転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

外資系への転職について。英語の履歴書・面接のアドバイスをお願いします。

  • 1回答
  • 0役にたった

現在、国内大手機械メーカーで技術開発部門に所属しています、40歳男性です。
私が転職を決意したきっかけは、ガチガチの年功序列体質や将来性に不安を覚えていたところ、
上司から転勤を打診されたことです。
現職ではこれ以上のキャリアアップも困難だと感じ、転職活動を開始しました。
風通しの良い会社であること、技術開発に力を入れていることを踏まえて、
外資系の機械部品メーカーなどを志望しています。
しかし、履歴書や面接が英語で行われるため準備に非常に苦労しています。
そこで、外資系への転職活動のコツ、特に英語の履歴書や面接へのアドバイスをいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

現在、国内大手機械メーカーで技術開発部門に所属しています、40歳男性です。 私が転職を決意したきっかけは、ガチガチの年功序列体質や将来性に不安を覚えていたところ、 上司から転勤を打診されたことです。 現職ではこれ以上のキャリアアップも困難だと感じ、転職活動を開始しました。 風通しの良い会社であること、技術開発に力を入れていることを踏まえて、 外資系の機械部品メーカーなどを志望してい...

エリア:東京都
業 界:電気・電子・自動車・産業用機械系 / メーカー・商社
職 種:制御設計 / 技術者(電気・電子・機械)

もっと見る


2015/08/14Q:888

nomoneyさん
(質問者:40歳)

転職エージェントの回答

2015-08-14 19:42:19

外資系企業への転職活動のコツや英語での面接や履歴書をどのようにしたらよいか、という質問ですね。

まず、外資系企業への応募するためのコツですが、応募には主に2種類の方法があります。

(1)企業のホームページから応募、
(2)転職エージェントを活用し、非公開求人へ応募

自分でホームページから応募する方法もありますが、非公開の求人も数多く存在しており、転職エージェントを活用することで幅広い求人へ応募することができます。
転職エージェントの中には、数多くの求人を扱う大手エージェントと外資系に特化したエージェントがありますので、どちらも活用することでスムーズな転職活動ができるかと思います。

続いて、英語での履歴書に関してですが、基本的には日本語の履歴書に書く内容と大きく差はありません。
重要なことは今までの仕事での成果がわかりやすく、数字などを用いて客観的に伝わる内容にすることが重要です。

最後に、面接ですが、一般的には日本語の面接と聞かれる内容に大きな差はありません。

自己紹介、退職理由、志望理由、自分の長所や短所、最後の質問といった内容が問われることが多いと言われています。

自己紹介で自分のスキルや経験を伝えること、最後の質問で熱意を伝えること、その他の質問ではしっかりと事前準備を行うことが成功のコツと言えます。

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

相談カテゴリ

あなたにオススメの
エージェント

岩名地 舞
岩名地イワナジ マイ

6年に渡り20代若手のキャリア支援に従事。選考通過率・面接対策の高さに定評あり。

寺平 佳裕
寺平テラダイラ 佳裕ヨシヒロ

人材業界で10年以上のキャリア。福岡・東京を中心に優良ベンチャー企業とのコネクション有

坂本 典隆
坂本サカモト 典隆ノリタカ

関西エリアを中心に幅広い求人を保有。個人に向き合うサポートの手厚さに定評あり。

石渡 大史
石渡イシワタリ 大史マサシ

エグゼクティブ層・経営幹部の支援実績特化。上場企業とのコネクションも豊富

海老原 舜
海老原エビハラ シュン

【併走する形でサポート】採用目線を活かして内定率にコミットします

  • エージェント検索