転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

営業職・給料UPの転職希望。在職しながらの活動って大変ですか?

  • 1回答
  • 2役にたった

医薬品会社で営業をしています。現在33歳ですが、営業でかなりの良い成績を残しているのにもかかわらず、年収が550万から上がらず、企業の評価制度に納得がいきません。

私は去年結婚し子供を欲しいと考えているので、年収が上がる転職をしたいです。

ここで質問ですが、転職活動を本気でやると、かなり負担がかかるというイメージを持っていますが、実際働きながら転職活動はどのくらいの時間と期間、そして労力がかかりますか?
情報誌を使って自力でやる場合と、人材紹介会社を利用して転職する場合の二つのパターンで具体的に教えて頂けると助かります。

どうぞ宜しくお願い致します。

医薬品会社で営業をしています。現在33歳ですが、営業でかなりの良い成績を残しているのにもかかわらず、年収が550万から上がらず、企業の評価制度に納得がいきません。 私は去年結婚し子供を欲しいと考えているので、年収が上がる転職をしたいです。 ここで質問ですが、転職活動を本気でやると、かなり負担がかかるというイメージを持っていますが、実際働きながら転職活動はどのくらいの時間と期間、そ...

エリア:東京都
業 界:医薬品・化粧品・バイオ / メーカー系(素材・医薬品他)
職 種:企画営業 / 営業

もっと見る


2015/01/28Q:96

tenten5555さん
(質問者:33歳)

転職エージェントの回答

2015-02-09 14:39:10

働きながらの転職活動は、一般的に3か月~6か月ほどの時間を要します。
労力としては、求人を探し履歴書や職務経歴書を作成して応募する、
面接日程の調整をし選考を進める、内定後は現職との退職交渉などが必要となります。


情報誌を使う場合と人材紹介会社を利用する場合の違いですが、
情報誌を使って転職動を行う場合には、上記の内容を全て自分自身で行う必要があります。
一方人材紹介会社を利用する場合には、担当のコンサルタントがtenten555様のご意向に沿う求人を紹介してくれ、
応募以降の企業様とのやりとりも代行してくれます。
また、書類作成や面接対策、退職交渉など転職活動全般において様々なアドバイスやサポートもしてくれますので、
働きながらの転職活動では人材紹介会社を利用した方が求職者の方の負担は少なくなると思います。

ただ両方に共通する留意点として、働きながらの転職活動において平日の面接に行けるかどうかは大きなポイントになります。
面接は基本的に企業様の営業時間内に実施されるため平日に行われることがほとんどです。
そのためお仕事でお忙しいかとは思いますが、面接の時間だけはうまく都合をつけていただくことが必要となります。
転職活動において離職の期間はマイナスになりますので、
極力現職を続けながら人材紹介会社をうまく利用して活動されるのが良いと思いますよ。

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

相談カテゴリ