転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

同じ業界に転職すべきかどうかを判断する方法とは

  • 1回答
  • 0役にたった

大手不動産の専門職として入社したのですが、会社の業績不振により希望退職を致しました。
現在仕事をしていないので転職活動をしています。
不動産における専門職をしていたので、不動産業界への転職が王道だと思うのですが、
どうしても乗り気になれません。私の経験から、不動産業界に将来性を感じることができません。
しかし、その他の業種への転職も考えられません。
そのため、転職活動がいっこうに進みません。
質問なのですが、私は不動産業界への転職活動を継続すべきでしょうか。
また、他にやりたいことを見つけるために、最適な方法はあるのでしょうか。
よろしくお願い致します。

大手不動産の専門職として入社したのですが、会社の業績不振により希望退職を致しました。 現在仕事をしていないので転職活動をしています。 不動産における専門職をしていたので、不動産業界への転職が王道だと思うのですが、 どうしても乗り気になれません。私の経験から、不動産業界に将来性を感じることができません。 しかし、その他の業種への転職も考えられません。 そのため、転職活動がいっこうに進...

エリア:東京都
業 界:不動産仲介 / 建築不動産
職 種:不動産事業企画 / 専門職(コンサル・金融・士業系・不動産)

もっと見る


2015/08/07Q:860

ren116renさん
(質問者:34歳)

転職エージェントの回答

2015-08-17 13:22:10

ご転職活動の進め方について回答をさせて頂きます。

実際にご転職となりますと、会社や業界に対するご希望ももちろんですが、
業務内容でのやりがいやその他環境等、叶えられたいことはあるかと思います。

折角のご転職の機会ですので、不動産業界・異業界双方の求人をご覧いただき、
比較頂きながら活動を進めていただくのもよろしいかと思います。

ただ、異業界のご転職となりますと、全体的に求人は少なくなりやすい傾向はございます。
ですので、ぜひ幅広くご検討頂きながら方向性を決めて頂くのもよろしいかと思います。

もしご自身の方向性や重視されたいことに対する御懸念があるということでしたら、
ハローワークやエージェントを活用頂き面談を通してご検討頂くという方法もございます。

幅広く情報を集めてご検討を頂ければ幸いです。

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

相談カテゴリ

あなたにオススメの
エージェント

岩名地 舞
岩名地イワナジ マイ

6年に渡り20代若手のキャリア支援に従事。選考通過率・面接対策の高さに定評あり。

寺平 佳裕
寺平テラダイラ 佳裕ヨシヒロ

人材業界で10年以上のキャリア。福岡・東京を中心に優良ベンチャー企業とのコネクション有

坂本 典隆
坂本サカモト 典隆ノリタカ

関西エリアを中心に幅広い求人を保有。個人に向き合うサポートの手厚さに定評あり。

石渡 大史
石渡イシワタリ 大史マサシ

エグゼクティブ層・経営幹部の支援実績特化。上場企業とのコネクションも豊富

海老原 舜
海老原エビハラ シュン

【併走する形でサポート】採用目線を活かして内定率にコミットします

  • エージェント検索