転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

採用を勝ち取るための武器となるものは

  • 1回答
  • 0役にたった

エリア:東京都
業 界:自動車・輸送機器(メーカー) / メーカー系(電気・電子・機械系)
職 種:経営企画 / 営業、事務、企画系


私は大学卒業後、大手自動車メーカーの経営部門に就職致しました。
そこでファイナンスを行っているうちに、金融を深く学びたいと考え、大学院に進学しました。
そこで金融を学び、多くの資格を得て就職活動を始めました。
資格や経験に自信があり、就職活動を軽く見ていました。
結果は惨敗続きで、金融業界にすら就職することができません。
年齢のせいかと考えましたが、私よりも年齢が高い人が転職されているのを伺い、正直焦っています。
そこで質問なのですが、金融業界に就職するにあたり、資格以外に何か武器となるものはありますでしょうか。
また、これだけはやってはいけないということはあるのでしょうか。
よろしくお願いします。

sige1645さん
(質問者:37歳)

転職エージェントの回答

転職相談に対して、各分野に精通したプロの転職エージェントが回答してくれています。
転職に関してお悩みがある方は、転職エージェントに早めに相談することをオススメしています。

2015-08-17 13:42:16回答番号927

金融業界へのご転職をご希望とのこと、承りました。

質問者様がどの様が金融機関をご希望なのか、その中でどんな職種をご希望でおられるのかが判りかねたので全体的な傾向として回答をさせて頂きます。

中途枠での就職をご希望される場合ですが、企業は基本的に即戦力性を求める傾向がございます。
特に金融機関の多くは未経験者については新卒採用を行っていることが多く、
中途採用での未経験枠は極めて少なくなるとお考え頂ければと思います。

ご転職においては資格ももちろんですが、それよりも「何ができるのか」ということを明確にして頂くことが重要です。
ご経験のPRをただするのではなく、その経験を踏まえてその企業で何ができるのかを伝えるということです。
経験とできることは似ている部分がございますが、決して同じではございません。
ですので、この点を留意して書類の作成やPRを頂ければと思います。

ご転職活動の成功を心からお祈りいたします。

転職者が転職エージェントに絶対相談すべき理由とは?

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

※「採用を勝ち取るための武器となるものは」の投稿は、2015年08月13日時点の情報です。
ご自身の責任のもと有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

0人が役に立ったと評価しています。

あなたもその他金融専門職についての質問をしてみませんか?

コーリングッドは転職・キャリアに特化したQ&Aサービスです。
上記のように、その他金融専門職の転職にまつわる悩みや疑問について、 その他金融専門職の転職に強いプロの転職エージェントに気軽に質問する事ができます。

匿名で質問できるので、第三者に知られることなく、エージェントから無料で転職活動に役立つ回答をもらう事ができるのも安心です。

以下から、早速、質問を投稿してみましょう!


その他関連する転職相談

  • 企業の実際の雰囲気を知るためには
    私は研究・調査が好きで、大学卒業後は金融機関のリサーチ部門に入社致しました。 職務自体はやりがいに満ちていて、非常に素晴らしいものだったのですが、 周囲の人間にどうしても満足することができませんでした。 もっとレベルの高い人たちと仕事がしたいと思い、転職を決めました。 調査好きを活かし、私は多くの企業を調査しました。 内部の人間のレベルや職務内容等、徹底的に調査しましたが、 やはり内部...
  • 40代後半での転職活動について
    本日は、40代後半からの転職についてお聞きしたいと思います。 これまで、社会人生活20年にわたり、大手メーカーその後は信託銀行にて勤務してまいりました。 前回の転職で、これで最後の会社だ、ここで骨を埋めると決めていたのですが、私自身の諸事情にて、最近転職をしなくてはならない状況に陥ってしまいました。 現在より、年収が下がる、今の年代での転職はそうとう厳しい、そういった覚悟はできています。 ...
  • 希望しない職種の内定がでてしまった場合の転職活動とは?
    私は現在、日系金融機関でファンドマネージャー兼アナリストの仕事をしております。 自分にとってファンドマネージャーやアナリストこそがやりたい仕事であるという思いや、 できるだけ早い時期から自分の希望する仕事を任せてもらいたいという思いから、現職を選びました。 しかし、会社がゼネラリスト育成型の人事方針を取っているため、 自分の目指す高い専門性を持ったビジネスパーソンになることは難しいので...
  • 人材紹介サービスの活用方法
    秋に前職を早期退職し、現在転職活動中です。35歳、男性です。 前職は消費者金融業で、近年の法律改正、具体的にはグレーゾーン金利の撤廃や、過払い金の払い戻し請求の活発化などにより非常に厳しい状況でした。 私の勤めていた企業も、業界大手ながら近年の経営難は明らかでしたので、早期退職し、近い金融業界へ転職しようと決めました。 転職活動の経験は無いので、ひとまず大手で有名な人材紹介サービス数社に登録...
  • 歳による壁を乗り越える転職活動の方法とは
    私は金融機関に就職し、10年以上必死に働いてきました。 しかし会社の経営状況の悪化により希望退職を促され、希望退職をせざるを得ませんでした。 長年必死に働いてきた結果に対して絶望し、しばらく転職活動をする気になれませんでした。 しかし、必死に奮い立たせ転職活動を始めました。転職適正年齢はとうに過ぎており、やはり採用を勝ち取ることができません。 業界や職種にこだわらず応募しているのですが、ど...

その他関連するカテゴリ

「その他金融専門職」に得意なエージェント

現在登録されている転職エージェントはいません。

一覧を見る

転職エージェントランキング

一覧を見る