマーケの事業開発をしてきた方、代理店のストラテジックプランナーの方、ファームのマーケコンサル、戦略PRプランナーなど。

特にこの分野の方たちは、必ず直面する事業会社の他部署(営業、流通、商品企画など)との軋轢を打破できるコミュニケーション能力の高い方が多いです。

まあ、いきなり事業会社のマーケは難しくても、ステップとして上記ポジションにまず転職をしてキャリアを作っていくということも可能です。

「高く買われる時代」に向けて、キャリアプランを一緒に練っていきましょう。


クリエイティブ・広告

小職は、2003年に電通初のネット専業広告代理店にて営業統括を約10年間やり、100名以上の営業、プランナー、オペレーション、クリエーティブ、、と採用を進めてきました。

特にデジタル周りの広告やソリューションを展開しており、スピード感がものすごい早く、経験者を取ることに2つの理由で苦労しました。

1つは新しい市場であったのでそもそも候補者が市場に少なかったこと、そして、もう1つが人材会社の活用方法でした。

電通という名前が付いていたので、人材紹介会社から数多くの候補者を推薦されるのですが、やはり新しい業界であったため、そこへの理解のある紹介会社さんが少なく、ミスマッチばかりということが数多くありました。

立上げの会社であったため、採用の大切さは十分に理解していたので、このギャップを埋めるための人材紹介業をやれれば、もっと数多くの候補者と企業の役に立てると当時から考えていました。

広告業界は、花形といわれる人気業界。
しかし、属したことのある方はよくわかりますが、非常に泥臭く、業界ならではの慣習もあり、旧態依然として変化ができていない部分も多分にあります。

特にデジタル周り分野にたずさわる方の市場価値は高まっていますが、一方マスメディア中心に関わっている方は転職が段々難しくなってきています。

ただ、この業界に携わる方のコミュニケーション能力や、アイデア力は他の業界やポジションでも十分に活かすことが出来ます。

まずはお気軽にご相談ください、
意外なジョブチェンジが出来たりします。


コンサルティング

コンサルティング業界と言ってもかなーり幅が広すぎますので、弊社で得意にしている分野は、

 ①マーケティングコンサルタント
 ②戦略PRコンサルタント

この2軸です。

まずは、①マーケティングコンサルタントは、元々は大手コンサルファームの一部分だったり、広告会社出身のクリエーティブブティックが担ったブランドコンサルだったり、小さな企画会社の延長のようなマーケコンサル会社だったりしていました。

ただ、デジタルソリューションやメディア、ツールの台頭により、「デジタル×マーケティング」を組み合わせた企業も数多く出てきました。

コンサルファームで言うと、アクセンチュアデジタル、デロイトデジタル。
もっとデジタルよりに言うと、アナリティクス、ビッグデータ、データマイニング等と言われますが、ブレインパッドやSIer、IMJなどの老舗デジタルプロダクションもその機能を担っています。

大手総合広告代理店も、下流コミュニケーションではなく、いわゆる上流周りを手がけてきており、コンサルファームと戦略周りでぶつかることも多いようです。

代理店傘下の戦略的コンサルファームとしては、電通コンサルティング、博報堂コンサルティングなどがあります。
最新情報含めたお話もできますのでお問い合わせください。

②の戦略PRコンサルタント
こちらは①と比べてもっと下流領域(コミュニケーション分野)です。
広告などのお金を掛けずに、メディアに取り上げられてもらう手法を戦略的にやるコンサルタントです。
最近出てきた言葉ですが、この戦略周りは、上流からの落とし込みも行うことも必要となるのでコンサルタントとしての要素を求める企業も多いです。

インテグレート、ベクトル、ブルーカレント・ジャパンとかでしょうか。

とは言え、最近は、デジタル×PR×広告 みたいによりミックスされてきていますのでこのあたりの解説も含めてお話させて頂きます。



人物紹介

経歴

2000年慶応義塾大学経済学部卒業
東京に出てきた大学1年の冬、父親が病に倒れ、学費、仕送りがストップ。
飛び込み型の家庭教師の営業を4年間行い、1,000件以上の家庭を訪問。
社員を交えた全国営業で学生ながら、3年連続トップ営業をおさめる。

その営業に疲れ果てたため、福利厚生抜群のNTTに新卒にて入社するが、カルチャーが合わず8ヶ月目で退社。。

その後(株)USENにでGyaOの前身である動画系サービスの立ち上げ、IPOを経験。
楽天とのJVである(株)ショウタイムの立ち上げも行う。

2003年電通初のネット専業広告代理店 電通イーリンクの立ち上げ、営業統括。
数名の会社から100名以上の営業採用を行う。
2005年には、日本で一番Overture(検索広告)の販売を行い、全代理店の中で最優秀営業賞を受賞。

2011年 デジタルコンサルティング会社(株)ウィンスリーマーケティングと、人材会社(株)ウィンスリーを立ち上げ。

・二十一世紀倶楽部&21世紀塾幹事
・2020年に100万人コミュニティ!「TEAM2020」創設。

黒瀬 雄一郎の詳細情報

プロフィール

名前 黒瀬 雄一郎(クロセユ ウイチロウ)
性別 男性
所属企業 株式会社ウィンスリー
転職エージェント経験年数 5年以上
URL https://w3hr.jp
※HPからのお問合せの場合は、コーリングッドを見てお問合せしたとお伝えください

所属企業情報

所属企業 交通アクセス ・東京メトロ日比谷線・都営大江戸線「六本木駅」徒歩 3分
所在地 東京都港区六本木4-8-7 六本木三河台ビル5階 URL http://w3hr.jp/
※HPからのお問合せの場合は、コーリングッドを見てお問合せしたとお伝えください
会社の特徴 広告マーケ/デジタルマーケ業界に特化した人材エージェントです。代表は電通のネット専業広告代理店を立上げ、10年間営業を統括してきました。メンバーもこの業界出身が多く、他社と比較しても、この業界に関しては圧倒的な知見と情報があると思います。大手企業を中心に優良案件が数多くございますが、ポリシーとして安易なご紹介はいたしません。まずはご本人のキャリアをどう作るか?ここから一緒にお話をいたしましょう。

黒瀬 雄一郎 の過去の回答一覧

Webディレクターの転職理由について

Webマーケティング・Web企画

Web制作会社でディレクターを勤めております。 これまで様々なメディアの運用に携わることができたのですが、一方で、1つのメディアに長い間注力するという経験が積みにくい環境であると思っています。 ですので、今後は1つのメディアに注力して取り組んでいきたいです。 このような理由で転職を検討しているのですが、Webディレクターの転職理由として多いのはどんな理由が多いですか? 私のような理由で転職して...続きを読む

  • 2役に立った数
  • 1回答数
黒瀬 雄一郎 2017-09-17 12:20:42
広告デジタルマーケ専門エージェントウィンスリーの黒瀬と申します。 ご質問ありがとうございます、一般的にWEB制作会社のWEBディレクターの方の転職理由は大きく3つあるかと存じます。 ①より大きなトラフィックのあるWEBサイトのディレクションに携わりたい  単なる更新ディレクションではなく、企画段階から携わ...続きを読む

こんにちは、都内で営業業務をしている者です。 楽天に転職すると年収がアップするという記事をインターネット上で目にしました。 スキルや実績等で変わることを承知の上で質問させて頂くのですが、楽天に転職した場合今より年収が上がることはあり得るのでしょうか?また、だいたいの年収目安を教えて頂きたいです。 また転職先の企業として楽天を考えたとき、プロの視点としておすすめできるか、できないか教え...続きを読む

  • 7役に立った数
  • 2回答数
黒瀬 雄一郎 2016-12-09 20:36:58
広告デジタルマーケティング専門エージェントウィンスリーの黒瀬と申します。 弊社は、楽天様にはかなり人を入れておりまして、弊社の事例でご回答出来る範囲でお答えします。 ■年収について 弊社からの転職者は業界の経験者、特にデジタルマーケ周りのスキル経験がある方が多く、かなりの売り手市場(求人に対して候補者が少...続きを読む

初めまして。 現在転職を検討しているWEBデザイナーの男性です。 WEBデザイナーとして所謂受託の制作会社で働いて現在4年目に入りました。 それまでは営業職で全くデザインの経験が無かったにもかかわらず、業界ではそれなりに名の知れた制作会社に入ることができました。 現在は正式な肩書きはまだありませんがアートディレクターとしての案件への関わり方もしております。最近では海外のアワードでもちょっと...続きを読む

  • 3役に立った数
  • 2回答数
黒瀬 雄一郎 2016-01-31 16:24:40
広告・デジタルマーケティング専門のエージェンシーをしていますウィンスリーの黒瀬と申します。 下記ご回答申し上げます。 ■ご質問 「今の自分のスキル・経験からインハウスのデザイナーへの転職は可能でしょうか?そもそもそういった需要はあるのでしょうか?」 ■回答 結論、インハウス系のUI・UXに関し...続きを読む

制作ディレクター、WEBディレクターに復帰するか検討しています。

クリエイティブディレクター・アートディレクター

制作ディレクター、WEBディレクターとしての職歴が 一番長いのですが、一生やっていける仕事なのかと不安になり 現在不動産業界で働いていますが、思うようになかなか稼げません。 制作ディレクター、WEBディレクターとしてまた復帰しようかと検討中ですが その後、独立してしっかり稼いでいるケースなどあるでしょうか? 年齢は40歳、女ということでなかなか就活も厳しくなってきているため 迷って...続きを読む

  • 3役に立った数
  • 2回答数
黒瀬 雄一郎 2016-01-02 06:55:51
広告・デジタルマーケティング専門人材会社代表の黒瀬と申します。 「制作、WEBディレクターとして独立してしっかり稼いでいるケースがあるか?」 との質問ですが、結論ございます。 ただ、そういった方の特徴として ①大手広告代理店、製作会社、事業会社からの太いパイプがあり「継続的に」仕事が来て...続きを読む

私は食品メーカーの広報として入社致しました。 広報に対して非常にやりがいを感じていましたが、部門間の異動が多く、 最後までやりきる経験や専門的知識を得ることができないと感じ、転職をすることに決めました。 広報をやりたいということは決まっていますが、将来像やどのような業界で活躍したいかなど、 他の具体的なことは一切決まっていません。 そのため、転職活動がうまくいくかどうか不安です。...続きを読む

  • 1役に立った数
  • 2回答数
黒瀬 雄一郎 2015-12-14 10:23:48
広告・デジタルマーケティング専門人材会社ウィンスリーの黒瀬と申します。 弊社は、事業会社の広報や、広報・PR会社在籍の候補者様からよくご相談を受けますのでご回答申し上げます。 ゴールが、「広報」ということでしたら、こちらのスキル経験を積んでいくポジションを探すべきなのですが、事業会社の「広報」というのは中途...続きを読む

電話でのお問い合わせ

03-6447-0437

営業時間:平日9:00~18:00 土曜日9:00~15:00

メールでのご相談

黒瀬雄一郎へお問合わせ

03-6447-0437

※株式会社ウィンスリーでは、ご相談内容に応じて、最適な転職エージェントが担当します。
企業情報はこちら