20代で年収700万稼ぐ人の割合って?稼げる業界について徹底解説!

「20代で年収700万を稼ぐ人って本当にいるの?」

20代の人にとって、年収700万円というのはとても高い壁のように感じられるのではないでしょうか?

今回の記事では、20代のうちに年収700万円を稼ぎたい人に向けて、年収700万円を稼いでいる人の割合や、実際にどんな業界、職業なら稼ぐ事ができるのかを解説していきます。

20代で700万を稼ぐのは1.2%しかいない

20代全体のうち、年収700万を超える人は1.2%です。

年収700万円が高いハードルであることは皆さんも分かっていると思います。しかし、想像以上に低い数字ではないでしょうか?

また、20代全体の平均年収は346万円であることからも、年収700万円がどれだけ珍しく、平均以上の年収であるかがわかります。

ちなみに、年代別の平均年収は30代が442万円、40代が507万円、50代以上が622万円です。

年収700万円は20代だけでなくどの年代においても平均以上の年収だとわかりますね。

平均年収ランキング 最新版【年齢別】参照

年収700万は手取りにすると約535万円

人により税金の控除額は異なるものの、年収700万円は手取りに換算するとおよそ535万円です。

この手取りを単純に12ヶ月で平均すると、毎月の手取りはおよそ45万円になります。

ちなみに20代の平均年収346万円は、手取りに換算するとおよそ268万円なので、月収の手取りは22万円ほどです。

毎月の手取り換算で20万円もの差は、多くの人にとって大きな差だと感じられるのではないでしょうか。

年収700万を稼げる業界・職種

20代で年収700万円を稼ぐことができる業界、職種として以下のものが挙げられます。

  1. 成果報酬型の営業職(証券、保険、不動産、金融など)
  2. 総合商社
  3. コンサルティング業界
  4. 大手外資系企業

まず年収700万円を稼ぐことができる職種として成果報酬型の営業職があります。具体的な業界は証券、保険、不動産、金融などです。

これらの業界はベースとなる年収が高いこともありますが、営業の成績に応じて年収が上がることが特徴です。そのため、数は限られますが好成績を残すことができれば20代でも年収700万円を稼ぐことはできます。

次に、総合商社、コンサルティング業界、大手外資企業が挙げられます。

これらはそもそものベース年収が高い業界、企業で、20代後半になれば700万円以上の年収を稼ぐ人が増え、中には1000万円以上を稼ぐ人もいます。

特に、総合商社の場合は海外へ駐在することで「海外駐在手当」として通常の給料に加えて手当がもらえます。

実際に年収を700万円以上稼ぐことができる企業や業界は他にも多くあります。自分の経験を活かして、今よりも高い年収を稼げる企業があるのか?と思いの人は弊社へ1度ご相談いただければと思います。

【無料】「あなたにより高い年収を」転職相談はこちらから

高い年収のカラクリ

年収700万円は20代が稼ぐ平均年収のおよそ2倍もあり、非常に珍しいケースです。

なぜ、同じ20代なのに平均の2倍もの年収を稼ぐ事ができるのでしょうか。

実は、20代でこれほどの年収を稼ぐことにはカラクリがあるのです。

具体的なカラクリは以下の2つです。

  1. 大企業の仕組み化業務によって生産性が上がっている
  2. 市場価値の高い業界で長時間労働をしている

それぞれについて、具体的に解説していきます。

1.大企業の仕組み化業務によって生産性が上がっている

そもそも給料とは、自分がどれだけの利益、価値を会社に提供できたのかによって決まります。つまり、どれだけ効率よく仕事をこなせるか、よりもどれだけ会社に利益を提供できたかが重要になります。

なので、たとえ生産性が高いとしても、仕事の仕組み化がされておらず利益につながらない事ばかりをこなしていては年収は高くなりません。

その点で業務が仕組み化されている大企業は、企業に利益を提供させやすくなっています。そのため、中小企業やベンチャー企業よりも大企業のほうが年収が高い傾向にあり、年収700万を稼ぐ人が増えてきます。

ちなみに、こういった大企業で働く人は比較的、自分の市場価値よりも高めの給料をいただいている事が多いです。理由は上述した通り、大企業の仕組み化業務により自分のポテンシャル以上の仕事をこなせているからです。

そのため、大企業で年収700万円を稼げている=市場価値が高いと言えるわけではないので注意が必要です。

2.市場価値の高い業界で長時間労働をしている

たとえ市場価値も高く、ベース給料も高い業界で働いていたとしても、年収700万円を稼ぐためには長時間の労働が必要になります。

いくら市場価値が高い、コンサルや総合商社と言えど、20代で700万円を稼ぐことは簡単ではありません。平均以上に稼いでいる人のほとんどは、平均以上に仕事へ費やす時間が多いです。

それにより残業代も増えますし、成果が出ればさらに大きな仕事を任せてもらえるからです。

そのため、仮に市場価値が高い業界で働いていても、よほど地頭がよく生産性が高いか、プライベートを削ってでも仕事へ取り組む事がないと年収700万円は難しいです。

年収700万を稼ぐために

20代で年収700万円を稼ぐためには、以下の条件を満たす必要があります。

  1. 希少性の高いスキルを身につけること
  2. 需要・市場が大きいこと
  3. 利益率の高い業界に入社すること

希少性が低い、替えのきくスキルでは高い年収を稼ぐことは難しくなります。なぜなら、替えがきくスキルは供給が多いため価格競争が起こるからです。たとえば、アルバイトの時給は社会人よりも低いですよね。その理由はアルバイトの業務が、特別なスキルを求められない、代替可能な業務だからです。

そのため、高い年収を稼ぐのであれば多くの人が持っていない希少なスキルや、専門性の高いスキルを身につけることが重要です。

また、需要が高く、市場が大きいことも重要になります。

なぜなら、いくら希少で専門的なスキルを持っていたとしても、そのスキルへのニーズがなければ仕事にはつながらないからです。

そのため、身につけるスキルを悩んでいるのならば、市場に求められているかどうか、の観点でスキルを探すことがオススメです。

最後に、利益率の高い業界へ入社することが挙げられます。

上述したように、給料は会社の利益によって決まります。その上で、仕事の業務内容が効率化されている大手企業や、そもそもの利益率、商材単価が高い業界を選ぶ事でより高い年収を稼ぐ事ができます。

以上のことをまとめると、「利益率が高く、市場の大きい業界で、希少性の高いスキルを持って入社する」ことが年収700万円を稼ぐことに必要だと言えます。

ただ、市場の大きい業界と言ってもたくさんありますし、その業界に求められる珍しいスキルと言われても難しいですよね。

弊社へ転職相談をしていただければ、あなたの志向性に合った、市場の大きい業界や、あなたの行きたい企業にあったスキルのご提案をおこなう事ができます。

【無料】あなたが年収700万を稼ぐために必要なキャリアプラン、プロが教えます

本当に年収700万を稼ぎたい?

20代のうちに年収700万円を稼ぐことは、激務に繋がりやすいです。もちろん年収が高いに越したことはありませんが、プライベートなどを削ってまで働くべきかというと、簡単にイエスとは言えません。

あなたが転職に求めるものはなんでしょうか?お金だけでなく、やりがいや労働環境、人間関係など、多くの価値観、条件があるかと思います。

そのため、ぜひ転職をする前に自分がどんな条件を求めているのか、ゆっくり考えていただければと思います。

弊社Callingoodでは、あなたの求める様々な条件にあった求人紹介をおこなっております。もちろん年収700万円を目指す人向けに、あなたにどんなキャリアプランがあるのかも解説いたします。

関連記事

転職を7割以上成功させる自己分析とは!?やり方をプロが伝授

2019-03-12
The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

Twitterで転職ノウハウや市場価値の上げ方を発信中!
Twitterアカウントはこちら