20代女性が知らない転職成功のコツ5選!女性ならではの強みや注意点も解説!

20代女性だと結婚や出産、育児があり転職しづらいと思う方もいるのではないでしょうか。転職する年齢や時期によっては、転職活動が不利になることもあります。

しかし、20代女性の転職における対策を事前に理解しておけば、他の女性よりも有利に転職活動を進めることも可能です。

今回は、20代女性は転職しやすいのかどうかや20代女性が知らない転職成功のコツについて解説します。この記事を参考にすれば、20代女性の転職のコツを理解して転職活動に活かせるでしょう。

20代女性は転職しやすい?

20代女性は転職しやすいかどうかは、年齢によって大きく異なります。20代の男性も年齢で転職市場で求められるものが異なりますが、女性の方が詳細に年齢で区切られることが多いです。

特に、女性は結婚や出産などで長期休暇を取得する可能性が高いため、20代の女性でも企業は慎重に見極めてから採用かどうかを判断します。

ただ、年齢によって何が求められているのかを理解して適切な対策を行えば、20代の女性でも転職を成功させられるでしょう。

20代前半なら未経験でも正社員に転職しやすい

20代前半の女性なら、未経験の職種でも正社員に転職しやすいです。20代前半の女性では、ポテンシャルを評価されることが多く、年齢が若い方が未経験求人も多くなっています。

参考「女性の転職Agent」

年齢が高くなるにつれて未経験者でも応募可能な求人は減少するため、転職を考えていて点ん属するなら正社員になりたいと考えている方は、20代前半から転職活動を行いましょう。

20代後半になるにつれて転職しづらくなる

女性は、20代後半になるにつれて転職しづらくなるのが特徴です。即戦力としての知識や経験があれば採用される可能性も高いですが、未経験の業界で20代後半になると転職に成功する可能性は低いです。

また、20代後半になると結婚や出産などのライフイベントも重なります。企業もフルタイムで働いてもらえない転職希望者より、フルタイムで長期間働ける20代前半の女性を採用する可能性が高いため、転職前に市場が求めているものを理解した上で転職活動を行いましょう。

転職に役立つ20代女性ならではの強みとは?

20代女性ならではの転職に役立つ強みは下記の2つです。

  • 第一印象で好印象を持たれやすい
  • 長期休暇を取得する可能性が低い

転職においては、男性と比較されて不採用にされるかどうかという部分だけでなく、即戦力となるような女性と比較しても採用してもらえる強みが必要です。20代女性だからこその強みをアピールできれば、転職活動を有利に進めやすくなるでしょう。

第一印象で好印象を持たれやすい

20代女性ならではの強みは、男性に比べて第一印象で好印象を持たれやすいことです。特に営業職の場合は、男性が営業すると「何か販売されるかも」と警戒してしまいます。

しかし、女性が営業するだけで好印象を持たれやすく、話を聞いてもらえる可能性も高まるため営業としては有利です。実際に、保険商品の営業をしている会社では、男女のペアで営業することで相手に安心感を与える方法で営業することもあります。

特に、営業職や接客業への転職を考えている方は、転職活動をする上で大きな強みと言えるでしょう。選考では、他の女性と差別化するためにも、第一印象が良いと伝わる内容をエピソードを交えてアピールすると好印象を与えられるでしょう。

長期休暇を取得する可能性が低い

20代女性ならではの強みは、育児休暇などの長期休暇を取得する可能性が比較的低いことです。育児休暇を取得すること自体は問題ありませんが、転職後すぐに休暇を取得されてしまうと、企業としては採用したのに人手不足となってしまいます。

そのため、20代の女性を採用するとしても、入社後何年かは通常通り勤務してくれる女性の方が採用しやすいため、結婚や出産の予定がすぐにない方は強みとしてアピールできるでしょう。

特に、20代前半の女性であれば、転職後すぐに育児休暇を取得する可能性は低く、20代後半や30代になるにつれて育児休暇を取得する可能性が高くなります。

20代女性が知らない転職成功のコツ5選

20代女性が知らない転職を成功させるコツは下記の5つです。

  • 年齢別の転職市場価値を見極める
  • すぐに長期休暇を取らないことを伝える
  • 専門性の高い職種に転職する
  • 転職先の男女比率を確認する
  • 女性向け求人が多い転職サイトを利用する

転職活動を有利に進めるためには、20代女性が転職を成功させるためのコツを理解しておきましょう。少しのコツを覚えるだけで転職活動をスムーズに進められるようになり、効率的に転職活動を行えるでしょう。

年齢別の転職市場価値を見極める

20代女性が転職を成功させるコツとしては、年齢別の転職市場価値を見極めることが重要です。年齢別の具体的な転職市場価値は下記の通りです。

  • 20〜23歳:ポテンシャルを評価している
  • 24〜26歳:社会人としての基礎も出来ており20代の順応力もある
  • 27〜29歳:即戦力として見られている

20代中盤までなら企業によってはポテンシャル採用していますが、それ以降になると徐々に能力が求められていきます。

そのため、自分が何歳で転職市場とはどのような人を求めているのかを理解することで、選考の対策を立てやすくなるでしょう。

すぐに長期休暇を取らないことを伝える

20代女性が転職を成功させるために、転職後すぐに長期休暇を取らないことを伝えましょう。企業が20代女性の中でも若い方を採用するのは、転職後すぐに長期休暇を取得する可能性が低いからです。

年齢を重ねるにつれて結婚や出産に伴う長期休暇を取る可能性は高く、入社後すぐに長期休暇を取得されてしまうと人手不足となってしまいます。

企業としても、すぐに人手不足になると採用した意味がなくなってしまうため、すぐに長期休暇を取得する予定はないことを伝えると採用される可能性が高まるでしょう。

専門性の高い職種に転職する

20代女性が転職を成功させるためには、専門性の高い職種に転職しましょう。専門性の高い職種に転職すれば、育児休暇で長期間休んでいたとしても復帰しやすくなります。

また、転職に成功したかどうかは転職できたことがゴールではありません。転職後に、働きやすい職場で不満を感じずに働くことができて初めて「転職に成功した」と言えます。

柔軟かつ福利厚生が充実している企業へ転職するためにも、早いうちから転職市場での自分自身の価値を高めておきましょう。

転職先の男女比率を確認する

20代女性の転職を成功させるコツとしては、転職先の男女比率を確認しておくことが重要です。転職先の男女比率を確認しておくことで、女性が働きやすそうかどうかのイメージが付けられます。

例えば、女性が多い職場なら育児休暇が取得しやすいですが、ほとんど男性の職場だと福利厚生として育児休暇があっても取得しづらい環境となってしまいます。以上のように、形としては用意されていても、男女比率が偏っているせいで福利厚生を活用できないこともあるため注意しましょう。

女性向け求人が多い転職サイトを利用する

20代女性が転職を成功させるためには、女性向け求人が多い転職サイトを利用するのもおすすめです。普通の転職サイトを利用すると、男女ともに応募者がいるため、求人倍率が高くなってしまいます。

しかし、女性向け求人が多い転職サイトは女性に特化していることが多いです。特に、女の転職typeなら女性特化型の転職サイトとなっており、利用者も167万人と人気を誇っています。

以上のように女性向け求人が多い転職サイトを利用することで、求人倍率を押さえられるだけでなく、興味のある求人も見つけやすくなるでしょう。

20代女性が転職活動する際の注意点

20代女性が転職活動する際には、下記2つに注意しながら行いましょう。

  • ライフイベントを考えた上で転職する
  • 年齢によって何を求められているか考える

上記に注意して考えながら転職活動しないと、転職成功率が下がったり転職先に迷惑をかけてしまったりする恐れもあります。そのため、現時点で転職を考えている20代女性の方は、上記2つを踏まえた上で転職活動を行いましょう。

ライフイベントを考えた上で転職する

20代女性で転職を考えている方は、今後のライフイベントを考えた上で転職活動を行いましょう。ライフイベントとは、出産や育児、結婚などプライベートにおける環境の変化のことであり、キャリアプランと一緒に考える必要があります。

特に、企業側は転職後すぐの長期休暇取得を避けるために、転職後すぐに育児休暇に入る可能性のある転職希望者を採用しないこともあります。

そのため、ライフイベントを迎えることも考慮して、変化に柔軟に対応しやすい職場環境へ転職することも考えておきましょう。

年齢によって何を求められているか考える

前半部分でも解説しましたが、20代女性が転職する際には年齢によって求められるものが異なることに注意しましょう。20代前半で転職成功したから20代のうちはすぐに転職できると思っていると転職できずに大変な思いをするかもしれません。

気軽に転職できるのは20代前半までと考えておき、20代後半でも転職する可能性を視野に入れているなら、資格取得や様々な経験を積んで転職市場における価値を上げておきましょう。

20代女性の強みを生かして転職しよう

20代女性には、20代女性にしかない強みもあります。強みをどのように活かせるかによって、転職に成功するかどうかが決まるため、事前に対策を考えた上で転職活動することが重要です。

最近では、働き方も多様化しており、男女や場所に関係なく働けるようになっています。

今回解説した女性としての強みや転職を成功させるコツだけではなく、働き方の多様化によって自分は他の人と何が違うのかをアピールできれば転職を成功させられるでしょう。