転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

少人数の会社と多人数の会社のやりがいの違いを知りたいです。メリット・デメリットを教えてください。

  • 1回答
  • 1役にたった

現在転職活動中なのですが、企業選びについて悩んでいます。

私はグラフィックデザインをしているのですが、
専門職である意味特殊な仕事なので、転職するにあたり、
少人数の会社か多人数の会社かどちらがやりがいを感じるのかわからずにいて
どう絞り込むべきか迷っています。

もしよろしければ、
少人数の会社と多人数の会社を比べたメリット・デメリット知りたいです。

どなたかお答えして頂ける方はいませんでしょうか?
よろしくお願いします。

現在転職活動中なのですが、企業選びについて悩んでいます。 私はグラフィックデザインをしているのですが、 専門職である意味特殊な仕事なので、転職するにあたり、 少人数の会社か多人数の会社かどちらがやりがいを感じるのかわからずにいて どう絞り込むべきか迷っています。 もしよろしければ、 少人数の会社と多人数の会社を比べたメリット・デメリット知りたいです。 どなたかお答え...

エリア:東京都
業 界:総合広告・SP・PR代理店・制作会社 / WEB・広告系
職 種:グラフィックデザイナー・イラストレーター / 企画・クリエイティブ

もっと見る


2015/07/02Q:618

エレファントさん
(質問者:29歳)

転職エージェントの回答

2015-08-22 15:12:31

少人数の会社と多人数の会社のメリットデメリットとのこと、承りました。

実際には人数規模ではなく、その会社の業務の進め方や組織構成等によって異なって参りますので、メリットデメリットをご判断頂くときには、人数規模以外の要素も含めて検討頂きご判断を頂ければと存じます。

では一般的な傾向として回答をさせて頂きます。

まず、少人数の会社の場合です。
メリットとしては、ご自身の裁量の範囲が広く責任ある業務に早めにチャレンジ頂けるということです。
対してデメリットは、会社として受注する案件に偏りが出やすく、全く違う案件へチャレンジする時の難易度が高いという点です。

次に、多人数の場合です。
こちらのメリットは、幅広い案件受注をすることがあり、今までチャレンジしたことのない大手案件やジャンルにも携われる可能性がございます。
対しでデメリットとしては、人数が多いため業務が細部化されるケースがあり、ご自身で一貫して業務に取り組めない場合があるという点です。

上記で申し上げましたのはあくまで例となります。

企業や業界・職種によってこのメリットデメリットも大きく異なって参ります。

ぜひご自身で幅広く応募を頂き、実際に面接を通してメリットデメリットを判断頂きご決断頂くことをお勧め致します。

活動の成功を心からお祈りいたします。

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

相談カテゴリ

あなたにオススメの
エージェント

岩名地 舞
岩名地イワナジ マイ

6年に渡り20代若手のキャリア支援に従事。選考通過率・面接対策の高さに定評あり。

寺平 佳裕
寺平テラダイラ 佳裕ヨシヒロ

人材業界で10年以上のキャリア。福岡・東京を中心に優良ベンチャー企業とのコネクション有

坂本 典隆
坂本サカモト 典隆ノリタカ

関西エリアを中心に幅広い求人を保有。個人に向き合うサポートの手厚さに定評あり。

石渡 大史
石渡イシワタリ 大史マサシ

エグゼクティブ層・経営幹部の支援実績特化。上場企業とのコネクションも豊富

海老原 舜
海老原エビハラ シュン

【併走する形でサポート】採用目線を活かして内定率にコミットします

  • エージェント検索