転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

面接で緊張してしまう際の対処法について

  • 1回答
  • 0役にたった

私は前職では、大手証券会社の投資銀行部門にて勤務していました。
最初の数年は、見ること聞くことが全て新鮮で貪欲に学べることに楽しさを感じていました。
しかし、社内向けの仕事の多さ、年功序列で役所的な社風に嫌気がさし、転職活動を行っております。
そこで、いままで何社かに応募し、面接には基本的に進めているのですが、結果は全て不合格。
どうやら、想定問答に対する答えはしっかりしているようなのですが、アドリブな会話・質問に弱いようです。
元来、人見知りな性格もこの一因であると考えています。
このような面接という場で、誰よりも緊張し結果が出せない私に、
何か対処法があれば教えて頂ければと思います。

私は前職では、大手証券会社の投資銀行部門にて勤務していました。 最初の数年は、見ること聞くことが全て新鮮で貪欲に学べることに楽しさを感じていました。 しかし、社内向けの仕事の多さ、年功序列で役所的な社風に嫌気がさし、転職活動を行っております。 そこで、いままで何社かに応募し、面接には基本的に進めているのですが、結果は全て不合格。 どうやら、想定問答に対する答えはしっかりしているような...

エリア:大阪府
業 界:投資銀行業務・M &A業務 / 金融・保険系
職 種:投資銀行業務・M&A業務 / 専門職(コンサル・金融・士業系・不動産)

もっと見る


2015/08/17Q:950

麦茶さん
(質問者:29歳)

転職エージェントの回答

2015-08-17 16:24:18

面接で緊張してしまわれるとのこと、承りました。

現在どんな職種でのご応募をされておられるのかが判りかねたので、
一般的な内容として回答をさせて頂います。

まず面接において「緊張されたから不合格」となることはまずないとお考え頂ければと思います。

面接官も緊張されるということは織り込み済みで面接を実施されています。

ですが、中には緊張されておられるのか、そもそも質問に対する回答がずれる方なのか判断が付かず、誤解をされてしまい場合もございます。

想定内の質問はスムーズでもそれ以外になるとお答えが苦手となるという場合、
「準備したこと以外の対応ができない」「突発的な対応が苦手」という評価となる可能性もございます。

それを防ぐポイントとしては、緊張されていることをご自身から自己申告頂くということです。

そうしますと面接官から緊張を指摘されるよりも焦りが少なく、
また面接官も緊張しているということをしっかりと認識した上で面接が進みますので、
よろしいかと思います。

次に想定外の質問に対する対応です。
焦ってしまうと余計回答に窮することがあるかと存じます。

その場合は通常の会話と同様ですが、質問内容を繰り返して頂き回答する内容を確認いただいたり、どんな意図での質問なのかを確認されたりすることをお勧め致します。

たとえば「○○をおお答えすればよろしいでしょうか」といった形で確認いただきます。

そうすると何を回答するのかが明確になり質問と回答がずれにくいという利点があり、
また一呼吸おいて頂くことにより落ち着いて対応を頂けるということがございます。

最後の対策です。

これは緊張によりご自身が伝えたいと思っていたことをあまり企業に伝えきれないという場合に有効な手法です。

大抵の企業面接の場合、面接の最後に企業への質問を行う場があるかと思います。
2~3つ程度事前にご準備頂き企業への質問を行って頂くことが一般的です。

その企業への質問がすべて終わった後、企業側から「他に何かありませんか?」という問いがあり「特にございません」と回答頂き面接が終了するかと思います。

その際「特にございません」ではなく、その企業に対してPRしたいことや意欲などを伝えて頂き面接を終了頂きます。

そうすることでご自身の強みや意欲を伝え漏らすことなく面接でPR頂くことが可能です。

面接へのご準備は大変な部分も多いかと存じます。

ぜひ面接準備の参考として頂ければ幸いです。

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

相談カテゴリ