転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

異業種の転職について,年齢は障壁になるかどうか?

  • 2回答
  • 0役にたった

私は新卒で外資系のメーカーに就職後に法人営業の責任者となるまで15年以上働いてきました。
今年の新年に、40歳以上の人の早期退職が募集され、ともに働いた方々がやめていくという状況となりました。
自分としても新卒で入社して以来、ずっと続けるつもりはなく、ずるずる責任感が生じたままに勤務年数をかさねてきたように思います。
ですが、今回の早期退職の募集を機に、やはり自社への忠誠心はあまりなく、自分の考えるキャリアを歩みたいと思うようになりました。
自分としては、異業種の職種に挑戦してみたいです。
そこで質問なのですが、私のようにある種のメーカーで営業をつづけてきた40代男性にとって、異業種の転職についてどのように思われるでしょうか?
ご回答お待ちしております。

私は新卒で外資系のメーカーに就職後に法人営業の責任者となるまで15年以上働いてきました。 今年の新年に、40歳以上の人の早期退職が募集され、ともに働いた方々がやめていくという状況となりました。 自分としても新卒で入社して以来、ずっと続けるつもりはなく、ずるずる責任感が生じたままに勤務年数をかさねてきたように思います。 ですが、今回の早期退職の募集を機に、やはり自社への忠誠心はあまりなく...

エリア:東京都
業 界:日用品消費財系 / メーカー・商社
職 種:その他営業関連職 / 営業・販売

もっと見る


2015/08/21Q:994

ryoz666さん
(質問者:41歳)

転職エージェントの回答

2015-08-21 18:12:24

異業種へのご転職をお考えとのこと、承りました。

今までメーカーで営業を経験されておられたとのこと、製品や対応する顧客、営業手法など具体的なご経験内容によって異なっては参りますが、一般的な傾向として回答をさせて頂きます。

まず異業種へのチャレンジについてですが、
転職成功された事例もございますが、かなり求人数が少なく狭き門となりやすい傾向がございます。

その要因の一つは年齢に応じたポジションの要求がなされるためです。

現在責任者をなさっておられるとのことですが、転職先でも同様のポジションが要求されやすくなります。

そうなりますと組織バランス上ポジションが少なくなり、その結果募集数が少なくなります。

次に組織対応性に懸念を感じる企業が多く選考が慎重になるためです。

会社毎に業務の進め方や人材に対する考え方等特徴は様々なです。

一つの企業で長く勤務頂くと、知らず知らずにそれが身に付いてこられることとなります。
転職し環境が変わるとそれがガラッと変わることになります。

そのため、新しい環境に対応いただけるのか・適応頂くけるのかを慎重に判断しやすくなるのです。

今後のご転職の可能性についてですが、最初に申し上げました通り可能性としてはもちろんございます。

ただ質問者様のご希望にマッチするご求人があるか否かはご要望によってとなるかと存じます。

ご転職を決断頂く前にまずは情報を集めて頂き、その上でご判断を頂くことをお勧め致します。
エージェント等によっては、ご経験の豊富な方へのサービスを得意としている企業や部門もございます。
ぜひ数社のエージェントとコンタクトを取って頂き情報を集めて頂いてもよろしいかと存じます。

よりご希望にマッチしたキャリアをおつくり頂けますことを心からお祈りいたします。

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

2015-08-21 18:13:20

異業種の転職についてご質問にお答えさせていただきます。

40代の方の転職についてですが、一般的に転職市場においては、20代~30代前半の方を対象とした求人が多く、比較すると30代後半~40代の方を対象とした求人は少なくなっています。

企業の組織構成は、多くの若手戦力を30代後半~40代の管理職層がまとめ上げる形を取っている企業が多いため、中途採用で外部から管理職層に対応する年齢の方を雇い入れるにも、そもそものポジションが少ないため、求人も少なくなっている次第です。

中途採用では、即戦力となる人材を求める傾向にあるため、40代の方を採用するとなると、社内の同年代の方が有している、
業界・業種の知識やマネジメントスキルを保有しているかどうかが採用判断の基準になります。

異業種への転職を考えていらっしゃるとのことですが、ご年齢から、異業種に所属する同年次の方々と並ぶ業界・業種の知識を保有しているかと見ると、対象となる求人はかなり限られるかもしれません。

多くの求人が集まる転職サイトをご覧になるのも良いですし、エグゼクティブ層や、管理職層の転職サポートに強みのあるエージェントもございますので、そういった所にご相談されるのも良いかもしれません。

ご参考になりますと幸いです。

相談カテゴリ