転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

希望しない職種の内定がでてしまった場合の転職活動とは?

  • 1回答
  • 0役にたった

エリア:東京都
業 界:投資信託・投資顧問 / 金融・保険系
職 種:ディーラー、トレーダー、ファンドマネージャー / 専門職(コンサルタント、金融、不動産)


私は現在、日系金融機関でファンドマネージャー兼アナリストの仕事をしております。
自分にとってファンドマネージャーやアナリストこそがやりたい仕事であるという思いや、
できるだけ早い時期から自分の希望する仕事を任せてもらいたいという思いから、現職を選びました。

しかし、会社がゼネラリスト育成型の人事方針を取っているため、
自分の目指す高い専門性を持ったビジネスパーソンになることは難しいのではと思い、転職を決意しました。

会社の人事異動の関係から、来年の3月までには転職先を決めたいと考えていたのですが、
実際に転職活動を始めてみると上手くいかず、焦りが募っていきました。

そんな時、当初の希望とは全くことなる職種の内定を2ついただいたことで、
このまま転職活動を続けるべきか、そこに決めるべきかと迷うようになりました。

私はまだ転職活動を続けるべきなのでしょうか。
アドバイスをいただきたいです。
ご回答よろしくお願いいたします。

anan6456さん
(質問者:28歳)

転職エージェントの回答

転職相談に対して、各分野に精通したプロの転職エージェントが回答してくれています。
転職に関してお悩みがある方は、転職エージェントに早めに相談することをオススメしています。

2015-08-06 11:46:41回答番号746

anan6456さん、こんにちは。

希望しない職種での内定が出てしまった際の転職活動についてのご質問ですね。

内定2社獲得されたということはanan6456さんの実力かと思います。

anan6456さんは、元々は「ファンドマネージャー」・「アナリスト」がされたい仕事かと思います。
会社の人事方針が変わりそうでそれらの職種になれない可能性があるので、
当初、転職活動を希望されて活動されてきたと思います。

今は希望しない職種の内定をいただいたことで戸惑わられるかと思いますが、
ご自身の中長的な視点にたって、本当にその職種でよいのか、じっくり考えてみてください。

当初のとおり、「ファンドマネージャー」・「アナリスト」の仕事をしたいということでしたら、
転職活動を続けてはいかがでしょうか?

また、昨今、年功序列制度ではなくゼネラリスト制度導入している企業も多い傾向にはあります。

転職活動する上で、その企業の特長などもしっかり企業研究されて選考対策されることをお勧めいたします。

その対策として、転職エージェントを活用されてプロのコンサルタントからアドバイスをもらう、
転職口コミサイトの情報を確認する等、対策は出来ます。

決して自分の夢・将来に向かって妥協はせずに納得のいく転職活動をしていただければと思います。

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

※「希望しない職種の内定がでてしまった場合の転職活動とは?」の投稿は、2015年08月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

0人が役に立ったと評価しています。

あなたも運用(ファンドマネージャ・ディーラー・トレーダー)についての質問をしてみませんか?

コーリングッドは転職・キャリアに特化したQ&Aサービスです。
上記のように、運用(ファンドマネージャ・ディーラー・トレーダー)の転職にまつわる悩みや疑問について、 運用(ファンドマネージャ・ディーラー・トレーダー)の転職に強いプロの転職エージェントに気軽に質問する事ができます。

匿名で質問できるので、第三者に知られることなく、エージェントから無料で転職活動に役立つ回答をもらう事ができるのも安心です。

以下から、早速、質問を投稿してみましょう!


その他関連する転職相談

  • 金融業界で活躍する人とは
    大学を卒業後、大手家電メーカーの営業職として就職しました。大学は有名な大学を卒業したので、もっと大きい仕事ができるものだと思っていました。しかしながら、営業職としてできることは小さな仕事ばかりです。なので、転職をして大きい仕事をしたいと考えています。 転職先の候補としては金融業界を志望しています。金融業界は大きい仕事をしているというイメージがあるためです。そこで大きな仕事を成し遂げたいと思います...
  • 希望しない職種の内定がでてしまった場合の転職活動とは?
    私は現在、日系金融機関でファンドマネージャー兼アナリストの仕事をしております。 自分にとってファンドマネージャーやアナリストこそがやりたい仕事であるという思いや、 できるだけ早い時期から自分の希望する仕事を任せてもらいたいという思いから、現職を選びました。 しかし、会社がゼネラリスト育成型の人事方針を取っているため、 自分の目指す高い専門性を持ったビジネスパーソンになることは難しいので...
  • 歳による壁を乗り越える転職活動の方法とは
    私は金融機関に就職し、10年以上必死に働いてきました。 しかし会社の経営状況の悪化により希望退職を促され、希望退職をせざるを得ませんでした。 長年必死に働いてきた結果に対して絶望し、しばらく転職活動をする気になれませんでした。 しかし、必死に奮い立たせ転職活動を始めました。転職適正年齢はとうに過ぎており、やはり採用を勝ち取ることができません。 業界や職種にこだわらず応募しているのですが、ど...
  • 人材紹介サービスの活用方法
    秋に前職を早期退職し、現在転職活動中です。35歳、男性です。 前職は消費者金融業で、近年の法律改正、具体的にはグレーゾーン金利の撤廃や、過払い金の払い戻し請求の活発化などにより非常に厳しい状況でした。 私の勤めていた企業も、業界大手ながら近年の経営難は明らかでしたので、早期退職し、近い金融業界へ転職しようと決めました。 転職活動の経験は無いので、ひとまず大手で有名な人材紹介サービス数社に登録...
  • 早すぎる転職、採用側の印象は?
    大学卒業後、新卒で外資系の金融機関に就職しました。 ところが、1年と経たずに退職を決意、転職活動を始めています。 私が退職を決意したのは、職場の環境が要因です。業務内容自体は非常にやりがいのあるものであり、希望を持って入社しましたが、職場の環境、労働条件、人間関係など、入社前に聞いていたものとは大きく異なる実態でした。 これは耐えられるものではなく、今年の秋退職しました。すでに退職している以...

その他関連するカテゴリ

運用(ファンドマネージャ・ディーラー・トレーダー)に関するその他のカテゴリ

「運用(ファンドマネージャ・ディーラー・トレーダー)」に得意なエージェント

一覧を見る

転職エージェントランキング

一覧を見る