20代で年収700万を実現したいビジネスパーソンのキャリアアップ

年収を上げたい。

生活をする上では重要な要素の1つであるといえます。

しかし、年収が上がるかどうかはご自身が過去に歩んできた「経験・スキル」で一定決まってしまいます。

さて、実際のところ、転職をきっかけに前職よりも年収が上がる求職者はどれだけいるか?

エンジニアなど人材が不足し需要が高い職種、または、ハイクラス求人を除き、ほとんどの求職者は良くて現状維持で大半は年収ダウンが普通です。

転職エージェントなどでは求職者の登録を促進するために、利用した〇〇%の人は年収が上がっていると宣伝していますが、年収が上がる求職者は今ご紹介したような求職者のケースが多いです。

年収面で不満を持つ求職者の年齢属性としては20代の求職者が非常に多い訳ですが、20代で年収700万を実現することは難しいですし、一握りしかいませんが、可能かどうかで言えば可能です。

今回は、20代で年収700万を実現するビジネスパーソンのキャリアアップをご紹介したいと思います。

20代で年収700万以上は可能?

冒頭で言いましたが、20代で年収700万以上を手にすることは可能ですが、その可能性はあまり高いとは言えません。

そもそも、日本の全人口の平均年収はどれぐらいで、高所得と言われる600万以上を得ている人はどれぐらいいるかご存知でしょうか。日本の平均年収は、400万ぐらいで、600万以上を得ている割合は全体の2割程度です。

この結果を踏まえて分かるように20代で700万以上を実現させるためには、普通の仕事量や成果ではだめです。

では、どのような仕事量、成果だったら700万以上を実現できるのかになりますが、間違いなく言えることは、企業内の組織に人員が多くいる大手企業では20代での実現は不可能に近いと思ってください。

1人あたりに与えられる業務量や裁量権が少ないため、その分、自分が組織に与える影響も少ないです。やはり700万以上を実現させるためには、なるべく組織が小さい、または、組織として間もない企業を狙うべきです。

そうすれば、必然的に組織貢献度合いが高くなりますから、成果を出せばそれだけリターンが大きくなり700万とは言わず、もっと高い年収を得ることも可能です。

ただ、700万以上を得るためには相当な努力と業務量が必要になりますから、1年だけ700万以上を手にできれば良いという訳ではないでしょうし、長きに渡り業務量などに耐えるだけの気力と体力があるかどうかが大きな課題です。

 

20代で年収700万を目指せる業界・職種

続いて20代で700万以上を目指せる業界や職種についてもご紹介します。

基本線としては、組織規模が前提になりますが、業界としてはIT・不動産・金融・コンサルが狙える業界ですし、職種としては営業・マーケティング・開発・エンジニア・コンサルになります。※今回は一般企業や業界でお伝えしておりますので、医者やパイロット、税理士、芸能等は除いております。

今ご紹介した業界と職種の共有求人に転職することができれば、十分700万以上の年収を狙うことはできます。

※転職時にいきなり700万以上を提示されるということはありません。

これらのなかで、転職エージェントとしての経験を持つ私がオススメする組み合わせは、ITかコンサル業界の開発かエンジニア、コンサルでかなと感じております。一番、オススメできない組み合わせは不動産業界の営業職です。

オススメしない理由は、不動産業界、営業職ともに離職率が高い業界、職種になりますので、高い年収を目指せる以上に早期離職リスクが高いです。

今最も20代でも市場価値が高いとされる職種は開発、エンジニア職になりますから、この2つの職種で一定の経験を積むことで、自然と市場価値が高くなり次の転職では700万以上も十分目指せるキャリアパスになりますし、まさにキャリアアップを実現することもできます。ただ、エンジニアで700万の方は、フリーランスである傾向があります。それ以上の年収には高い壁がありますので、注意が必要です。

700万実現をするためのスキルセット

700万以上を実現するために求職者としては何が必要か?

転職市場は、求職者のスキル・経験・実績を企業が評価して年収という対価で求職者を買うという構図です。より高く企業から自分を買ってもらうためには、スキル・経験・実績が何より重要なファクトになります。特にスキルセットは大事です。

開発、エンジニア職であれば、対応できる業務範囲が広ければそれだけ企業は戦力と考えますし、対応できる言語やソフトウェアのスキルセットは必須に近いものです。

営業職であれば、利益だけでなくマネジメント経験、プロダクトの経験があるのかで変わってきます。

この他でもヒューマンスキルも重視されますが、ベンチャー企業ではハードワークに耐えることができる気力と体力面は大事ですし、新しい価値を生み出す創造力もスキルセットの一つになります。

現状のスキルと何が足りないのか

転職段階で20代の求職者が700万以上を提示される可能性は低いのですが、それは現状と700万以上に見合うスキルにギャップがあるからです。このギャップを埋めることができれば必然的に700万以上の提示はあり得るということになります。最低でも下記の経験は必要でしょう。

  1. 経験不足
  2. スキル不足
  3. マネジメント経験

経験値が不足

20代の求職者には、期間的な観点で業務の経験値が不足しています。20代でどれだけ頑張ったとしても30代以降で同じ環境で頑張った求職者に及びません。そのため積極的な行動、及びその会社で実績を残すことも非常で重要です。

スキルが不足

次に絶対的なスキルです。経験は期間の経過とともに身に就くものですが、スキルも同様です。

スキル不足は戦力とは考えられない評価になります。しかし、経験やスキルとは違い期間経過ではなく自分の努力次第で短期間でも習得できるものがあり、知識は、自分の勉強次第で短期間で一気に飛躍的に成長することができます。

経験やスキルは不十分でも知識さえあれば、即戦力とする人事や経理関係の職種もありますので、転職エージェントなどに確認をしてみるのも1つの手段かと思います。またこのスキルは汎用できるのか、専門的なのか?という点も必要になりますが、どんな企業に転職をしても同じだけのバリューやスキルを提供できるよう今から培うことをオススメします。

マネジメント経験が不足

最後は、マネジメント経験です。どの企業でも個人での成果は上限があると考えていますが、組織としての成果を生み出せる人材は高く評価され、それこそがマネジメントです。

複数の部下を切り盛りし、部や課として成果を出してきた人材は転職先企業としても魅力的に感じます。20代の求職者で700万以上を目指したいのであれば、早くからマネジメント経験を積んでおくと良いでしょう。

マネジメントも主に2つ切り口があります。

  1. 優秀層が多い中でのマネジメント
  2. インターン生やスキル、能力が未熟な場合でのマネジメント

それぞれのマネジメントにおいて特徴なのが、難易度が高いのが「2」番目です。優秀層のマネジメントは、高い目標、評価など難しい面もありますが、極論、勝手に自走します。しかし、後者側は実績を出すのが難しいため、弱小チームを甲子園に連れて行くようなマネジメント経験は同じマネジメントでも評価が違います。

まとめ

20代で700万以上は、世間一般よりもはるかに早い高い年収であることを理解し、そこを目指し、実現させるためには、相当な努力と成果が必要です。

言い方を選ばず言いますと、20代で700万以上ということは、プライベートはほぼなし、睡眠時間もあまりないというような仕事中心の人生になるかもしれません。しかし、経験やスキルが1つの指標となる年収ですので、そういった点から目指されるのは非常に良いことだと感じます。

そして、キャリアアップとして経験を積むための転職は、非常に重要です。いきなり、700万を目指すのが難しい場合は、一旦しゃがむ必要があります。

短期的な視点で見るのではなく、長期的な視点でキャリアアップを考えて頂くのが近道です。

 

The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

LINEでの相談はこちら↓

LINEで相談