転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

人材紹介業のCA職(キャリアアドバイザー・キャリアコンサルタント職)に転職を目指しています。

  • 2回答
  • 10役にたった

人材紹介業のCA職(キャリアアドバイザー・キャリアコンサルタント職)に転職を目指しています。

理由は現在の会社の経営方針の違いと給与に限界を感じているからです。

今は大手建築会社の営業をしていますが、お客様への粗末な対応、報われない給与、ずさんな勤務体系、等のため職場環境が悪く離職率が高いです。
私はなるべく同じ会社でずっと働いていきたいと思ってるのですが、今の会社では無理だと思い転職を決意しました。

そこで現在考えておりますのが、人と接する事が好きなのと、給与水準が高いといことから人材紹介業のCA(キャリアアドバイザー・キャリアコンサルタント職)をしていきたいと思っております。

みなさんは人材紹介業の将来性についてどのように感じますか?

60歳以上の方でも現役で活躍していると聞きましたが、実際に私も定年以上の長い期間働けるのでしょうか?
なにかアドバイスいただけますでしょうか。

人材紹介業のCA職(キャリアアドバイザー・キャリアコンサルタント職)に転職を目指しています。 理由は現在の会社の経営方針の違いと給与に限界を感じているからです。 今は大手建築会社の営業をしていますが、お客様への粗末な対応、報われない給与、ずさんな勤務体系、等のため職場環境が悪く離職率が高いです。 私はなるべく同じ会社でずっと働いていきたいと思ってるのですが、今の会社では無理だと...

エリア:東京都
業 界:建築・設計(ゼネコン・サブコン) / 不動産・建設系
職 種:企画営業 / 営業

もっと見る


2015/02/16Q:200

akki09さん
(質問者:30歳)

転職エージェントの回答

2015-02-16 18:50:00

akki09さん、はじめまして。
コンプリートの松尾と申します。
ご質問に回答させていただきます。

人材紹介業のマーケット予測としては、2020年頃までは堅調に推移するという見方が大勢を占めているように感じます。
ただ、求人環境は景気変動の影響を受けやすいため、未来永劫安泰な業界、というわけではないと思います。

おっしゃる通り、60歳以上でも現役で活躍されている方も多く、長く最前線で活躍できる仕事とは言えるかと思います。
(もちろんakki09さんが定年を超えても働けるのかどうかは、私には分かりませんが・・・)

ただ、どこまでを目指すかにもよりますが、人材紹介のCAという仕事は、決して簡単な仕事ではありません。

・人と接することが好き
・給与水準が高い

という理由だけですと、長く続けていけるのか、不安を禁じ得ません。。。

2015-02-18 18:47:39

人材紹介業は、企業から喜ばれ、個人の方からも喜ばれるのでとても良い仕事だと思います。一方で長く続けている人は本当に少ないです。大手の人材会社においては力のある方はどんどん昇進していきますし、現場はいつも経験の短い方で構成されているという業界です。

日本国は、今後経済成長を期待することには無理があると言わざるを得ませんので、採用ニーズは景気と連動し、上がったり、下がったりを繰り返しながら、右肩下がりになることが予想されます。

一方でネット領域のように成長しているマーケットもあれば、メディカル領域のように景気に比較的左右されにくいマーケットもあります。ですので、CAをしていきたいという場合でもどのマーケットをやるのかをよく考えてみることは大事かと思います。

足掛け16年ほどエージェントをやってきた感覚ですと、法人営業と個人のキャリア相談は、どちらもやったほうが良く、分業されていたとしても是非どちらもやることをおすすめしたいですね。なかなか片側だけですと、この業務の神髄や本質がよくわからないと思います。

私自身先のことはわかりませんので、60歳のときにどうなっているか予想もつきませんが、10年以上前からこの仕事はなくなる。またはフィーが下がると言われていたにも関わらず、なかなかなくなりませんし、逆にフィーは上がりました。

それだけ少子化になり、優秀な人材がさらに求められるようになっていると感じています。

相談カテゴリ