転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

電通デジタルのクリエイティブディレクター。誰向きの求人ですか?

  • 1回答
  • 2役にたった

エリア:東京都
業 界:広告・デザイン・イベント / マスコミ系
職 種:クリエイティブディレクター / クリエイティブ系(広告、ゲーム、インターネット、ファッションなど)


私は大手ネット広告会社でクリエイティブディレクターをしている29歳です。最近転職活動中で、応募したいものが見つかったのですが、少し悩んでいます。この求人が、募集されている採用背景・現場のニーズや課題としてどんなものあり、採用した人に何を期待していると考えられるでしょうか?私は現在も同職種の仕事をしており、スキルがそのまま通用するかどうかがポイントになるのかなと思っています。

ヤクくん0さん
(質問者:29歳)

転職エージェントの回答

転職相談に対して、各分野に精通したプロの転職エージェントが回答してくれています。
転職に関してお悩みがある方は、転職エージェントに早めに相談することをオススメしています。

2017-09-20 20:23:02回答番号1538

質問者が納得した回答
質問者がありがとう

こんにちわ。

デジタルマーケティング領域に特化した人材紹介会社でコンサルタントをしている三谷と申します。

ご質問は
1) 募集されている採用背景・現場のニーズや課題
2) 採用した人に何を期待
3) スキルがそのまま通用するかどうか
の3つだと思いますので、それぞれご説明できる範囲内(機密情報を省いて)で回答させて頂きたいと思います。


> 1) 募集されている採用背景・現場のニーズや課題

TVCMを行っていて、かつダイレクトマーケティングを行っているクライアントのクリエーティブディレクションになります。主には、テキスト(コピー)・バナー・LPで、KPIは、ROI(ROAS/CPA/CPI)になります。電通デジタルの設立&強化背景でもあるのですが、電通本体で取引していたナショナルクライアントがデジタル起点でのプロモーション企画~運用(PDCA)を求めてくる流れが強くなり、電通デジタルがそこを担う流れになりつつあります。当然その中にダイレクトマーケティングを行っている会社も当然含まれていますので、ダイレクトレスポンス系のクリエーティブワークも発生します。大きな予算を投下しているマス広告では、電通本体のクリエーティブスタッフが、ブランディング観点や独自の感性からマスのクリエーティブを作成しています。一方でネット広告のクリエーティブはマスと同じ作り方では当然結果は出ません。アクセス解析やLPOツール等を使いこなしながら、定量ベースで成果を出していく必要があります。しかしユーザー視点ではマス広告もネット広告も同じですので、同じ素材を使う事が必要になってきます。その為、時には本体のクリエーティブとも議論し、マス・ブランディングとデジタル(定量成果)の両方の視点を持って、デジタルプロモーションのクリエーティブディレクションを指揮しながら成果を出す事が求められています。まだまだ電通デジタル側に移管されていない案件があり、そこを担って頂きたいというのが背景になります。


> 2) 採用した人に何を期待

本体から移管したい(すべき)案件が沢山あり、そこを担って頂きたいというのが大前提としてあります。スムーズに移行できるのは及第点として、やはり電通デジタルに移管して良かった良くなったというのが期待する成果になります。具体的には、クライアントの満足度(定性)とビジネス成長(定量)の両面があります。また電通デジタル自体が設立して1年強、3社合併+大量の中途採用+来年春には大量に新卒も入る為、まだまだ混沌としている状況が続きます。この状況を面白いと捉えて、自身を活かした仕事をして、会社に価値提供を行いつつ、自己実現を思う存分して頂き、若手のベンチマークになって頂きたいというのが電通デジタルとしては更に期待している点だと思われます。


> 3) スキルがそのまま通用するかどうか

一番欲しい人材としては、大手専業代理店のクリエーティブディレクターですので、その点ではドンピシャになります。先々、電通本体クリエーティブスタッフとの調整、ブランディングの知見、マス広告との調和などが求められてきますが、入社時点では必須ではありません。



レジュメやポートフォリオ等がございましたらと、より細かいアドバイス等行えますので、お気軽にご相談頂ければと思います。



===================================================

株式会社ウィンスリー
 ヘッドハンター(キャリアコンサルタント)
  三谷 岳 (みたに がく)

東京都港区六本木4-8-7 六本木三河台ビル5階(六本木駅から徒歩10秒)

・資格:グロービス経営大学院修士(MBA)
    キャリアコンサルタント(国家資格)

・略歴:デジタルマーケティングの実務経験を約12年半。
    メディアレップでの広告代理事業責任者を経て、
    電通系デジタルエージェンシーにて部長を歴任

・業界:インターネットサービス、デジタルエージェンシー、
    コンサルティングファーム、事業会社デジタルマーケ、
    広告会社、Sier、テクノロジーベンダーなど

==================================================

転職者が転職エージェントに絶対相談すべき理由とは?

三谷 岳転職エージェント

※「電通デジタルのクリエイティブディレクター。誰向きの求人ですか?」の投稿は、2017年09月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

2人が役に立ったと評価しています。

あなたも広告・宣伝についての質問をしてみませんか?

コーリングッドは転職・キャリアに特化したQ&Aサービスです。
上記のように、広告・宣伝の転職にまつわる悩みや疑問について、 広告・宣伝の転職に強いプロの転職エージェントに気軽に質問する事ができます。

匿名で質問できるので、第三者に知られることなく、エージェントから無料で転職活動に役立つ回答をもらう事ができるのも安心です。

以下から、早速、質問を投稿してみましょう!


その他関連する転職相談


その他関連するカテゴリ

「広告・宣伝」に得意なエージェント

一覧を見る

転職エージェントランキング

一覧を見る